« No291 分母は企業、分子は事業 | HOME | No293 シャンペンタワー会計理論 »

2007年09月18日

No292 やってみなわからん!やったことしかのこらん!

9月18日、大阪産業創造館(http://www.sansokan.jp/)のナレッジセミナーへ講師としてお招きいただきました(http://www.urbanbenefit.jp/k_seminer/)。

産業創造館が主催するセミナーの講演は今回が初めてです。
定刻6時30分、司会者の紹介をうけて壇上にあがりました。参加者の熱い視線でいささか気分が高揚しているのが自分でもわかります。大きな舞台を与えていただいたのだと自分に言い聞かせました。一呼吸おいて参加者としっかり目線を合わせ、そして語りかけるように話しを始めていきました。

image001-No292.jpg

前半は「逆境にまさる師なし」で半世紀の経営者人生、後半はバブル崩壊以降の「BS経営」を伝えました。
時には涙し、時には大きく頷きながら真剣な眼差しで聴いてくれているのが伝わってくると、いよいよ本調子になって大阪弁もでてきました。聴衆との呼吸も合ってきて気分が乗ってくる。与えられた2時間がとても短く感じました。最後に質問をいただき嬉しく思いました。

数十通のメールやハガキ、150通以上のアンケートを頂きました。特に「BS経営」についての関心が高く手ごたえを感じます。このセミナーの機会を与えてくださったNさんに感謝します。
今後も更に「BS経営」の啓蒙を通して中小企業の活性化に貢献していきたい。

Iさんからいただいたメール
昨日の講演で一番元気をもらったのはもしかしたら私かもしれません。悲しい出来事があり落ち込んでいたのですが、講演を聞き、あらためて負けたらあかん、投げたらあかんと思いました。
母子で講演を聞かせていただいたのですが、初めて木村会長のご経験を本ではなく、肉声でお聞きして、また力強い言葉と握手をいただいてパワーをもらったようです。分母と分子の話や、株取引などにも興味を持ち本を読んでいるせいか、BS経営の話もよく分って面白かったと言っておりました。あのあと二人で難波まで歩き、お寿司屋に寄っていろいろ話しました。若い心にも確実に響き、きっと、何かを掴んでくれたと思います。ありがとうございました。
本日は、有意義なお話をお聞かせ頂き本当にありがとうございました。

Oさんからいただいたメール
昭和34年に飯場の長になられたということでしたね。実は、私は昭和34年生まれなので、失礼ですが 一気に親しみを感じさせて頂きました。また時代に旨く乗られる才能には、正直、憧れを感じました。定時制高校が嫌で仕方が無かった。ということですがどうやって乗り切られたのか考えてみました。それは、周りに宣言し自分を逃げられなくする。 という方法を取られたという事でしょうか? 宅建の時も同じような感じですね。そしてバブルまでの成功の原動力は「とにかくやる」という行動力ですね。
また、父上・母上への思いをぶちまけられた話では 涙が出ました。私も父母には大変感謝しているのですが 父とは、あることが原因で疎遠になっています。色々な思いを受け入れ、本当に感謝しなければならない。そう決心させていただけました。
しかし、今日の1番の収穫は、BS経営法の話を聞かせて頂いたことです。
弊社のポリシーは「良い会社より強い会社になろう」です。しかし現実にやっていたことは、売り上げの増加を第一に良い会社になろうとしているだけでした。会社に帰り決算書を見て、恐ろしくなりました。今からやり直そうと思います。
本当にありがとうございました。

Uさんからいただいたメール
さすがに木村さんです。今日のお話は一段と迫力ありました。
今までに聞いた中でも最高、最高でした。初めての聴衆の方々は、本当に圧倒されたことでしょうね。
やはり体験談は何にも勝る説得力がありますね。感服です。
それにしても、何より凄いのは貴殿の実践経営力です。

Kさんからいただいたメール
木村会長様の本は涙して読ませて頂きましたが、昨夜の講演は感動致しました。
『逆境に勝る師は無し・・・』。その通りで、壇上の65歳の木村様は生き生きとされ、はつらつと、されていました。
B/S経営は、木村会長様のメルマガに再三再四登場し、いかに強い企業はB/S経営の大切を知らなければならないかは、日々経営者として肝に銘じさせられています。

弊社社員Hの感想
シナリオ通りとは行きませんが、一番会長の個性が出ていたと思います。参加者の声に「今まで売上UPのセミナーを受けて知識は得ましたが、それでも何故か上手くいきません。今日のBSを強くする話を聞いて、これだったのかと衝撃をうけました」と聞きました。初参加者でもPLからBSへの意識改革は成功だったと思います。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web