« よい企業 | HOME | 経営者の言霊 »

2006年01月31日

強い企業

強い企業とは

変化対応力の高い企業

のことです。

経済が右肩上がりの時代には、強いリーダーシップを発揮する経営者が企業を引っ張っていくのが、もっとも効率的な経営スタイルでした。しかし、環境変化の激しい現在、経営者一人が引っ張るスタイルでは、企業は変化に対応できなくなっています。
なぜなら、

変化は現場で起こる

からです。現場にいる一人一人の社員さんが、指示をされなくても能動的に動く。そんな企業がこれからの時代は強いのです。また、現在の企業経営にはスピードが必要です。そのためにも現場の社員さんが自らの判断で動けることが重要なのです。
しかし、一人一人の社員さんがバラバラな方向に動いていては、企業として力は発揮できません。 企業全体として

ベクトルを合わせる


必要があるのです。

そのためには

しっかりとした理念の確立と明確なビジョン

が必要であり。
数字で表された目標と、それに対する責任
が求められるのです。
つまり、



  1. しっかりとした理念の下
  2. 数字に責任を持って
  3. 全社員が能動的に行動し
  4. 環境変化に適応する企業

それが、「強い企業」です。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web