« 2007年07月 | HOME | 2007年09月 »

2007年08月30日

No282 プロとアマの違い

8月30日(木)の早朝セミナーは、「プロとアマの違い」をテーマに開かれました。
東京事務所もテレビ会議システムを使って参加。今回はテーマを1週間前に伝えておいただけに、皆よく考えてきていました。

image003-No282.jpg

日常の仕事への取り組みなどは、このテーマを掘り下げることで反省させられる点が多くあります。各自のスピーチも核心を衝いたものが多く、学びも大きかったように思います。

いつもは即題ですが、今回のようにテーマを事前に与えておいて考えさせる方法も刺激があり、セミナー自体が引き締まりました。

 今回のテーマは、知人からのメルマガで読んだ「プロとアマの違い」をとりあげましたが、私自身が一番考えさせられたテーマでした。

最後に竹内社長は、我が社のビジョンである「100年企業・中小企業再生のトップ企業・BS経営のモデル企業」を実現することが、弊社を取り巻くステークホルダーの期待に応えることであり、それがプロとしての責任であると締めくくりました。

image001-No282.jpg

<プロとアマとの違い>

職業のジャンルを問わない。仕事をすることによって報酬を得ている人は、そのことによって、すでにプロである。また、プロでなければならないはずである。しかし、現実にはプロとしての仕事の仕方をしていない人が相当数いることも事実である。

プロとアマとの違いは何だろうか。それは次の四つに集約される。

1.プロは「自分で高い目標を立てられる人」だということである。
自分なりにほどほどにやれればいい、この程度でいいだろうと、目標をできるだけ低く設定しようとするのがアマである。
プロは違う。プロは自分で高い目標を立て、その目標に責任を持って挑戦していこうとする意欲を持っている。
 
2.「約束を守る」ということ。
約束を守るというのは、成果を出すということである。自分に与えられた報酬にふさわしい成果をきっちりと出せる人、それがプロである。成果を出せなくてもなんの痛痒も感じず、やれなかった弁解を繰り返してやり過ごそうとする者がいる。アマの典型である。

3. 「準備をする」。
プロは「絶対に成功する」という責任を自分に課している。
絶対に成功するためには徹底して準備をする。準備に準備を重ねる。自分を鍛えに鍛える。そうして勝負の場に臨むから、プロは成功するのである。アマは準備らしい準備をほとんどせず、まあうまくいけば勝てるだろうと、安易な気持ちで勝負に臨む。この差が勝敗の差となって表れてくるのである。表現だけを変えれば、プロは寝てもさめても考えている人である。起きている時間だけではない、寝ても夢の中にまで出てくる。それがプロである。少しは考えるが、すぐに他のことに気をとられてしまうのがアマの通弊である。

4. これこそプロとアマを分ける決定要因である。プロになるためには、欠かせない絶対必要条件だと言える。それはプロは「進んで代償を払おうという気持ちを持っている」ということだ。
プロであるためには高い能力が不可欠である。その高い能力を獲得するためには、時間とお金を惜しまない。犠牲をいとわない。代償を悔いない。それがプロである。犠牲をけちり代償を渋り、自己投資を怠る人は絶対にプロになれないことは自明の理であろう。最後に一流といわれるプロに共通した条件をあげる。
それは「神は努力する者に必ず報いる、と心から信じている」ということである。
不平や不満はそれにふさわしい現実しか呼び寄せないことを知り、感謝と報恩の心で生きようとする、それが“一流プロ”に共通した条件である。

「プロの条件1 〜小さな人生論 "致知"の言葉・致知出版社(藤尾秀昭著)より」

トラックバック

2007年08月28日

No281 イタリアンランチ

今朝の英会話レッスンの時に教師のSTEVEが、近くにあるイタリアレストラン、モード ディ ポンテ ベッキオ(http://www.ponte-vecchio.co.jp/)を紹介してくれました。
今日のお昼は早速そこでイタリアンランチを楽しむことにしました。

リッツカールトンホテルの北側のビル30Fにあり、豪華な雰囲気のイタリアレストランです。
見晴らしがとても良く、窓際の席は1ヶ月以上前の予約が必要との事。落ち着いた接客対応には好感が持てました。
image015-No281.jpg

