« No188 「個人信託」活用によるオーダーメイド相続 | HOME | No190 鯉魚門(レイユームン)の海鮮料理 (その1) »

2007年03月01日

No189 SQ(英知)経営のすすめ

昨年よりエール学院(http://www.ehle.ac.jp/)主催のメンターリング経営研究会のメンバーとして勉強させていただいています。
ハワイ大学名誉教授の吉川宗男学長(http://khon.at.infoseek.co.jp/chosha/y058.html)が主宰しておられる勉強会です。
今回から新たなメンバーとして健康英知研究所長の斉藤英治先生(
http://homepage3.nifty.com/saitohope/profile.htm)が参加されました。先生は既に30冊以上の著書を出版され、累計60万部以上の読者がいます。全く凄いの一言です。
ここでは、他の教授の方々も含め、凄いメンバーに囲まれて学べます。本当に多くのことを教えてもらっています。そしてこのような知識人の方々は人間味が豊かで温かみがあり、お話の内容も面白く為になります。

 

今日は「SQ経営のすすめ」をテーマに斉藤先生から2時間のお話をいただきました。講義では、BQ(身体),IQ(脳、知力),EQ(心、感力),SQ(活力)の区分があり、それらは人間の体では、中心からSQ(活力),EQ(心、感力),IQ(脳、知力)そして表面にBQ(身体)の順で存在していると図で説明されました。
私は足の裏に脳味噌があると考えているくらい身体で会得するところがあります。先生の話に我が意を得たりでした。
やってみなわからん!やったことしかのこらん!は私のモットーですが、今後もBQによる行動力を磨いていきたい。そしてIQ(脳、知力),EQ(心、感力),SQ(活力)についても更に修練を積み上げていきたいと思います。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web