« No193 競争優位の事業システム | HOME | No195 修士号(MBA)合格 »

2007年03月14日

No194 事業承継相談所設立

3月14日の第42回早朝勉強会では、弊社の瀧本常務が、自らが設立した事業承継相談所をテーマに取り上げました。
事業承継相談所(http://www.jss110.com/)は、我が社の「企業再生」の一環事業として、事業承継問題を専門に取り扱うコンサルティング会社として設立されました。

この事業承継相談所については、3月6日の日本経済新聞でも取り上げられました。

戦後の高度成長期に創業した多くの中小企業経営者は、事業の承継時期を迎えて深刻な後継者難に直面しています。
事業承継には次のような5つの形態が考えられますが、それぞれがいろいろな問題点を抱えています。

1.子供に継がせる
・子供がいない・・・少子化
・子供が継がない・・自由で豊かな社会
・子供が継げない・・厳しい経済環境
「誰もが継げる時代ではない」創業者以上の能力が必要

2. 会社幹部に継がせる
・株式時価での譲渡の問題
・担保力、個人保証の問題
・経営者としての適正のある幹部を捜さねばならない

3. 株式上場(IPO)する
・容易ではない
・厳しい審査をクリアしなければならない

4. 会社売却
・売るに売れない財務状態
・会社を売却するのは恥と考える経営者がいる
・買い手が無い

5. 廃業
・財務状態などから廃業したくてもできない
・社員の解雇が発生する
・含み益の2重課税
・資産廃棄

事業承継相談所では、このような問題点を専門の立場からコンサルティングして企業の減少に歯止めをかけることを目指しています。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web