« 「秋の新作宴会料理試食会&特別講演会」 | HOME | 「夢が人生を作り、夢が会社を作る!」 »

2006年09月26日

「時代の流れ察知 結果残す経営を」

熊日経営セミナーの9月後半例会が22日、熊本市上通町のびぷれす熊日会館で開催されました。 熊日情報文化センター主催の講演で「逆境にまさる師なし」のテーマでお話させていただきました。 著書の内容に沿ってスピーチ致しました。 15歳から商いを始めてから50年間の経験を通して学んだ経営のコツは「経営とは変化対応し、結果(利益)をつくり、強いバランスシーにする」ことであると伝えました。 経営者は強いバランスシートづくりを目指す決意が必要です。「強くてよい会社」への第一歩です。 企業の将来ビジョンを生き生きと描き、そして中長期経営計画を立案します。そして全社員がベクトルを合わせて夢の実現に向かいます。会社のビジョンと社員の夢が統一されたとき大きなエネルギーが発生します。そのエネルギーがビジョン達成への原動力となるのです。 講演では私の経営への熱い思いを伝えましたが、大変熱心にご清聴いただきました。心から御礼申し上げます。
IMG_0298熊本日日新聞.JPG
講演の前に新聞社記者からインタビューを受けました。翌朝の「熊本日日新聞」朝刊紙の経済欄に掲載されました。以下がその記事です。

MX-2300FG_20060926_115537_001.jpg


初めての新聞社関連会社主催のセミナーでしたが、講演と徹底経営問答を含めて2時間、学びの多い時間とさせていただき嬉しく思います。 終了後の懇親会では、熊本名物の「馬刺」を賞味しました。口の中でとろけそうな絶妙な味わいで熊本焼酎とがぴったりマッチングします。 講演先で、このように地方の特色ある食文化に触れることも楽しみの一つです。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web