« 2007年02月 | HOME | 2007年04月 »

2007年03月28日

No205 BS経営と戦略

第42回早朝勉強会は、講師に公認会計士・税理士の黒崎 宏先生(http://www.higashitenma.com/)
 をお招きしました。
グローバル優良企業構想フェーズとしてC社の知らざれざるBS経営とすごい戦略(経営戦略と人財育成の真髄)をテーマにお話していただきました。これらは黒崎先生が大手企業数社の幹部研修活動で掴んだものです。

我々中小企業はもっと大手企業の経営戦略を学ぶ必要性があると痛切に感じました。特に生産現場における「コンベア思考からセル思考」は今までの常識を覆す画期的な思考です。人はコストか、付加価値化か、経営者に問われる哲学でしょう。

コンベア思考からセル思考

大手企業はBS経営です。バブル崩壊後、経営のモノサシが変わったのです。インフレ経済下の第一のモノサシはPL(損益計算書)でしたが、デフレ経済下の第一のモノサシはBS(貸借対照表)であると、具体的な例でデーターを示しながらの説明には説得力があります。

私はいつも講演で「BS経営」の必要性について話していますが、先生のお墨付きをいただき勇気百倍になりました。嬉しい限りです。

質疑応答の時間も省きましたが、あっという間の1時間でした。一言も聞き漏らすまい身を乗り出しての真剣な眼差。もっと聞きたいもっと知りたいという熱気が最後まで会場を包んでいました。

以下は参加した弊社のIVAさんのレポートです。
今日の早朝勉強会は、黒崎先生が「グローバル優良企業構想フェーズ3」についてお話ししてくださいました。とても面白かったです!まず、C社の「コンベア思考からセル思考」の話はとても面白いと思いました。製造業でも、人は付加価値として考えれば、その付加価値が製品にも反映されます。それから、思考と実行の分離。業界は関係なく、思考と実行が統合されているほうが、効率が高いと思います。ジェネラリスト→スペシャリスト→ジェネラリストの移行と同じように、生産業においてもタスクの細分化から複合化への戻りが見られますね。それから、中小企業と大手企業のロジックが一緒で、スピードだけが違う、というお話も気に入りました。企業の格差はスピードにある。つまり、人の決断や行動のスピードにあるでしょう。D社で創立から3年でIPOができたこともそうだと思います。それから、B/Sの面白い例を見せていただきました。いろいろ説明も聞かせていただきましたが、とにかくC社は、流動資産とエクイティとの関係を中心にB/Sを読めばいい、というふうに受けとめました。

トラックバック

2007年03月27日

No204 食品加工工場の視察

27日、事業承継相談に来られた食品加工業D社を訪問し、加工工場も視察させていただきました。同社は創業50有余年の老舗企業です。

事務所スタッフも全員が白衣を着て勤務しています。事務所で白衣に着替えて工場内へ入りました。消毒手洗い、マスク、白長靴、衣服へのローラー掛け、エアーシャワー、入室踏み台洗浄に外気との遮断など凄まじい程の衛生管理です。まるで無菌室のような感じで、驚きを超えて感激しました。

加工工場内の温度管理、時間管理、入出荷管理、備品管理、在庫管理、品質管理、安全管理は3重4重にも徹底していました。食品に対する妥協を許さない厳格な経営姿勢に脱帽です。機内食としても採用されているのは、そうした徹底した品質、安全管理があるからでしょう。さすがプロフェッショナル専門家集団です。

その上視察者への礼儀マナーも素晴らしく、大変勉強させていただきました。

トラックバック

2007年03月26日

No203 経営塾終了式

昨年4月よりオルビス法律事務所が主催する経営塾で学んできました。今回第一期生12名が修了しました。同塾を主宰しておられる「 薫(ぺえ)先生は、弁護士・会計士補・社会人MBA(神戸大学)を修められ、中小企業経営に精通していらっしゃいます。

「 薫(ぺえ)先生は修了式の挨拶で、愛情と逆境について話されました。順境は人間をつぶすことがある。人為的にも逆境をつくる必要性があると言われました。全くの同感です。また企業研究実務書として数冊を選び推薦されました。早速購入したい。

私は大阪府立大学大学院の補習としてこの塾を選びましたが、大学の授業とは違って中小企業経営の実情に直結した内容で大変役に立ちました。引き続き第2期経営塾でも学ぶつもりです。

