« No232 起業家養成スクールOBによる「明徳塾」 | HOME | No234 経営指南塾in音羽山荘-2 »

2007年05月23日

No233 経営指南塾in音羽山荘-1

5月22・23の両日、株式会社ALL WIN SUPPORT(http://www.aws.ne.jp/)主催の経営指南道場が開催されました。昨年の有馬温泉での開催に引き続き今年も講師としてお招きいただきました。

今年は風光明媚な明治の森箕面国定公園にある音羽山荘(http://wedding.gnavi.co.jp/site/1/k904600/)での開催です。音羽山荘は大正時代に建てられた由緒ある邸宅をリノベーションした宿泊施設で、箕面の美しい自然に囲まれています。施設、食事とも本当に素晴らしく、研修会場として最高の環境でした。

image001-No233.jpg

最初に各テーブルで自己紹介とセミナーへの期待等について話していただきました。昨年に引き続いてこられた方やその紹介で参加された方も多いようです。
午後1時、株式会社ALL WIN SUPPORTの小浪社長から「経営指南道場 入門の儀」として研修への心構えやスケジュールについての説明があり、2日間の研修がスタートしました。

今回のセミナーは以下の章に添って進められました。
〜金の章〜
〜人の章〜
〜商いの章〜
それぞれの章で、50分間私が基調講演。その後にテーブル毎にテーマをディスカッション。そして各テーブルで質疑応答しながらテーマを掘り下げていきます。90分をワンセクションとして進めます。
昨年の参加者には、その後のビジョンの進捗状況についても話していただきました。

午後7時、豪華な懐石料理に舌鼓をうつ。夕食後は全体での経営問答を再開。活発な質問のやりとりでビジネス全般にわたる議論を深めていきます。本音でざっくばらんな雰囲気は、時間の経過も忘れて夜遅くまで議論が続きました。
研修終了後も各部屋に分かれてディスカッションが続きます。私の部屋でも深夜まで賑やかなやり取りが続きました。

image005-No233.jpg

以下は弊社幹部のレポートです。

<経営指南道場 〜気づきの書〜 を受講して>
2007年5月22日火曜〜23日水曜、木村会長の経営指南道場に出席させていただいた。業種・業界、年齢の違う、全国から集まった経営者達に、丁寧にかつ、熱心にほぼ24時間を通しての講義、問答。 そして、どんな質問にも迷いもなく的確に応える姿を見て、改めて木村会長の経営者としてはもちろん、人間としての幅の広さ、深さを思い知らされた。

今回、私自身が経営指南道場に参加して多くの学びを得、そして以下のような目標・目的意識を持って取り組んでいきたいと思った次第である。 私はアーバンベネフィットの経営社員として、私が今まで培ってきたノウハウ・人脈等全精力を投入し、アーバンベネフィットを、比類なき企業価値向上のソリューションカンパニーにすべく経営社員一同と一丸になって育てあげていく。

先ずは、弊社の中核事業である「企業再生」事業の強化! 1986年のピーク時には532.7万社を数えたわが国の企業数は2004年では432.6万社と実に100万社以上の企業が消滅している。景気回復基調にあると言われる現在も6%を超える廃業率に対して、創業率は3%台と依然廃業率が高く、企業再生・承継の問題は、最も高い社会課題である。
その解決の一旦を、弊社は担っていく! ことを決意する。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web