« No318 移民のエネルギー | HOME | No320 受戒 -その2 静寂の中でひたすら座る- »

2007年10月27日

No319 受戒 -その1 NY大菩薩禅堂金剛寺到着-

今回のNY訪問の目的は、NY大菩薩禅堂金剛寺の尊敬する嶋野栄道老師のもとでの受戒です。
期間は10月27日から11月4日まで。27日はオリエンテーション。受戒の為の期間は28日から11月3日までの7日間。11月4日に下山です。

大菩薩禅堂金剛寺 ( http://www.daibosatsu.org/dbzindex.html )は、アメリカ、NYのマンハッタンから車で3時間程のキャッツキル山中にある臨済宗のお寺です。NHK放送21世紀仏教への旅や五木寛之の著書でも紹介されています。嶋野栄道老師は、アメリカの地に仏教を広めている功績が認められ、2005年仏教伝道文化賞を受賞されました。

金剛寺は山中にあります。マンハッタンから向かう途中で激しい雨に見舞われました。ハイウエイを下り、だんだん細くなる山道を1時間程行くと金剛寺の入り口が見えてほっとします。嶋野老師はいつもの人懐こい笑顔で暖かく迎えて下さいました。

DSCF2882-No319.jpg

DSCF2879-No319.jpg

本日27日はオリエンテーション。受戒期間のスケジュールを見ると、起床は4時、夜の10時半までびっしりとスケジュールが組まれていてびっくり。ここまでハードなスケジュールであることは全く予想していませんでした。オリエンテーションの初日から早速座禅です。食事用に大中小の3つのお椀と箸をいただきます。同じものを期間中使います。飲み物も含め全てをこの3つを使っていただく精進料理です。今だに時差ぼけがとれず、夜眠れないのに、このようなハードスケジュールで体が1週間持つだろうか。。。という不安がよぎりました。

DSCF2921-No319.jpg



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web