« 2007年12月 | HOME | 2008年02月 »

2008年01月31日

No366 ワクワクする将来ビジョン構築能力

1月31日、第15期起業家養成スクールの開校式3日目のカリキュラムが日創研大阪センターで開催され、「創業の精神」の講師としてお招きいただきました。

image001-No366.jpg

父の死後、長男である私は家族を養う為に、1957年11月島根県から大阪へ17歳で出稼ぎに来ました。その時の飯場の体験が、その後の土建業の創業へとつながり、戦後復興のホローもあって私の手がけた事業は急速に成長していきました。当時は戦後の高度成長期でしたから、チャンスは幾らでもあり、経験、勘、度胸にドンブリ勘定のKKDDで経営が可能でした。勢いに乗ってバブル崩壊まで手当たり次第に事業を拡大し、そしてバブル崩壊と共に経営が行き詰ったのです。

image003-No366.jpg

バブルが崩壊し経営が行き詰って初めて知った勉強不足。ドンブリ勘定のつけが一気に吹き出ました。日創研との縁で経営の知識を本格的に学ぶ中、「BS経営」の重要性に目覚めました。自分の会社に「BS経営」を積極的に導入した結果、会社が見違えるように変化してきました。オーナーシップを持った経営社員が育ち、社内から後継経営者を指名するまでになりました。これらの成果を、弊社の経営数値も交えながら説明しました。

また「BS経営」では、10年後20年後の明確な「BSビジョン」を持ち、それを熱く語る中で社員全員が夢を共有していきます。その一環が「10年後の手紙」なのです。
経営者に求められるのは、ワクワクする将来ビジョン構築能力です。その夢ビジョンが社員を育てるのだと締め括りました。
これから1年間、起業家として大きく成長して欲しいと願う。

2008年01月29日

No365 起業家への決意

1月29日、第15期起業家養成スクール開校式が日創研大阪センターで開催されました。

image002-No365.jpg

image003-No365.jpg

今期も全国から20名の精鋭が集まりました。参席した会社上司や父兄の熱い視線を感じながら、これからの1年間を元気一杯に研修カリキュラムに取り組む決意を一人一人が表明していきました。

今日の開校式に全国から駆けつけてくれた起業家養成スクールの先輩からも激励の挨拶やエールをいただきました。

起業家とは何かを、そして起業家精神をこの1年間でじっくりと学んで欲しい。

2008年01月25日

No364 経営セミナー次代塾

1月25日、堂島ホテルで開講された大阪青商工会主催の経営セミナー次代塾の講師としてお招きいただきました。30代中心という若い参加者達の熱い視線を感じながら登壇。

会社というのは生物と同じで、環境に適応しないと生き残れません。ですから経営とは変化対応業なのです。事業経営も人生経営も変化に対応するものだけが勝ち残る。特に21世紀に入ってから我々を取り組む環境変化は著しくスピードが早い。情報革命とグローバル経済の中、世界中で凄まじい競争がしのぎを削っています。しかしながら、その中にはチャンスも多く潜んでいるのです。変化を恐怖と捉えれば「ゆで蛙」になってしまいますが、若い皆さんは今の変化をチャンスであると前向きに捉えて欲しい。

image003-No364.jpg

ビジネスを成功させる為には、未来への明確なビジョン・夢も重要です。明日のことを考えないで生きている人間と、10年先のことを考えながら生きている人間と、100年先のことを考えながら生きる人間とでは、度量の広さも違ってきます。人間とは常に未来に向かって生きることのできる存在です。
また、経営とはBS(バランスシート)を良くすることです。5年後10年後、20年後のBS経営を描き、そのワクワクするような夢を語り伝える中で、夢を持った社員が育っていくのだと締め括りました。

image001-No364.jpg

身を乗り出し食いつくような眼差しで傾聴していただき、与えられた90分が飛ぶように流れました。懇親会も大いに盛り上がりました。
若い彼らの大いなる前途を期待したい。


<いただいたアンケートの感想から>
・初めてKYCセミナーに参加させていただきました。人材育成にとても興味があり、今後も必ず参加させていただきたい。
・BS経営の大事さ、夢を具体的に設定することの大事さを理解した。非常に励まされる内容だった。
・今までの経営スタイルを変えようという勉強会だったと感じた。ちょうど迷っていたところなので、はっきり道を選べて良かったです。
・非常によかった。もっと聞きたかったです。時間切れがもったいなかった。

