« No146 成功者と元気 | HOME | No148 第679回早朝経営セミナー »

2006年12月07日

No147 強い会社の作り方

12月6日、三協立山アルミ株式会社(http://www.sankyotateyama-al.co.jp/)の講演会の講師としてお招きをいただきました。会場は大阪ビジネスパークのMホテルです。

同社は三協アルミと立山アルミが合併して今年6月1日に新しくスタートした会社です。当日は関西の販売代理店オーナーの集いでもあり、年に2回開催しているとのこと。
講演のテーマは、「強い会社の作り方」です。
経済的インセンティブと財務情報の両方をうまく活用して従業員のヤル気を高め、業績向上を実現するのがOBM(オープンブックマネージメント)です。このOBMとBS経営(バランスシート)を両輪として、強い財務基盤を持つ会社を作るのです。具体例を交えながらスピーチしました。

強い会社作りに絶対に必要なのは、夢・ビジョンです。
経営者は、ビジョンを明確に描き社員に示さなければなりません。
最後に「我が社の10年後のビジョン」を付け加えて90分間のスピーチを終えました。

image001-07Dec06.jpg

当日参加した弊社の福西の感想です。
様子
・販売会社の社長さんということもあり、講師を招いてのセミナー受講も慣れて様子で落ち着いた雰囲気で講演が進行された。
・始まりの食いつきは悪かったが、興味のある話題には数名乗り出して熱心に聞く姿が見られた。
・いつもと違う点は、メモをとる人が見られなかった。
・向かって右側の方々が、BSの話に興味をもたれていた。
・地元Sさんの資本金を蓄える話に感心しておられる方が見受けられた。
・「BS経営」は初めて聞いた様子で、BS経営に興味はあるが、まだもうひとつ内容が伝わっていないようであった。
・途中退席して喫煙に行かれる方が数名おられた。このセミナーでは習慣?
・配布資料がなく手持ち無沙汰な風。理解を深めるためにも視覚で訴える資料が必要?

image003-07Dec06.jpg

同行した弊社の野村の感想です。
講演に参加させていただいて感じたことは、人=お金=時間だと思いました。 経営者が仕事的にも、人間的にも魅力があるといろいろなモノを惹き付けるものだと思いました。上手く表現が出来ないのですが、目に見えないもの、信頼や安心とは、その人の魅力そのものだと思うのです。個人の努力はもちもん大切ですが、対人関係の上に成り立つ仕事は貴重なものです。
自分の信念をしっかりと持ちつつ、柔軟に人の話に耳を傾けることが出来る、自分が感じた事を忘れず、どんな経験も無駄にしない気持ちの強さに感動しました。人の痛みがわかり、つながりを大切にする。本当の意味でのお金の恐さと大切さを知っておられる人のお話が聞けて、とても良かったです。経営とは何か、との講演でしたが、私には人生が経営なんだと思えました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web