ランチメニューセット2,940円(サービス料別)を注文しました。
前菜、パスタ、メイン料理、デザート、カフェと運ばれてきて、料理は結構美味しくいただけました。パンも旨かった。水はイタリアンミネラルで有料でした。

image3-5-7-No281.jpg
image9-11-13-No281.jpg

90%以上が女性客でお喋りをしながらランチタイムを楽しんでいました。
今回行ってみて思ったのですが、私には暖簾をくぐって箸を使って食べる店が似合うようです。好みの料理や食べ方、雰囲気等は、生まれた時代環境とも関係があるのかもしれません。
いつも変化対応と言ってるわりには、こういう点では自分は対応できていないなあと思いました。

トラックバック

2007年08月23日

No280 テレビ会議システム

23日、テレビ会議システムを導入しました。これで東京事務所と大阪本社の常時会話が可能となりました。

早速、大阪から東京事務所のイバを呼び出して試してみましたが、音声も明瞭でまるで隣の部屋と会話しているような感じがします。久しぶりの彼女ですが元気そうな姿を見て安心しました。

image001-No280.jpg

本日の月例ボードミティングもテレビ会議で開催し、重要案件を処理しました。
この方式ならわざわざ大阪まで来なくても手軽に会議が開けます。まさに文明の利器であり大変重宝なシステムだと思います。

会議だけではなく朝礼や早朝セミナー、そして勉強会にも活用できます。にわかに東京と大阪が近くなったような感じがします。これからはコミュニケーションも一段ととり易くなるでしょう。

月次取締役会議もテレビ会議システムを使って開催
image003-No280.jpg

2007年08月22日

No279 中小企業は大企業に、大企業は中小企業に学ぶ!

22日、第50回早朝勉強会を開催しました。会場は満席です。
本日は、元松下電器株式会社、本社人事部長の植谷昌弘氏を講師としてお招きしました。同氏は松下電器産業株式会社本社の大幅リストラ方針を人事部長として陣頭指揮された後、自らも早期定年退職。その後、実践教育ラーニングを起業され、研修、講演、コンサル、ときめき塾などを通してお役立ち精神で多くの企業に関わっておられます。

image001-No279.jpg

同氏は、中小企業の研修や企業相談などから、中小企業の実態にも触れられました。そうした自らの体験を通じて、中小企業は大企業に、大企業は中小企業に学ぶ!「経営の原点は・・・・共通」であると説かれます。

image003-No279.jpg

大変よく準備されたレジュメとプロジェクターを使っての講演は、わかり易く説得力もありました。参加者も真剣に傾聴し、1時間があっというまに流れていきました。

講演レジュメはここをクリック

トラックバック

2007年08月19日

No278 イチロー人気

19日、シアトルマリナーズの試合を観戦しました。
週末からの3連戦はホワイトソックスです。試合は全員が起立して厳かな国家合唱で始まりました。今日は日曜日ですが、2連勝の余韻を受けてスタジアムは歓声と華やかな雰囲気に包まれお祭り騒ぎです。
本日の入場者数は45,886人と超満員。いやがうえでも盛り上がります。

image001-No278.jpg
image003-No278.jpg

イチロー人気は本当に凄い。彼がバッターボックスに立つ度に、毎回、イチローイチローの歓声と手拍子が巻き起こります。例のサムライ打法も超カッコいい。イチローが小学校6年生のときに書いた彼の作文「夢」を実現しています。
彼の生き方は多くの少年に夢を与えています。今日も5打数3安打と大活躍でした。試合も11対5で大勝し3連勝を飾りました。

image005-No278.jpg

イチローの作文「夢」
「夢」

 僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は3歳の時から練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は厳しい練習をやっています。
だから1週間の中で友達と遊べる時間は5〜6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。
そして、中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そしてその球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト入団では契約金は1億円以上が目標です。
僕が自信があるのは投手か打撃です。
去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、
打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。
だから、この調子でこれからも頑張ります。
そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢のひとつです。
とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

愛知県西春日井郡とよなり小学校
6年2組 鈴木 一郎

トラックバック

2007年08月17日

No277 アラスカクルーズ(5)流氷群

船は渓谷に沿ってゆっくりと川を上り、流氷の源を辿ってトレシーへと向かいます。流氷は少しずつ増え、やがて渓谷の向こうの谷間に巨大な氷河が見えてきました。

image003-No277.jpg

今回のクルーズで流氷群を初めて見て感動しました。
30分ぐらい停船したような状態で素晴らしい渓谷の眺めを堪能した後、全長260M以上もある10万トンの巨大な客船は峡谷でユーターンして川を下りました。狭い川幅で方向変換するシーンは凄くて見ごたえがありました。

