« No340 強くて良い会社を創るために | HOME | N0342 蝸牛のような私の英会話上達 »

2007年12月05日

No341「BS経営」が強くて良い企業をつくる

12月5日、広島西経営研究会12月例会の講師としてお招きいただきました。
例会に先立ち経営研究会の会員企業2社を訪問させていただきました。K和裁社では、広い裁縫室で多くの若い女性が一心不乱に日本伝統の着物を縫い上げていました。同社の決算書を見せていただきながら同社の創業精神や経営理念、そして経営ビジョンをお聞きしました。同社は健全経営の優良企業です。さらなる成長発展を祈念して例会会場である日創研広島営業所(http://www.nisouken.co.jp/000369.html)へ向かいました。

image001-No341.jpg

定刻6時半には予定数を越える参加者が会場を埋めました。我々は「共に学び共に栄える」を理念とする勉強仲間です。私はバブル崩壊直後に経営研究会に入会して本格的に経営の勉強を始めてから15年になります。昭和の右肩上がりの高度成長経済の時代には、経験と勘と度胸にドンブリ勘定でも経営は可能でした。しかし、バブル崩壊後の情報革命と急速に進むグローバル経済の21世紀ではそれは通用しません。厳しい競争経済社会では、学ばない経営者は生き残れないでしょう。

image003-No341.jpg

経営研究会の会員は決算書をオープンにして共に学ぶ仲間です。これまで千社以上を訪問して決算書を見せていただきました。そして創業精神、経営思想、経営理念、経営ビジョン、戦略等を聞かせていただきましたが、優良企業に共通しているのが「BS経営」であったのです。弊社アーバンベネフィットでの「BS経営」を導入後の変化を財務数値で示しながら説明しました。驚きの目で話に聞き入る会場の反応が伝わってきました。予定の100分があっという間に流れていきました。

image005-No341.jpg<いただいたアンケートの感想から>
・目からウロコ、大きく考え方を変える。考えたことが実現するのですね。
・税金川を渡るという事大切。税金を避けてきたが、BSを見直したい。
・PL経営からBS経営にカタチをかえたい。10年後を見据えた経営をしたい。
・ビジョンの明確化、思いの具体化、周囲への伝えていく力、を持てるように勉強したい。
・事業と企業の違いが理解できた。体験談であるため説得力があった。
・講演の組み立てが面白かった。人生の波と社会・企業の波がマッチングして話しの展開が楽しく興味深くなっている。
・BSの大切さ、常に学び続けることの大切さ。自社がPL経営であることに気づいた。
・目からウロコが落ちるような気持ちで興奮した。
・自分の甘さを教えてもらった。何かを思いっきりやってみたい、気持ちにさせられた。
・本質を見抜く力をあらためて実感した。自己資本を明確に設定したい。
・数字と向き合うのは、現実に直面することで私の苦手な点だが勉強していきたい。
・関西弁に引き込まれ、あっという間の2時間だった。
・BS経営、目からウロコ。ファイトが沸いた。
・税金を真面目に払うことが強い会社を創るという点が印象に残った。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web