« No248 レジェンさんからの手紙 | HOME | No250 敬子のバースディー »

2007年06月22日

No249 BSでビジョンを語れ!

6月22日、大阪府中小企業家同友会中央南支部6月例会でスピーチさせていただきました。

同友会の基本理念は“強靭な経営体質をつくる”そして“経営者に要求される総合的な能力を身に着ける”です。まさに同感です。経営とは変化対応業です。企業が変化に対応していくには、それらを身に着けて強くて良い会社にしなければ生き残れません。

image001-No249.jpg

夢やビジョンのない会社には、ヤル気のある社員は育ちません。
企業の社会的存在価値は何か? どのような会社になろうとしているのか? 経営理念やビジョンで明確に示さなければ、人は動きません。抽象的でなく具体的に伝えることが重要です。その為には5年後、10年後のビジョンをBS(バランスシート)で伝えることが効果的です。それが社員のモチベーションを上げることに繋がります。

バブル経済崩壊前と崩壊後の弊社の経営をBSで比較しながら話しました。60分の時間が飛ぶように流れていきました。熱いまなざしをひしひしと感じました。

image003-No249.jpg

その後「あなたは何を大切に経営していますか?」をテーマに12のテーブル毎に討論。各テーブルから「例会質問用紙」をいただき、それらの質問に答えていきました。
大変内容の濃い勉強会で、さすが同友会の歴史を感じさせました。

image005-No249.jpg

以下は参加者の方々からの感想です。

弊社の社員イバ
今日も暑い中ご講演いただき、ありがとうございました。私は家に帰り着いたばかりなのですが、今回も刺激を受けながら聞いて、今だに興奮が冷めないので、早速感想をメールにて送りたいと思いました。 私のテーブルのメンバーは、Hさんをはじめ、会長のお話をいつも聞きにきて下さる方が何人かいましたが、やはり、「何度聞いても、毎回新しいことを学ばしていただきます」という感想でした。イバもそうです。一方、初めての方の中で、「朝から体調が悪いのにもかかわらず、楽しみにしながら何とか熱を下げて聞きにきまして、来て本当によかったと思います」という方がいました。すばらしい感想はいろいろありました。限られた時間の範囲内で感想を言えた方は一人もいませんでした。それだけ皆様が感激されたわけなのです。参加者の皆さんは元気をつけられて帰られたと信じます。イバは一言でまとめると、改めてアーバンベネフィットの社員であることを誇りに思い、近々成果を出そうと、また勇気と元気をいただきました。心から感謝いたします。

Kさんからのメール
昨日の講演会に参加させて頂き誠にありがとうございました。いい出会いと自分自身の励みになり、ひとつ、ひとつの言葉にぐぅっと来るものがありました。これからもし自分が経営者になってお金儲けをした時にはたくさん税金を支払える企業に発展させようと思えた自分に木村会長へ感謝をいたしております。

Aさんからのメール
私は、今後10年で仕事を人に引き継いでもらってリタイヤする計画です。それまでに何とか『強小』の形の仕組みづくりをして行きたいと思っています。木村さんの昨日のお話、熱意は、同友会の人達に感動と勇気を与えられたと思います。私も久しぶりに聞かせて頂いて16歳も年上の方に元気だけは、負けてはいけないなと本当に元気一杯頂きました。

アンケートの感想から
・ パワーをいただいた。
・ 元気が出る。太陽のように先が明るく感じた。
・ 儲からんのはカタチが悪い。
・ より本質的なBSについて学べた。
・ 夢日記を書きたい。
・ 熱意と信念を強く感じた。
・ 分母を大きくする生き方。経営者はもっと大きくないといけない。
・ 前向きな発言が多く、元気づけられた。
・ 腹が決まれば怖いものはない。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web