次の寄航地はケチカンで、僅か4時間の滞在でした。
ここではアラスカのきこりショーを観賞しました。斧や鋸で巨大な木材を切る競技、ロープ一本でよじ登る競技、手斧投げ、丸太ころがしなど、豊かな森林を持つアラスカならではのショーに孫たちも大喜びでした。

image5and7-No277.jpg

ケチカンの港を離れる
image009-No277.jpg

船上での催し
image013-No277.jpg

image11and15-No277.jpg

最後の寄航地であるカナダのビクトリアへ着いたのは夜7時過ぎ。僅か5時間の寄航でした。
4輪仕立ての人力車でビクトリアのダウンタウンへ向かいます。市内のいたるところによく手入れされた花壇があり、本当に美しい街並みでした。帰りはダウンタウンから散歩しながらハーバーに戻りました。

image17and19-No277.jpg

image021-No277.jpg

いよいよ明朝はシアトルです。8日間の楽しかった想い出のアラスカクルーズが終わります。

トラックバック

2007年08月15日

No276 アラスカクルーズ(4)スキャグウェイ

スキャグウェイはゴールドラッシュ時代に生まれた町で、フィヨルドの最奥部にあります。
ゴールドラッシュ時代にできた鉱山鉄道は、今は観光客を乗せてスキャグウェイの港から標高1000mのホワイト・パスまでを走っています。往復の3時間、深い渓谷に沿ったユーコン・ルートの大自然がすぐ目の前に展開しました。高地には無数のグリーン色に染まった湖と高山植物、その周囲には2千メートル級の岩山が聳えます。アラスカの雄大な大自然の景観を楽しみました。

image001-No276.jpg

image003-No276.jpg

スキャグウェイの町を散策していると、川では鮭の大群が懸命に川を登っていました。鮭は、生まれた川に戻って産卵しその生涯を終えますが、その懸命さには感動すら覚えました。 

image005-No276.jpg

トラックバック

2007年08月14日

No275 アラスカクルーズ(3) ジュノー

ジュノーは、アラスカの州都です。かつてはゴールドラッシュに沸いた場所ですが、今はアラスカ観光の中心地です。

アメリカと欧州のアラスカクルーズの大型旅客船が4隻停泊しており、メインストリートはその観光客で賑わっていました。クルーズは、地中海、カリブ海とアラスカが3大スポットらしい。

image001-No275.jpg

ヘリコプターでジュノーの空中散策と氷河探訪をしました。
氷河に着いてからの犬橇は楽しかった。氷河には250匹の犬が観光客を待っていました。2台の橇に4人を乗せて9匹の犬が足が折れんばかりに懸命に橇を引く姿には何か篤いものを感じました。1周1キロぐらいでしたが、その途中では休憩中に雪で腹を冷やしながら疲れを癒していました。

image3and5-No275.jpg

トラックバック

2007年08月13日

No274 アラスカクルーズ(2)フォーマルパーティ

アラスカクルーズの、シアトルを出航してから二日目の夜はフォーマルパーティでした。

私は白、孫息子は黒のタキシードで合わせました。敬子と孫娘は民族衣装のチョゴリです。
キャプテン主催のパーティでも彼女達はひときわ華やかで、沢山の方の記念写真に納まっていました。

image3and5-No274.jpg 

image001-No274.jpg

この日のディナーはイタリア料理でした。
クルーズではディナーも楽しみの一つです。

トラックバック

2007年08月12日

No273 アラスカクルーズ(1)出航

11日(土)シアトルからクルーズ船でアラスカへと出航しました。
乗船手続きに時間がかかり、やっと入船できたのが3時。ひとまず部屋に落ち着くと、まもなくライフジャケットを個人個人が持っての非常脱出時の訓練が始まりました。その訓練の最中に船は静かに岸壁を離れていきます。

image001-No273.jpg

ゴールデン・プリンセス号は10万トンもある大きな船ですが、20ノット以上の速度で大海原を滑るように走ります。ほとんど揺れを感じさせません。乗客の90%以上はアメリカ人で、クルーズを本当に楽しんでいます。日本でも最近はクルーズ人気が高まってきているのもうなずけます。

