« No237 経営コンサルタント塾 | HOME | No239 賃貸経営5つのチェックポイント »

2007年06月02日

No238 10年ぶりのマカオ

6月2日、マカオのカジノ売り上がラスベガスを抜いたと聞き、興味もあって10年ぶりに現地を訪ねました。香港から高速フェリーで45分。僅か10年でこれほどまでに変貌できるのかと思うほどの高層ビルがハーバーから連なっています。
以前は古びたカジノが市内に1ヶ所あるだけで訪れる観光客も少なく萎びた印象でしたが、近代化された街並みですっかり様子が変わっていました。

変貌著しいハーバー付近

image001-No238.jpg

マカオ政府はカジノ経営権の国際入札を実施し、1社が独占してきたカジノ産業を外国系企業に開放したのです。
その結果、2006年のカジノ売り上げが8400億円に達し、これまで世界最大であったアメリカのラスベガスを抜いて世界最大のカジノ都市となったようです。

カジノ市場の対外開放からわずか4年でカジノ都市として世界首位に躍り出たのには、膨張する中国の経済からあふれ出る「チャイナ・マネー」の流入が背景にあると言われています。

image003-No238.jpg

市内はメイン通りだけでなく裏通りまでも多くの観光客が闊歩し活況を呈しています。市内を走る車や単車もニューモデルが多く豊かさを感じます。
30分も待ちましたがタクシーの空車を拾えません。仕方なくバスに乗ってハーバー近くまで行き、カジノへ視察を兼ねて入場してみました。巨大なカジノ場を埋め尽くすような人並み。凄い熱気に圧倒されました。なるほどラスベガスを抜いたのもうなずけます。

image005-No238.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web