« No205 BS経営と戦略 | HOME | No207 新・資産形成対策の模索!―家族主義崩壊時代の対応― »

2007年04月01日

No206 春もうららのお花見散策

4月1日の朝9時、桜で名高い西宮市夙川沿いの遊歩道を甲山へ向かいました。今日の日曜日は最高の人出で賑わうでしょう。気温も20度を超えて穏やかな春日和のベストシーズン。青いシートを芝生に広げて花を肴に宴を開く準備が始まっています。露店も準備万端であとは花見客を待つだけです。

多くのハイカーが夙川公園から遊歩道へと抜けて行きます。鶯の元気な鳴き声も聞こえてきます。恋を囁いているのでしょうか。

前回は雨で甲山の途中までしか登れませんでしたが、今日は爽やかな気候で足取りも軽く北山公園から甲山へ向かいました。薄紫の山つつじが可憐な花を咲かせてハイカーを和ませてくれます。敬子は“キレイキレイ”を連発。
春の匂いを感じながらのこのコースは実に楽しい。視界もぐっと広く眺めも本当に素晴らしい。阪急の夙川駅から北山公園を回って甲陽園駅までゆっくり歩いて3時間。新しいコースが又一つ増えて嬉しい。

北山貯水池は西宮市民の大切な飲み水です。池の畔の一面は桜が満開で、ここでも多くの人が桜の下で宴をひろげて春のひとときを楽しんでいました。




 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web