5年生の孫娘と4年生の孫息子を連れての初めての旅です。シアトルにいて日頃会えないだけに、夏休みのいい思い出を残してやりたい。
さらに今回は孫たちが通訳をしてくれるのも楽しみの一つです。彼らは英語・日本語のバイリンガルです。部屋では日本語、外では英語を話そうと約束しました。孫から英語のレッスンを受けたい。

私はこのクルーズ中に67歳の誕生日を迎えます。「光陰矢の如し」と言いますが、年月が飛ぶように去っていきます。
人生2度なし!やったことしかのこらん!生涯チャレンジャーでいきたい。

キャビン
image003-No273.jpg

ブランチ
image005-No273.jpg

トラックバック

2007年08月11日

No272 昔ながらの散髪屋さん

現在、休暇でシアトルの娘夫婦を訪ねています。
孫を散髪に連れていくことにしました。散髪屋は家の近所にあり、昔日本にもあったような小さな散髪屋さんで、3人理髪師が働いています。9歳の孫に君は結婚しているかとジョークをとばしてきます。

10分程で散髪が終わると、孫は前の髪と耳の刈り上げが気に食わないと泣きべそをかいてしまいました。私に日本語で不平をもらしますが、理髪師には英語でうまく伝えられません。英語と日本語が混ざっているので意味がわからず困惑する散発屋さん。とにかくひとまずは13ドルとチップを2ドル支払って店を出ました。

散髪を終えてから家まで歩いて帰るうちに元気になりやれやれ。孫の守りは気を使いました。

image001-No272.jpg

トラックバック

2007年08月10日

No271 ちびっ子のレモネード売り

8月10日、シアトルの街をドライブしていると、住宅街の路地で子供がレモネードを売っているのが目にとまりました。車を止めて孫と買いに行きました。

ちびっ子が自分で自発的にアイデアを考えて企画をするのです。インスタントのジュースにレモンを絞って加えてサービスしているのが可愛い。ワンカップ25セントです。

image001-No271.jpg

このような体験を通して経済観念やビジネス感覚を身につけさせるのです。アメリカの子供達は、普通は金を持ち歩かないので、金銭感覚を覚えさせるためにも有効です。

陰で見守っている親が時おり心配そうに顔をのぞかせます。
成功体験を積みあげさせたいと願うのは世界共通でしょう。

image003-No271.jpg

トラックバック

2007年08月09日

No270 憧れのマウント・レーニエ

8月9日、憧れのマウント・レーニエへ登りました。マウント・レーニエは、アメリカ、ワシントン州のシアトルから車で3時間ばかりのところにあります。この日は娘家族と共にレーニエ山(http://www.usatourist.com/japanese/places/washington/rainier.html)へのハイキングを楽しみました。

今日は絶好の登山日和です。憧れの山に初めて行ける嬉しさに心がトキメキます。マウント・レーニアは独立峰で「タコマ富士」とも呼ばれており、その容姿は秀麗です。シアトル市内や飛行機から何度も見ていますがこれまで行けるチャンスがありませんでした。

駐車場から見上げると、マウント・レーニアが雲の合間に突如顔を覗かせてくれました。思わずのラッキーチャンスにシャッターを押しました。この日姿を現したのはこの瞬間だけです。

image001-No270-1.jpg


マウント・レーニエは、アクセスが簡単なのでアメリカ国内で最も人気のある登山コースの一つです。標高4410mの山頂は、1年中氷河を含む氷と雪に覆われています。プロ登山家もハイカーも、どちらをもひきつけるのもうなずけます。毎年9千人以上が山頂を目指しますが、半数だけが頂上にたどり着けるのだそうです。そして毎年死傷者も出しています。
image003-No270-1.jpg

