« No176 目指せ100年企業! | HOME | No178 パチンコ経営、生死の彷徨 »

2007年02月06日

No177 夢、ビジョン、学びは回春剤

2月6日、清話会・定例講演会が大阪市寺田町の月華殿で開催され、お招きをいただきました。テーマは「強くて良い会社をつくるBS経営」でしたが、ご高齢の方にも参加をいただきましたので、「元気になる源として、夢やビジョンそして学ぶことがいかに大きなパワーになるか」についても話しました。

司会者からもご紹介をいただきましたが、私は大阪府立大学大学院MBAを来月終了する予定です。大学院での2年間は私にとっては回春剤のようなものでした。学ぶとは、前に向いて生きているということです。少しでも前に向かうか、過ぎ去った過去に縛られるか、によって生き方がまるで違ってきます。後ろは振り返りたくありません。夢とビジョンを持って前に向かって学んでいる時が、正に青春だと感じます。

毎週のように山を歩き、隔日ジムで汗をかいて健康第一を心がけています。
加齢は防ぎようがない。しかし精神年齢は自分でコントロールしたいものです。それを可能にするのが、夢やビジョンを持ちチャレンジしていく姿勢です。私にはやりたい事が山ほどあります。それをこなす為に、更に学び続けながら現場を走り回ります。休みなど必要ありません。

講師紹介に次のように記してありました。「貧乏」「苦労」「困難」を3人の師と位置づけて成長された木村氏から学ぶものは多くある。注目の講演会である、と。
私が今年67歳で大学院を終了することも参加者に勇気や元気を与えたようです。
セミナーの後、エレベーターでご高齢の聴講者の方と一緒になりましたが、「生まれ変わったような気分」と仰って下さり、とても嬉しく思いました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web