« No147 強い会社の作り方 | HOME | No149 ドンブリ経営ではお金は残らない! »

2006年12月08日

No148 第679回早朝経営セミナー

昨日12月7日(木)、第679回早朝セミナーを開催しました。
毎月第一木曜日を公開としていますが、今回も福山市や東京から多数の方々にご参加いただきました。このセミナーは毎週木曜日の開催ですが、始めて15年になります。「継続は力なり。続けると本物なる」と申しますが、継続が余分なものを削ぎ落とし、シンプルで効率のよいセミナーになってきたように思います。
定刻8時に、まず全員が起立して発声練習をします。口を大きく開き、元気よく声を出します。

image001-8Dec06.jpg

次に、AさんBさんに分かれてダイヤードを組み、即題の「強い会社とは、どんな企業か」を2分間スピーチします。即題は考える力を養い、日頃からの問題意識を高めるのに役立ちます。経営セミナーですから、経営に関するテーマを中心にしています。参加された方の中には、即題のテーマに驚き頭が真っ白になる方もいらっしゃいます。ここでは、日頃の問題意識を問われるのです。それが経営への気づきを深めるのです。

image003-8Dec06.jpg

ダイヤードの後は、当社の社員が一人ずつ前に出てスピーチします。
このセミナーによって、経営理念や戦略を共有し浸透させていくのです。現在ではこのセミナーが、人材を育てよい社風にする畑のような役割を担っています。

image005-8Dec06.jpg

ダイヤードの後に、浅田幹子先生に発表者のスピーチを振り返りコメントしていただきます。この振り返りによって、再度全員がテーマを確認します。情報と問題意識を共有するのです。
会社のビジョンや経営理念、経営方針を共有し、経営感覚を磨いていくのです。これらは、目標達成に向かうベクトルを合わせる源泉にもなります。

image007-8Dec06.jpg

参加者の方々から以下の感想をいただきました。

・セミナー開始前の緊張感が心地よかった
・経営者感覚の高い社員に驚く
・自分の意見をしっかり持っている
・普段からの思いがスピーチに出ている
・社員一人一人が自立している
・社員と会社とのバランスがすばらしい
・理念が浸透し情報が共有化されている
・生産性が高い秘密が理解できた
・経営社員のすごさを見せつけられた



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web