12時30分、ジャクソンビジターセンターを後にしてよく整備された路を登り始めました。山の斜面には、プロからアマチュア用までのトレッキングコースが準備されています。我々は、展望のよくきくスカイラインコースを選んで散策を楽しみました。
多くの家族連れのハイカー達と、ハローハローと元気よく挨拶を交わしながら山の中腹を目指しての登山を楽しみました。

image005-No270-1.jpg

image003-No270-2.jpg

image001-No270-2.jpg

チーズケーキで乾杯
image007-No270-1.jpg

すっぽりと雲の中へ姿を隠したレーニア山
image005-No270-2.jpg

トラックバック

2007年08月05日

No269 北アルプス 西穂高岳登山

今夏の社内「歩こう会」では、東京本部のメンバーも参加して北アルプス西穂高岳へ登りました。
まずは明日の健闘を祈っての前夜祭ならぬ宴会の始まり。温泉に浸かってのビールは美味しく歓談も弾みます。部屋に戻ってからも2次会が深夜まで続きます。これも大切な社風づくり、UBファミリーの絆づくりです。それが企業文化にもなっていきます。それにしてもみんなよく飲む。バスの中でもずっと飲み続けていました。我が社は酒豪ぞろいの会社のようです。

前夜祭の宴会
image001-No268.jpg

朝8時、新穂高ロープウェイで西穂高登山口へ。標高2,156m気温20度。昨夜の雨も上がり絶好のハイキング日和です。心地よい風を背に受けながら西穂高に向かって歩き出しました。いったん下ってから急な岩を上ると尾根の西穂高山荘に着きます。笠、乗鞍、白山、焼岳、穂高を見渡す360度の展望です。丸山を過ぎると這松もなくなり、急なガレ場が続きます。登り切ると目の前に独標がそびえていました。

image003-No268.jpg

稜線に立つと,おおーっ!槍まできれいに見えます。振り返ると歩いて来たいくつものピークの向こうに、乗鞍,御岳,中央アルプスの山々,前穂,明神に連なるように八ヶ岳,見下ろせば梓川に沿った上高地も見えます。河童橋辺りは多くの人出で賑わっていることでしょう。

image005-No268.jpg

敬子と私はいつもの調子でポレポレと最後尾をついていきました。やっと独標手前まで来たところで下山開始。下山のタイムを考えるとここまでが精一杯です。他の者達は独標まで登ったようです。竹内社長は独標から西穂高の最高峰を越えてさらにその先まで行ったらしい。彼の場合は、歩くというよりは走るか飛んでいるような感じです。その強靭な体力も出勤前登山年間150回達成という日頃の体力作りの成果でしょう。

全員無事に下山して記念撮影
image007-No268.jpg

トラックバック

2007年08月04日

No268 世界遺産白川郷

今夏の社内「歩こう会」では北アルプスの旅を楽しみました。
最初の訪問地は飛騨白川郷。貸し切りバスで大きな峠を越えて一気に山道を下ると、周囲を山に囲まれた盆地にある白川郷の集落が見えてきました。

世界遺産、飛騨白川郷の散策を楽しみました。
以前から一度は訪ねてみたかったところです。今回の企画をしてくれた増田部長に感謝。
http://www.shinshu-tabi.com/sirakawa.html

駐車場からつり橋を渡ると白川郷の集落です。両脇に土産物屋がたくさん並びます。のぞいてみると、白川郷の煎餅やまんじゅう、地酒、お茶などが並んでいます。大勢の観光客がぞろぞろと歩いていて、思っていた以上に観光地化が進んでいました。

image005-No269.jpg

集落の中央に白川郷どぶろく祭り館があります。どぶろく祭りを人形や模型を使って再現したもので、白川八幡宮の境内に建てられていました。お神酒のどぶろくを一杯いただきました。どろっとしたどぶろく特有の喉越しだが、これが実に旨い。

白川八幡宮
image007-No269.jpg

5階建ての合掌造りである明善寺郷土館に立ち寄りました(入場料:300円)。約200年前に立てられた庫裡(くり:住職の住むところ)で、珍しい5階建ての合掌造りです。農具や木工家具、炊事用具などが展示されており、これまで見てきた中では一番広いものでした。

image001-No269.jpg

白川郷は貧しい寒村の生活の歴史でもあります。往時の人は、その生活史が世界遺産となって世界中から人々が訪ねてくるようになるとは想像だもしなかったでしょう。

image003-No269.jpg

トラックバック

2007年08月02日

No267 「BS経営」商標登録記念講演会

8月2日、神戸経営研究会の「BS経営(R)」商標登録記念講演会が神戸市産業振興センターで開催され講師としてお招きいただきました。300名以上の方が駆け付けて下さいました。