2008年01月23日

No363 アーバンベネフィットの経営

1月23日、弊社主催の第55回早朝勉強会を梅田センタービルで開催しました。本年度の最初の早朝勉強会です。今回は「アーバンベネフィットの経営」をテーマに私が講師を務めました。

image001-No363.jpg

企業が永続していくには、時代変化と共に絶えず変化していかなければなりません。「ゆで蛙」では生き残れないのです。
弊社アーバンベネフィットは、前身である関西ホームの賃貸仲介業から賃貸管理業を経て企業再生へと、大きく事業を変化させてきました。経営とは正に変化対応業なのです。

1985年創業、バブル経済の波に乗って発展した後、バブル崩壊に遭って窮地に追い込まれましたが、そこから15年かけて生還することが出来ました。その創業から20年間に培った経験が、現在の事業である[企業再生]のビジネスモデルになりました。そしてバブル崩壊の教訓によって、「PL経営」から「BS経営」へと大きく軌道修正しました。

image003-No363.jpg

また、「BS経営」が全体最適の経営社員を育てました。中でも後継社長の竹内君は「自立」を掲げて目覚しいばかりに会社を成長させました。竹内社長が就任時に掲げた自立とは、個人の会社から我々の会社、そして社会の会社へという経営レベルの脱皮でもありました。

最後に「10年後の私からの手紙」を朗読して勉強会を終えました。早朝から熱心に傾聴していただき感謝。

2008年01月19日

No362 気と組織

1月19日、エール学園(http://www.ehle.ac.jp/)で早朝8時からのIMA経営研究会(インターナショナル、メンタリング)の月例勉強会に参加しました。

最初に吉川先生から知力(IQ)感力(EQ)行力(BQ)活力(SQ)そして場力(FQ)について講義をいただいた後、今日は私の発表の番です。


image005-No362.jpg


テーマは「気と組織」で先月にいただいていたのですが、なかなかうまく纏まりません。考えれば考えるほど分からなくなってくる。今朝は早朝4時からの1時間の座禅中にも考えましたがそれでも上手く纏まりません。自分は経営者だから経営以外のことは分からないのだからと腹をくくって、テーマの「気と組織」を会社の経営と自分の人生経営の中から伝えようと決めてプレゼンに臨みました。

「気と組織」を、組織とは会社で、気とは社内の空気つまり社風としました。一方私自身については、組織とは与えられた環境や条件である現実の社会で、気とは気概(困難を乗り越えていこうとする強い気性)であるとしました。40分間のプレゼンで、最後に「10年後の私からの手紙」を朗読して締め括りました。


image001-No362.jpg


参加者の一人一人から批評やフィードバックをいただきました。宇宙はバランスで、言霊(ことだま)と数霊(かずだま)があり、バランスは生き方でもあるのだ教えられました。MVPのMはミッション、Vはビジョン、Pはパッションであるとの説明に納得。
私の経営人生で感じたことの中から「気と組織」にあてはめてプレゼンさせていただきましたが、好意的に受け止めていただきホッとしました。この勉強会は新しい知識の仕入れの場になり感謝しています。

2008年01月18日

No361 東京本社ビル視察

弊社アーバンベネフィットは、4月1日から本社を東京へ移転します。
東京本社が入居する大和生命ビルを視察に行きました。大和生命ビルは日比谷通りに面して建ち、帝国ホテルの南側、NTT、みずほ銀行本店ビルの北側に位置し、最高の立地で申し分ありません。


image001-No361.jpg


image005-No361.jpg


昨年から予約していましたが、自分の目で確認して感動がこみ上げてきました。東京進出は20代からの夢ですから、半世紀の歳月を重ねての実現です。入居予定の14階に上がってみました。日比谷公園に面し、日比谷公園、皇居、霞ヶ関、国会議事堂が目の前に見えます。嬉しい。

