« 逆境!そのとき経営者は・・・ | HOME | インターンシップ留学生 プレゼンテーション »

2006年08月30日

〜Residential系ファンド業界の現状〜

弊社では毎月2回、水曜の朝8時から9時に「早朝勉強会」を開催しています。
早朝にも関わらず、多くの方々にご出席いただきました。

新たな情報吸収のため、出社前の大切な時間を費やしご参加されているだけに熱気があります。

勉強会1.jpg

不動産関係の方ばかりでなく、公認会計士さん、税理士さん、行政書士さん、中小企業診断士の士業の方々も熱心に学ばれています。

今日は第28回目で、上記をテーマに某大手T社の不動産ファンド事業を担当されているK氏の講演でした。

@Residentialファンドの投資目安

Aデベロッパー(開発業者)の収支

Bファンドの投資活動

C仲介業者としての私見

講師は信託銀行を経て、大手金融サービス会社の勤務後、不動産業界へ転身されました。
難しいテーマでしたが非常に分かりやすくお話いただきました。

最近は景気の回復から都心部の土地仕入れは難しくなってきています。
より有利な企画を提案するには最新情報に加えて、このような勉強会は欠かせません。

次回は9月13日(水)ですがR社のHさんをお招きして土壌汚染について学びます。
 ご参加を希望される方は、こちらinfo@urbanbenefit.co.jpまでご連絡ください。

早朝から熱い方々と学べてエネルギーをいただきました。

いい一日のスタートです。
感謝です。

勉強会2.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web