「BS経営が強くてよい会社をつくる」をテーマに講演しました。H社の決算書を各テーブルに配布して、「BS経営」と「PL経営」の違いと、それぞれの特徴について説明しました。テーブル形式での講義は初めてでしたが、良い体験をさせていただきました。今回は大きな会場での講演でしたが、マイクの音量調節がうまくいかずに聞き取りにくかったのではと反省致しております。
image005-no267.jpg
image003-no267.jpg

<参加者の方からいただいたメール>
Y社長
幾度となく会長の講演を聞かせていただいていますが、立場が変わり、考え方が変わっているのか、感じ取れる言葉が以前と比べると違いがありました。また会長が話されるBS経営のメリットが今回は、より理解しやすくなっていると感じました。特に今回、経営者の心構えを学びました。私の人生をこの会社に賭け、社員も人生を賭けているわけです。一過性の利益追求では責任をもって幸せにはできません。私と社員の幸せを考えると、長期で磐石な経営体質にする必要があります。BS思考での経営が必要なのだと強く思います。当社も現在の自己資本と今後の目標を明確にしたいと思います。

Yさん
私は今、経理の勉強中です。会長の講演はおもしろく、励みになりました。

Sさん
『やってみなわからん!やったことしかのこらん!!』
このお言葉を久しぶりに生で聞かせて頂いて、本当に私何やってるんだろう、と思いました。私、21歳になったばかりです。まだまだ自分自身に甘えていることも多々あります。
でも今からやれることは、たっっっっくさんあります。

Hさん
木村会長がどんな思いで生きてこられたか、また、BS経営とはどんなものか、それがどれほど良い経営の仕方であるか、木村会長の熱い考えが伝わってまいりました。スタッフ全員とても感動し、新たな決意に燃え上がっております!!

トラックバック

2007年08月01日

No266 PLの花火

8月1日、友人からPLの花火大会(http://stephan.mods.jp/hanabi/PL.html)の特設会場に誘われました。大阪駅から貸し切りバスで2時に富田林市に着きます。周辺道路は交通規制されて4時からは通行止め。特設会場はPLの塔の近くで花火が打ち上げられる聖丘カントリー倶楽部(PL学園のゴルフ場)のすぐ手前の場所です。

花火は、世界平和を祈願するPLの教祖祭の1部として、1953年から行なわれているようです。PLの花火は、日本最大、ひいては世界最大の花火大会と言われ、毎年8月1日に開催されています。 初代PL教祖の残した遺言である「わしが死んだらこの教えは世界に広まることになる。だからわしが死ぬということは世界平和の為にめでたいことであるから、死んでも決して泣いたり嘆いたりしてくれるな。死んだら花火を打ち上げて祝ってくれ。」を第2代目教祖が受け継ぎ、PL花火を始めたとのこと。
 
300人の花火職人が12万発を1時間で打ち上げます。
花火の開演までには約6時間。付近は屋台が並び浴衣の若いカップルや親子連れなどで大賑わいです。主催者から配られた麦藁帽子、団扇、弁当、おやつ、ビールにお茶などを持って席に着きます。花見のような雰囲気です。
開演までの時間を持て余し、生ビール片手にバーべーキュー、ホルモン、焼き鳥、お好み焼きが並ぶ屋台を廻りました。

やっと夜の帳が下りて壮大な花火ショウの開演です。真夏の聖丘の夜空に繰り広げられる花火の競演。息もつかせぬほど次から次へと打ち上げられる大空に花開く花火の乱舞。天空に舞う花火が頭上に降りかかります。スケールの大きさ、質、量とも最高でこれを日本一いや世界一というのも納得がいきます。両サイド1kmに広がるナイアガラ瀑布は花火が滝のようにこぼれ、まさに圧巻です。ひときわ大きな歓声と拍手が夜のしじまに響き渡りました。ラストの約8000発の花火は絶句モノ。爆撃を受けたかのような閃光と地響きが丘陵一帯に広がりました。

2階特設会場
imagekaijou.jpg

河内長野のPL教団のある丘陵
image003.jpg

屋台が並ぶ
image005.jpg

豪華なバーベーキュー
image007.jpg

PM4時 通行止めの周辺道路
image2photos.jpg

午後7時45分花火の競演
image019.jpg

image029.jpg

image3photo.jpg

トラックバック

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web