修了生一人一人が終了証を手にし、1年間の感想と抱負を述べました。
・楽しかった
・いろんな視点でものを考えるようになれた
・社内の学習への温度差
・全体を鳥瞰できるようになった
・経営者の真摯な姿に感銘をうけた(同期の弁護士)
・NO1とオンリーワンしか残れない
・課題・宿題のプレッシャーがよかった
・明日への活力がついてきた
私は同塾のCEO(受講生代表)を仰せ付かりましたが無事に役割を終えて感謝しています。

トラックバック

2007年03月23日

No202 大学院学位記授与式

3月23日、平成18年度の大阪府立大学大学院の学位記授与式が難波パークのサテライトキャンパスで開催されました。我々は社会人大学院の第5期卒業生です。経済学専攻3名経営学専攻28名が栄えある学位記を手にしました。

あっという間の2年間でした。感動である。このサテライト教室も今は懐かしく思えてきます。授業の始まる前に軽い食事をとったラーメン屋、立ち食いソバ屋、授業の後の居酒屋、回転寿司、地下鉄難波駅、学生割引定期などが走馬灯のように浮かんできます。
MUKKの会i4人の頭文字)のメンバーも励ましてくれました。今日の式にはMUKKの奥さん方も参加。勿論妻も父兄として参加してくれました。

6時半から学位記授与が始まりました。姿勢を正して学位記を受けとりましたが、嬉しさで表情も崩れました。

学位を授与され満面笑顔の同期生達。この教室で共に学んだ仲間です。普段はそれぞれのゼミに別れていますが、今日は全員が顔を合わせました。教室がこんなにも明るく和やかな雰囲気になったのは初めてのような気がします。

懐かしの学舎になった難波サテライト教室の入り口で、恩師山本浩二先生を囲んでの記念写真。

トラックバック

2007年03月21日

No201 春分の日

21日春分の日の早朝、エネルギーに溢れた朝の冷たい空気を胸いっぱい吸い込みながら、JR摂津本山から阪急岡本を通り芦屋の邸宅街へと歩きました。ピンクのこぶしの花が色鮮やかに大輪の花を咲かせています。

さらに足を進めます。雪柳も風に揺れながら優雅に美しく咲き乱れています。春の匂いを全身に染み込ませながら気分も軽やかに歩き続けます。

邸宅街を抜けるとそこは保久良梅林。「梅の岡本、桜は吉野」と、関西の梅の名所として知られている岡本とは今の保久良梅林です。保久良からのハイキングコースでは、早朝なのにもう頂上から下山してくる元気なお年寄りに出会いました。

いつものコースである風吹岩から六甲ロックガーデンを下るとそこは高座の滝。そして芦屋川に出ました。芦屋川は桜の名所として有名です。

東京は一番乗りで20日に開花宣言。大阪も週末には開花するでしょう。赤く膨らんだつぼみが今にもはちきれそうです。週末にはパチパチと開いてくるでしょう。

春爛漫。万物が蘇生する春。季節は寸文の狂い無くやってきます。四季の移り変わりを楽しめるのは幸せです。
四季は毎年やってくる。人生の四季は一回限り。
今度の日曜日は、桜で覆い尽くされた芦屋川をしっかりと楽しみたい。

トラックバック

2007年03月20日

No 200 起業家OB勉強会

3月19日、株式会社ベアハグ(http://www.bearhug.co.jp/) の本社研修室で開催された勉強会にお招きいただきました。東京在住の起業家OBや函館から駆けつけてくれたOBに同社の幹部を交えての起業家OB勉強会です。

ベアハグの稲川社長(>http://www.bearhug.co.jp/modules/xeblog/)は財務内容をオープンにし、社員も共に経営に取り組むようなシステムにしています。以前に同社の幹部や社員さんの集まりで講演させていただいたことがありますが、その後の飛躍的な成長には目を見張るものがあります。今回も決算書を拝見させていただきましたが、その財務体質の強化に驚かされました。起業家養成スクールでの一年間の学びも経営に生かされているのは喜ばしいことです。

稲川社長も創業後の苦しい頃に大阪の起業家養成スクールで1年間学ばれました。裸一貫で函館から上京して、ワンルームから創業したのです。僅か10年で会社をここまでの基盤にしたのも偶然ではあるまい。社長自らが率先垂範してたゆまぬ勉強を続けている結果なのでしょう。

