« No209 桜ノ宮での花見 | HOME | No211 母の誕生日 »

2007年04月09日

No210 歴史が育てた桜の名所吉野山

8日の日曜日、恒例の「社内歩こう会」で吉野山へ向かいました。バスにゆられて現地に到着しましたが、駐車場から既に凄い人波でごった返しています。好天に誘われての人、人、人でハイキング路が埋め尽くされています。これでは花見どころではありません。人の頭を見に来たような感じです。

人波をくぐって下千本から中千本、そして上千本へとぐんぐんと30分ぐらい登っていくと、とても見晴しの良い場所にたどり着きます。下界を眺めると吉野山が桜一色に埋め尽くされているのがよく分かります。ここが歴史が育てた桜の名所なんだと納得しました。

さらに歩くと吉野分水神社にたどり着きます。ここまで来るとさすがに人出も少なくなってきました。
神社ではIPOと3ヵ年計画成就を祈願しました。神仏に頼まずは私の持論ですが、今回は何故か自然のうちに手を合わせ拝んでいました。
吉野は歴史の宝庫です。ガイド案内には、聖徳太子、源頼朝、千利休、豊臣秀吉など多くの歴史上の人物が記されていました。

高城山展望台(http://www2.airnet.ne.jp/yurim/nara/takagi/takagi.htm)は標高702Mで、そこから河内平野を一望できます。このあたりの桜はまだ蕾で開花は来週ぐらいでしょう。

先週の冷え込みで桜の花が長もちしてくれたお陰で、今年は桜三昧の豪華な春を満喫できたのを喜びたい。

初めて参加したTさんの感想

一昨日の雨がウソのような好天に恵まれ、本当に素晴らしいハイキングに参加させていただき、心から感謝しています。
吉野は10年ぶりぐらいでしょうか? たしか秋の紅葉を見に 行った記憶がありますが、桜はほんまに綺麗でしたね。
不摂生がたたっている僕には少々きつい坂道もありましたが、社長曰く「アーバンではこれはまだまだハイキングやなー。夏から冬にかけてが本番や、楽しみにしときな。 ニヤリ」とのことなので、これからダイエットに勤めて頑張っていきます。(^^;) 特に全体の企画をしていただいた増田部長本当にありがとうございました。
 又、道中バスの中で疲れているにも関わらず、ずっとUBの事業・企画について語っていただいた竹内社長に心から感謝します。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web