« No187 経営とは環境変化対応業 | HOME | No189 SQ(英知)経営のすすめ »

2007年02月28日

No188 「個人信託」活用によるオーダーメイド相続

2月28日第41回勉強会は、株式会社朝日信託(http://www.a-t.jp/)からお二人の先生をお招きして勉強会を開催しました。早朝から満席の会場で、定刻8時にスタートしました。

レジュメは以下のとおり
1. 信託とは
2. 個人信託とは
3. 信託の機能
4. 個人信託の効果
5. 個人信託で解決できること
6. 親族等に対する長期扶養給付を可能にする個人信託
7. 認知症の不安を解消するための個人信託
8. 遺留分問題を解決し、思い通りの相続を可能にする個人信託

本格的な高齢化社会を迎えて、認知症が大きな社会問題として浮上してきています。私も母が介護施設にお世話になっているだけに人事ではありません。私自身の問題でもあります。一言も聞き漏らすまいとの参加者の熱い思いが漂います。
 

株式会社朝日信託は、信託業法の改正により、日本で初めて個人信託の専門会社として内閣総理大臣より信託業の免許を受け設立された会社です。同社は法律・税務・財務のトータルファーム朝日中央綜合法律経済事務所グループを母体として設立されました。
弊社も同社の代理店として信託業務を取り扱っていきたいと考えています。その為にも業法等の勉強に努め、時代の変化に対応すべく準備していかねばなりません。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web