« No345 創造の時代 | HOME | No347 2つの国から得られる複眼思考を生かして »

2007年12月13日

No346 トップや幹部の経営姿勢

12月13日、日創研福岡研修センターで開催された福岡経営研究会12月例会の講師としてお招きいただきました。2年ぶり4度目の講演です。我々経営研究会は「共に学び共に栄える」を経営理念として中小企業活性化に取り組む勉強会ですが、今回は講演に先立ち定時総会にも参加させていただきました。

image001-No346.jpg

同会は設立15年で、現会長は株式会社ベスト事務機代表取締役 塚崎ひとみさんです。今年の会員拡大が25名、さらに本日の例会で5名を拡大し計30名になるとの報告でした。全く素晴らしい躍進ぶりに驚かされました。

image003-No346.jpg

経営研究会でも会社の経営でも同じだと思います。トップや幹部の経営姿勢が業績にでてきます。弊社アーバンベネフィットの2年間の変化成長は、「BS経営」威力であると伝えましたが、なかでも「BS経営」が経営幹部や経営社員を育てる凄さについて具体的事例と数値を交えながら説明しました。勉強仲間と熱く語るうちに与えられた2時間があっという間に流れていきました。その後の懇親会では、一問一答形式の経営問答が夜の更けるまで続きました。

塚崎会長はじめ皆様の歓待に心から感謝します。
総会に参加させていただき勇気をいただきました。ありがとうございました。

<塚崎ひとみ福岡経営研究会会長からいただいたメールより>
こんにちは、福岡経営研究会の塚崎でございます。昨日は大変お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。まだ研修未受講の方からお問い合わせいただき日創研の経営管理部に繋ぎました。数名のご入会見込みがありますので嬉しい報告ができるようにモティベートします。
皆さん真剣に聴いておられましたし、参加した社員も随分話しが伝わるようになって有難いことです。次年度は全会員が経営計画書を作成することを目指して、各委員会さんに取り組んでいただくのでいい切っ掛けになったと思います。BS経営の伝導者が増えるよう頑張ります。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web