« 「耳が三つ、目も三つある」 | HOME | 広くなった?御堂筋 »

2006年06月02日

第652回早朝経営セミナー

毎月第一木曜日は、我が社の公開早朝セミナーです。

昨日は、第652回で15年になりました。
今回は、福岡、山口、兵庫の企業様そして山形経営研究会様からの計25名様が、
早朝よりご参加いただきました。
セミナーのテーマは『強くて良い会社とは』です。
このテーマは今までに何度も反復していますが、強い企業とは、良い企業とは、の定義を明確にしながら2分間でまとめます。
健全な財務基盤を持ち、変化に果敢に対応し、継続した収益体質にして、且つチャレンジする企業風土の会社にする。

それを実現するには、経営理念の共有、ビジョンの共有、成果の共有がベースになります。
我が社ではオープンブック経営(OBM)を実践し、社員のオーナーシップを育てています。
経済的インセンティブと財務情報の共有とをうまく活用して、社員のヤル気を高め、
業績向上を実現するのがオープンブック経営なのです。


変化の対応には強い財務基盤が必要です。
我が社では「一人当たり」を重要な経営数値としています。
2008年までに一人当たり経常利益2000万円、自己資本金1億円にすると竹内社長は明言しています。
そして一人ひとりが自らの「強くて良い会社」への思いを熱く語ります。
参加者の方々から感想をいただきましたが「経営理念がしっかりと社員に浸透して、ベクトルがあっているのに驚いた」「全員が経営者」との高い評価をいただきました。
皆様の期待に沿えるような「強くて良い会社」にして中小企業の活性化のモデル企業にしていきます。

遠路から参加された皆様にあらためて感謝したいと思います。おおきに。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web