« No128 文化の日 | HOME | No 130 手帳管理 »

2006年11月06日

No129 アジアインターンシップフォーラム

11月4日、アジアインターンシップフォーラムが大阪で開催されました。
今年の8月21日から9月1日の10日間、大阪府の企画に賛同し、私共のアーバンベネフィット社でもインターンシップ生5名を受け入れました。企業研修に来た学生は中国からの留学生でした。皆さん流暢な日本語で受け答えし、彼らの向学心の強さと熱意に驚ろかされました。

その時の留学生を代表して邵照男(しょう)さんが、自らの体験を発表しました。彼女は本国の歌舞団で民族舞踊を学んでいました。自己紹介に始まり、留学の目的や今回のインターンシップで何を学び何を感じたかをスピーチしました。
宿命は変えられないが運命は変えられる、そして自らの使命を掴んだ。それは中国と日本を結ぶ企業を立ち上げてその社長になることだ、と、その決意を大きな瞳をさらに大きくして伝えていたのが大変印象的でした。


img1-04Oct06-mod.jpg

彼女は来日時にアパートを確保するのに、保証金や保証人の問題で苦労しました。その自らの体験から、現在、留学生の為の住宅を斡旋する事業を弊社と立ち上げるべく進めています。


img3-04Oct06-mod.jpg


また彼女は、日本での外国人の就職チャンスにも触れていました。2007年は団塊の世代が定年を迎えます。日本の少子化で、今後外国人へも就職機会が多く与えられていくことでしょう。

彼女は「木村会長から運命は変えられると教えられた」と語り、私のブログについても紹介してくれました。


img5-04Oct06-mod.jpg


最後に弊社の瀧本が、受け入れ企業としての感想と、再来週に彼女の故郷である大連を視察する予定を述べました。


img7-04Oct06-mod.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web