「売れる会社をつくれ」をテーマに2時間講演した後で経営問答を1時間行って、さらに自社の経営課題を深めていきます。
経営問答では具体的な3年後5年後の自社のBSビジョン(バランスシート(貸借対照表)に基ずく経営ビジョン)を描かせます。BSを経営の結果にしてはなりません。どんなBSにするのか、どんなBSにしたいのか、その為の明確な経営ビジョンが必要なのです。

懇親会でも活発な経営問答が続きました。ただの飲み会にしてはつまりません。我々は経営の勉強仲間なのです。
懇親会も佳境にはいった頃、我々の大師匠である行徳哲男先生がひょっこりとお見えになったのには驚きました。やはり東京は違うと感じた一瞬でもありました。

トラックバック

2007年03月19日

No199 姪の結婚式

姪(英淑)のウエディングセレモニーに参席しました。大阪のTホテルの広い会場も200名以上の参席者で埋まりました。

披露宴に先立ち同ホテルの教会で挙式が行われました。新婦の父(実弟)が、ウエディングドレスに身をつつんだ新婦をエスコートしながら式場へ入ってきます。いささかの緊張感と共に、初めて娘を嫁がせる新婦の父の心中には複雑なものがあることでしょう。娘二人を嫁がせ、バージンロードを歩いた時の、何ともいえぬ寂しさと嬉しさの入り交じった複雑な感情を思い出します。

6年越しの恋が実を結び、今日の晴れやかなカップルの誕生です。赤い糸で結ばれて寄り添う新郎新婦に心からの祝福のメッセージを送りたい。
新郎は起業家精神に溢れ、銀行勤務の後会社を立ち上げた前途有望な青年社長です。新婦もイギリス留学と領事館勤務の経験をもつ才女です。披露宴でのお色直しでは、モデルでもあった新婦の身のこなしが参席者を惹き付けます。

新郎新婦は古式豊かな李王朝の民族衣装で会場に現れ、大きな拍手に包まれました。好天にも恵まれ華やかな雰囲気の披露宴会場は、民族楽器の登場で更に雰囲気が盛り上がります。
最後の新婦から両親への感謝の手紙は、いつもながら万感胸に迫るものがあります。

久しぶりの身内の結婚式でした。普段は忙しさにかまけて親戚にもご無沙汰ばかりしていますが、この挙式のお陰で、5年、10年ぶりの懐かしい方々との邂逅を喜び合いました。
ハネムーンはタヒチとのこと。二人の幸多い人生を祈りたい。

トラックバック

2007年03月18日

No198 日本レジャーホテル業協会準備委員会セミナー講演

3月16日、日本レジャーホテル業協会準備委員会主催のセミナーへ講師としてお招きいただきました。会場は大阪上本町の国際交流センターです。同委員会では「業界の危機」を訴え、広く業界の方に協会への参加を促し、日本レジャーホテル業協会の設立に向けて奔走しています。

委員会のパンフレットには、
・何故、今、協会が必要なのか?
・新カテゴリーへ:「レジャーホテル」という名称のもとに、社会的認知を確立
・業界の発展と社会的地位の確立へ
・私たちが目指すビジョンとは?
・新しいライフスタイルを全国に広げる
・社会的な広報活動がイメージを変革させる
・低利の銀行融資
・善良な風俗・正常な風俗環境とは
・トラブル回避
等の項目が挙げられています。

講演テーマをもとに、よりよい事業承継につながるような強くてよい会社づくりについて説明しました。昭和の時代は高度成長経済の下で「ドンブリ経営」でもやれた。しかし、平成から21世紀を迎え、今や厳しい競争の時代となりました。この中で生き残るには、BS経営により財務基盤の強い企業にしておくことです。そういう強い企業がこの激変する時代にも対応して生き残っていけるのだと力説しました。
50名ほどの参加者でしたが、大変熱心にご清聴いただきました。どの業界でも経営の観点でみれば共通項があります。

トラックバック

2007年03月17日

No197 卒業旅行

大阪府立大学大学院の卒業旅行がありました。有志だけで企画しましたが多くの同期生が参加してくれました。一泊だけの淡路島旅行でしたが、私にとっては初めての卒業旅行。小学校、中学校の修学旅行も行けなかった分だけ大いにはしゃぎました。こんな気分にさせてくれるのが嬉しい。

