« 事業の原点 | HOME | よい企業 »

2006年01月31日

B/S経営

決算書には、B/S(バランスシート、貸借対照表)、P/L(損益計算書)、C/F(キャッシュフロー計算書)などがありますが、このうち

経営者がもっとも大事にするべきなのはB/S

なのです。
P/Lは、その年の業績を表しますが、B/Sにはその企業が積み重ねてきた活動の全てが現れます。したがって、

B/Sには、その企業や経営者の意図、行動、哲学が全て現れる

のです。ですから、経営者が

強いバランスシートを創るぞ!

という意識を持つことが重要なのです。
ですが、経営は経営者一人の力でできるものではありません。全ての社員さんが力を合わせてはじめてよい結果が生まれます。ですから、

全ての社員さんに対してB/Sを公開し、数字の意味を理解してもらう

そして

全ての社員さんが経営者の意識で仕事に取り組む

状態にすることが、企業の業績を飛躍的に向上させるコツなのです。
経営者を含む全社員が

数字を理解し、数字で語り、数字に責任を持つ
そんな企業が強くてよい企業になるのです。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web