« No217 新緑の六甲 | HOME | No219 フォローアップセミナー »

2007年04月24日

No218 ミュージカル「エリザベート」観劇

23日月曜日、ウィーンミュージカル「エリザベート」のオリジナルバージョンを梅田芸術劇場で観ました。

私のミュージカルとの出会いは、20年以上前に宝塚歌劇の「ベルサイユの薔薇」を、そのドラマと美しさと音楽に圧倒されて2回も鑑賞したのが始まりです。

今回のミュージカルはウィーン版のオリジナル公演。胸に響く音楽と圧倒的な歌唱力は興奮と感動そのもので期待を超える内容でした。

ドラマは19世紀末のウィーンを駆け抜けた皇妃エリザベートの物語。妻と夫・嫁と姑・母親と子の確執は現在にも通じるストーリーで我々に迫ってきます。
 
「ベルサイユの薔薇」を観たあの時の感動が蘇えります。90%以上が女性の客席は、総立ちで感動のフィーナーレに応えていました。
音楽の都ウイーンとミュージカル。オーストリアを訪ねる楽しみがまた一つ増えました。

ミュージカル観劇の後で敬子とワイングラスを傾けながら「エリザベート」の余韻に浸りました。

image004-No218.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web