« 「税金川を渡れ」 | HOME | 経営とは変化対応業 »

2006年10月07日

挑戦する勇気を持て

10月5日、弊社の早朝経営セミナーに「起業家養成スクール」生が参加しました。
公開早朝経営セミナー終了後に、私が「挑戦する勇気を持て」をテーマに90分間スピーチいたしました。

06-10-5公開セミナー 004.jpg

起業家と創業者の違いは?何かという設問から始めました。

どちらも業(ビジネス)を起こした、創(はじ)めた、で同じともとれます。
しかし、その道に従事する人を「〜家」「者」と言われ区別されるような違いがあるように思います。

私は山を登るのが好きですが、危険な山には行きません。
ですからハイカー(登山者)なのですね。
登山家と違い、登山家は生命をかけて高峰へ挑みます。
冒険家もそうです。
「〜家」とは生命をかけたプロなのです。

彼等には“プロ”の経営者に育って欲しいと願っています。
本物の経営者になって欲しいと思います。

スクール生は1年かけて起業家精神をより強固に育て、
経営哲学、理念、戦略、経営方針や企業とは何か、
経営者の任務、
人材育成などの
経営の諸問題を
学んでいます。(起業家養成スクールhttp://www.nisouken.co.jp/

本日のテーマは「挑戦する勇気を持て」です。
何に生命をかけていくのか。
ビジョンがなければなりません。
錦の御旗になるようなビジョンは多くの人材をひきつけます。
会社は経営者の器以上になりません。
志と大きな夢をビジョンに明確にしなければなりません。

06-10-5公開セミナー 009.JPG

午後は、わが社のオープンブック経営と企業再生の実例を交えながら、質疑応答し学びを深めていきました。
8時から5時までの長時間となりましたが、起業家生の大変熱心に学ぶ姿に私どもが教えられました。

第13期起業家の皆さん、今日は来てくれてありがとう。
起業家養成スクールも佳境に入ってきました。
残すところ3ヶ月ですね。
六甲全山縦走も控えています。

最後まで体調を万全に整えて、気を抜かず奮闘されることを願っています。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web