« No288 資本金10億円の小さな大会社 | HOME | No290 BSビジョンを明確にし社員と共有せよ »

2007年09月13日

No289 2008年北海道洞爺湖サミット

12日、室蘭経営研究会に参加させていただきました。研究会の小沼会長、濱田副会長が千歳空港まで出迎えて下さり、例会の始まる前に登別温泉と洞爺湖へ案内して下さいました。洞爺湖と言えば来年サミットが開かれる場所でもあります。

image001-No289.jpg

2008年北海道洞爺湖サミットのメイン会場になるザ・ウィンザーホテル(http://www.jtb.co.jp/hotel_story/kokunai/01/index.asp)は、海抜600m頂上に位置し、サミット警備面では絶好の場所のように感じました。ホテルは麓の洞爺湖からは山城のように見えます。四方を絶景に囲まれた景勝の地で、東に洞爺湖、西に太平洋が見下ろせ、南には昭和新山や有珠山などの活火山が見えます。

サミットは来年7月の開催ですが、ホテルへの専用道路入り口ではすでに警備が始まっていました。

image003-No289.jpg
そのホテルの視察中に阿部総理辞任のビッグニュースが入ってきました。臨時国会で所信表明した後での辞任とは寝耳に水の話。政治の世界では一寸先は闇と言いますが正にその通りです。来年の洞爺湖サミットに誰が日本の首相として臨むのでしょうか。

室蘭経営研究会は3年ぶり2回目の訪問です。19時からの例会では「BS経営が強くてよい会社をつくる」をテーマに講演。「BS経営」の特徴と「PL経営」の特徴について説明しました。懇親会でも「BS経営」についての活発な意見交換が行われました。特に女性会員の熱心さには心を打たれました。

image005-No289.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web