« No246 朝日新聞「心の定年」 | HOME | No248 レジェンさんからの手紙 »

2007年06月20日

No247 中小企業、生き残りの秘訣

19日、秋田市経営開発委員会のセミナーで講演させていただきました。
テーマは「強くて良い会社のつくりかた」です。若手経営者が多く参加されていました。強くてよい企業にするには「BS経営」が必要であることを中心に2時間のスピーチをしました。セミナー後の懇親会でも活発なご質問をいただきました。

秋田セミナー
image001-No247.jpg

翌日の20日は倉敷市の株式会社藤木工務店(http://www.fujiki.co.jp/)倉敷支店の安全大会にお招きいただきました。
ここでは「中小企業、生き残りの秘訣」をテーマに講演。約150名の参加者にご清聴いただきました。

image003-No247.jpg

藤木工務店は、私が昭和32年に17歳で島根から大阪へ出て来て、その翌年の春に就職した渡辺運送店の得意先でした。同社の建築現場を回りながら建設資材の運搬や現場の廃材処理などをさせていただいた時のことを走馬灯のように想い出しました。あれから50年の歳月が流れようとしています。その藤木工務店で今講演させていただけるというのはなんというご縁でしょうか。藤木社長との面談でそのことをお伝えしましたが、今の藤木社長は4代目で社長がお生まれになる前の出来事です。

中小企業経営者にとって、会社の生き残りをかけての戦いは宿命なのです。私もバブル崩壊から奇跡の生還をしました。その体験が今の企業再生に繋がったわけですから、人間の人生は分からないものです。

藤木工務店安全大会
image005-No247.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web