« No174 強い生き方 | HOME | No176 目指せ100年企業! »

2007年02月04日

No175 売れる会社をつくれ

2月3日、大阪市北区倫理法人会のモーニングセミナーが堂島ホテルで開催されました。
早起きは三文の徳と言いますが、早朝からこのような勉強会に参加される方は皆さん元気一杯で表情もイキイキとして明るいです。爽やかな挨拶が飛び交うと会場にも熱気がこもります。
ベルが定刻の6時半を告げ、参加者全員で倫理の歌を合唱すると、更に活力あるエネルギーが満席の会場に充満してきます。
image001-No175.jpg

"中小に広がるM&A"後継者難、苦渋の売却、とあった今朝の日経の記事を引用しながらスピーチしました。日本の高度経済成長時代に創業した中小企業の経営者の平均年齢は今や60歳を超えています。事業後継は経営者にとって最大の任務です。

事業後継には4つの選択肢があるように思います。
1. 子供に継がせる
2. 優秀な社員に継がせる
3. 株式公開する
4. M&Aで売却する

強い会社にすることが上記の選択肢を可能にしますが、いざ「会社を売ろう」としても「売れない」のが現実です。誰でもいつかは引退する時期が来ます。ハッピーリタイアする為にも「売れる会社」を意識した経営が必要です。売る、売らないはその時の判断にしても、その日頃の意識が強い会社を作っていくのです。
強い会社は、決算書のBS(貸借対照表)に表れます。経営とは「よいバランスシートにすること」なのだと御手洗経団連会長もおっしゃっておられます。
財務をBSの観点からきちんと整えた会社にし、後継させていくことが経営者に求められます。

image003-No175.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web