僅か2年間の学びの友です。大手企業の現役管理職、医師、高校教師、公務員、士業、大学の講師、定年後の新たな活躍の場を求める方など多士済々です。

さらに博士課程に進まれる方も数名おられます。人間死ぬまで勉強と言います。声援を送りたい。しかし私はもういい。今後は研究テーマである「BS経営」や「オープンブックマネージメント」にライフワークとして取り組んでいくつもりです。


夕食会をかねたパーティでは、一人一人が大学院生活を感慨深げに振り返りながらスピーチをしました。劣等生の私には最初に順番が回ってきました。なにしろ我が社会人大学院5期生であり最長老ですから。

2次会はカラオケで喉自慢。久しぶりにマイクを握りましたが声がうまく出ません。それでも楽しい。デュエットで2曲歌いました。
3次会では深夜2時まで飲み語りました。仕事の話、家庭の話、結婚について、果ては離婚後の相談まで。

翌日は朝6時に帰阪しなければなりません。僅か10時間あまりの卒業旅行でしたが、再会を約束してそれぞれの帰路につきました。

トラックバック

2007年03月16日

No196 ダヴィンチアドバイザーズ社訪問

弊社は今回ご縁があってダヴィンチ・アドバイザーズ社(http://www.davinci-advisors.com/)が運用助言するファンドから出資をいただくことになりました。出資内容も固まり、ご挨拶を兼ねての訪問となりました。若干の緊張感も味わいながら応接室でお待ちしていましたが、金子社長はノーネクタイのラフなスタイルで満面の笑みを浮かべながら入ってこられました。大変多忙な中で時間をつくって下さったことにお礼を申し上げました。金子氏は時間が許す限り全世界の投資家を訪ねておられます。凄まじいばかりの行動力に驚きます。

世界規模の投資運用会社は500社ぐらいありますが、10番以内が生き残りの条件であると言われます。同社は「投資家とともに成長する」を経営方針に掲げて欧米型不動産投資顧問事業として1998年に創業し僅か3年で株式公開。今では日本トップの投資運用企業として確固たる地位を築いています。

1時間程、歓談の時間をいただきましたが、終始笑顔と大きな笑い声の中、和やかな時が流れました。物怖じしない度量と豊かな発想にアメリカ滞在の経歴の深さを感じました。
金子社長は、資金集めは得意だと言われました。世界規模で投資家との間に厚い信頼を築いてこられた実績があるからこそでしょう。

アーバンベネフィットの社名の由来や「企業再生」についてご質問をいただき、また多くの示唆に富んだお言葉もいただきました。

トラックバック

2007年03月15日

No195 修士号(MBA)合格

3月14日、大学院の合否発表がありました。電話で確認することもできましたが、この目で確認したかった。早めにサテライトに着いて発表を待ちました。

5時に担当者がこられて合格者を掲示。掲示板に私の学籍番号2050404015を確かに確認しました。事務局の方と一緒に再確認もお願いしました。 修士号取得は思いもよらなかった夢のような出来事です。

大阪市立大学大学院の不合格、そして府立大学大学院への挑戦と4年間に渡った修士号取得が今回無事に修了しました。

本当に多くの方のご支援を頂きました。大学院進学のきっかけを作って下さった釣島さん、松崎さん本当にありがとうございました。そして我が社のスタッフからも全面的な支援をいただきました。皆さんへ心から感謝したい。

私が尊敬してやまないわが師、田舞さんは、大阪市立大学の失敗から府立大学への挑戦そして今回の修了に至るまで、陰ながら励まし支援して下さいました。合格も我が事のように喜んで下さり、それを和歌に詠んで下さいました。

「掲示板 己(おの)が苦しみ 滲む文字
                  生きた証ぞ 喜ばしき哉(かな)」

田舞さんから左の写真の素晴しいお花もいただきました。

人生の課題を一つやり終えたような気がします。無学であった父は、私を大学へいかせることが夢だったのです。この年齢になってようやく父の想いに応えることができて感無量です。

今後も、研究テーマである「B/S指標を用いた理念型オープンブック経営による中小企業の活性化」をライフワークとして取り組み、お世話になったこの社会へ少しでもご恩返しができるように、中小企業の活性化へ貢献していきたい。

トラックバック

2007年03月14日

No194 事業承継相談所設立

3月14日の第42回早朝勉強会では、弊社の瀧本常務が、自らが設立した事業承継相談所をテーマに取り上げました。
事業承継相談所(http://www.jss110.com/)は、我が社の「企業再生」の一環事業として、事業承継問題を専門に取り扱うコンサルティング会社として設立されました。

この事業承継相談所については、3月6日の日本経済新聞でも取り上げられました。

戦後の高度成長期に創業した多くの中小企業経営者は、事業の承継時期を迎えて深刻な後継者難に直面しています。
事業承継には次のような5つの形態が考えられますが、それぞれがいろいろな問題点を抱えています。

1.子供に継がせる
・子供がいない・・・少子化
・子供が継がない・・自由で豊かな社会
・子供が継げない・・厳しい経済環境
「誰もが継げる時代ではない」創業者以上の能力が必要

2. 会社幹部に継がせる
・株式時価での譲渡の問題
・担保力、個人保証の問題
・経営者としての適正のある幹部を捜さねばならない

3. 株式上場(IPO)する
・容易ではない
・厳しい審査をクリアしなければならない

4. 会社売却
・売るに売れない財務状態
・会社を売却するのは恥と考える経営者がいる
・買い手が無い

5. 廃業
・財務状態などから廃業したくてもできない
・社員の解雇が発生する
・含み益の2重課税
・資産廃棄

事業承継相談所では、このような問題点を専門の立場からコンサルティングして企業の減少に歯止めをかけることを目指しています。

トラックバック

2007年03月11日

No193 競争優位の事業システム

昨年4月から月2回のペースで、オルビス法律事務所が主催する「経営塾」で学んでいます。この経営塾の目的は、我々企業が、競合他社との競争に打ち勝つ為の「競争優位の事業システム」を構築し「経営戦略」を策定するまでの手法を学ぶことです。
主宰はオルビス法律事務所の「 薫(ぺえ)先生。先生は弁護士・会計士補・神戸大学大学院MBAであり中小企業の経営に明るい方です。弊社の顧問弁護士でもあります。

講義内容は
・経営理念とは何か
・SWOT分析
・財務諸表の見方
・損益分岐分析
・経営戦略
・労働法・知的財産法
・経営計画

「競争優位の事業システム」をいかに構築するか。超スピードで変化する競争社会でいかに対応し生き残るか。これらは経営者が避けられない緊急を要する経営課題です。
我が社ではこれまでに蓄積してきた「経営・金融・不動産」のノウハウを活用して、中小企業の活性化に特定した企業再生ビジネスモデルを構築しました。

昨日、それらをこの1年間の学びの集大成として、我が社の経営計画として発表しました。パワーポイント使ってのプレゼンテーションは初めてでしたが結構楽しくやれました。
最初に我が社の事業モデルである「企業再生」事業について説明し、続いて経営計画を発表しました。

一昨年から大阪府立大学大学院と並行しながら学びましたが、テーマそのものが経営のヒントになり内容の濃い勉強をさせていただきました。
第2回経営塾も引き続いて学んでいきたい。

トラックバック

2007年03月06日

No192 世界で通用する香港のビジネスマン

香港は私の大好きな都市です。街じゅうに溢れるエネルギッシュなパワー。メインストリートから下町の路地まで歩けば歩いただけ多くの発見と感動があります。そして快楽とときめきに満ちた懐の深い街でもあります。エキサイティングでスピードがあり、地下鉄のエレベーターでさえもスピードがまるで違います。深夜12時になっても、街は昼と変わらない喧騒で活気に満ち満ちています。雨の後の竹の子のようにニョキニョキと林立する超高層ビルの集積率は世界で2番目に多く、ニューヨーク、マンハッタンに次ぐものだそうです。

どうしてこのような都市が生まれたのでしょうか。
香港は1842年に南京条約でイギリスの植民地となり、同国は自由放任経済政策を実施しました。自由放任経済では政府の庇護がありません。ここでは強くないと生き残れないのです。そして適者生存の法則が世界に通用するビジネスマンを育んだのです。ビクトリアピークから眺望するビル群は、さながらビジネスのジャングルです。強いものだけが生き残れるのです。そして自由が創造性を引き出すのです。

香港は世界一の自由経済都市です。80%がサービス産業で映画産業も5%を占めます。法人税、所得税も低く消費税はありません。海外からの投資も多く行われています。法令整備(ビジネスルール)が行き届き、コンプライアンスが徹底し、オープンな経営が育っています。面積の狭い香港の土地には年間約2000万人の観光客が訪れます。日本を訪れる観光客は年間約800万人ですから、日本の2.5倍です。

これからの経営はグローバルスタンダードでないと生き残れません。経営者の一人として香港のビジネスマンから学ぶことは多くあります。

トラックバック

2007年03月05日

No191 鯉魚門(レイユームン) (その2)

大きなシャコは唐揚で塩味とにんにくが絶妙な味わいを引き出しています。魚の姿煮と伊勢海老のぶつ切り煮は、肉厚もあって食べ応えがあります。次から次へとメインディシュのオンパレードにベルトを緩めてたらふく食べます。

飲み物は青島ビールと、熱燗の紹興酒に干し梅を入れたもの。紹興酒に干し梅を入れるとチャイニーズワインの出来上がり。これが滅茶苦茶に旨い。酒を嗜まない人も飲めるほど美味しい。

美味しい料理と旨い酒で至福の時間が流れていきます。値段はこれだけ飲んで食べて1万円程度です。
World's Best Restaurant が香港にあると言う噂は・・・本当みたいです。とは同行した社員IVAの感想でした。


トラックバック

2007年03月04日

No190 鯉魚門(レイユームン)の海鮮料理 (その1)

私の旅の楽しみは、なんといっても旨いものを食べることです。朝、昼は軽く済ませますが、夕食だけは絶対に妥協したくありません。食いしん坊の私は、美味しいものがあれば何処へでも出かけて行きます。

今回の香港滞在でも香港料理を堪能しました。
香港の料理は美味しい上に価格が安く、おまけに新鮮な料理が楽しめます。

今回も訪ねた鯉魚門(レイユームン)の海鮮料理は、本当に美味い。ここは九龍半島の東の端のほうに古くからある海鮮街で、魚屋と海鮮料揄ョが軒を連ねます。入り江には古びた船が何隻も係留されていて、一見ひなびた漁村のようにも見えます。最近は入り口に大きな門も出でき、遊歩道も整備されて観光客で賑わっています。
 

狭い路地の両側に魚屋さんがずらりと並び、大きな水槽やいけすにたくさんの魚介類が売られています。ここから好きな食材を選ぶと、指定した料理屋へ運んでくれてそこで調理してくれます。

最初に出てきたのは海鮮鍋。豊富な魚介類を刺身やシャブシャブ風にして食べます。確かな歯ごたえと旨さが口いっぱいに広がります。

トラックバック

2007年03月01日

No189 SQ(英知)経営のすすめ

昨年よりエール学院(http://www.ehle.ac.jp/)主催のメンターリング経営研究会のメンバーとして勉強させていただいています。
ハワイ大学名誉教授の吉川宗男学長(http://khon.at.infoseek.co.jp/chosha/y058.html)が主宰しておられる勉強会です。
今回から新たなメンバーとして健康英知研究所長の斉藤英治先生(
http://homepage3.nifty.com/saitohope/profile.htm)が参加されました。先生は既に30冊以上の著書を出版され、累計60万部以上の読者がいます。全く凄いの一言です。
ここでは、他の教授の方々も含め、凄いメンバーに囲まれて学べます。本当に多くのことを教えてもらっています。そしてこのような知識人の方々は人間味が豊かで温かみがあり、お話の内容も面白く為になります。

 

今日は「SQ経営のすすめ」をテーマに斉藤先生から2時間のお話をいただきました。講義では、BQ(身体),IQ(脳、知力),EQ(心、感力),SQ(活力)の区分があり、それらは人間の体では、中心からSQ(活力),EQ(心、感力),IQ(脳、知力)そして表面にBQ(身体)の順で存在していると図で説明されました。
私は足の裏に脳味噌があると考えているくらい身体で会得するところがあります。先生の話に我が意を得たりでした。
やってみなわからん!やったことしかのこらん!は私のモットーですが、今後もBQによる行動力を磨いていきたい。そしてIQ(脳、知力),EQ(心、感力),SQ(活力)についても更に修練を積み上げていきたいと思います。

トラックバック

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web