昨年はターニングポイントになった年です。今年からは第3次3カ年計画も始まります。ここを起点にして思いっきり動いてみたい。


image003-No361.jpg

2008年01月15日

No360 続けると本物になる〜人生は思ったようになる、思った以上になる〜

1月15日、三菱ビルテクノサービス労働組合主催の第54期「新春MELTEC−Uトップセミナー」が東京都港区のメルパルクTOKYOで開催され、講師としてお招きいただきました。
会場正面には「生きる」の標語が掲げられていました。私に与えられたテーマは「続けると本物になる」です。目標達成意欲と続けると本物になることの実証から、継続することの重要性について認識を深め、今後の活動に役立てていきたいとありました。


image001-No360.jpg


労働組合幹部50名、会社役員20名の真剣な眼差しを受けて壇上に上がりました。経営とは「生きる」と同義語です。変化に対応することが会社経営であり人生経営であると、50年の経営者人生からの経験を交えながらスピーチしました。

私は今まで、常に多くの目標を掲げながら生きてきました。数多くの千回目標の達成についても話しました。目標達成の過程が私を育て成長させてくれました。目標のない人生は考えられません。未来に明確なビジョンがあり目標があれば、ワクワクしトキメク人生になるのです。最後に「10年後の私からの手紙」を朗読してスピーチを締め括りました。


image003-No360.jpg

2008年01月13日

No359 MUKKの新年会

1月13日、芦屋のホテル竹園でMUKKの新年会を開催。この会は大阪府大大学院在学中に仲の良かった学生4人の集まりで、各々の頭文字をとってMUKKの会としたものです。

在学当時、授業後に居酒屋で四方山話に花を咲かせながら酌み交わす酒は旨かった。特に劣等性の私にとっては、MUKKのメンバーは応援団のような存在で心強く感じたものです。恐妻家ぞろいのメンバーは、誰彼と無く細君を正式メンバーにということで合意。今回で4〜5回目の会合になります。


image001-No359.jpg


久しぶりに会ったメンバーは、大学院終了後の近況を伝え合いました。

MUKKの会長松葉さん(http://mazba.com/)は、大阪市大大学院の博士課程へと進み更に学びを継続する傍ら、毎月のように沖縄を訪ねているとのこと。 

植田さんは担当教授補佐として府大大学院で研究を継続。大学院終了の記念にスペイン観光を楽しまれたようです。

川辺さんは故郷の静岡の大学で教鞭をとられる傍ら好きな絵画も描いておられる。

私は大学院のMBAを取得した後、NYの金剛寺で受戒接心をして法名「鳳雲」をいただき、人生第3のターニングポイントを迎えました。

楽しい時間は瞬くに流れました。お互いの健康と再会を誓い合いました。

2008年01月11日

No358 韓国伝統の古典舞踊と精進料理

韓国滞在中に、山菜を主な食材にした精進料理のレストランで食事をしました。この店のオーナーは20年以上も山寺で修業をしたとのこと。
韓国古典舞踊を鑑賞しながら、欧米の観光客がしきりにカメラのシャッターを押していました。


image001-No358.jpg


image005-1-No358.jpg


床はオンドルで暖かく心地よい。温まった身体に冷えた濁酒が、五臓六腑に滲みわたりました。テーブルに載せきれない程の山菜料理が次々と運ばれてきます。漢字を見ると意味はだいたいわかります。ハングルを別にすれば、日本の街と同じ感覚で親近感が持てました。


image003-No358.jpg


image005-No358.jpg

2008年01月10日

No357 ソウル視察

1月9日と10日、ノンバンクの立ち上げの投資依頼を受け、現地調査の為に5年ぶりにソウルを訪問しました。
韓国資産情報サービス設立準備事務所のK代表から事業推進概要の説明を受けました。K代表は韓国最大の銀行である国民銀行で27年間、融資業務、株式、債券業務、資金運用業務などを歴任されたという経験を持つ金融のエキスパートです。


image003-No357.jpg


事業計画に関して次の項目について説明を受けました。
1. 参加資本に対する法的安全措置について
2. 資金管理の権限について
3. 為替リスクヘッジについて
4. 資本参加の形態について
同行した日本サイドの専門家の先生、及び弊社の竹内社長と瀧本常務が、質疑応答しながら細部を詰めていきました。


image001-No357.jpg


その後、市内の高層マンションを案内していただきました。具体的事例調査の為に40坪〜70坪の部屋を見せていただきましたが、日本の2倍から3倍の広さで、坪当たり400万円以上、2億円から4億円以上という凄まじい価格に驚きました。このようなマンションを誰が購入するのであろうか。

2008年01月05日

No356 敬子の登山目標

1月5日、登山でいつものように妻の敬子と阪急岡本から保久良神社の境内を通ると、六甲の主の猪が家族連れで悠々と闊歩しているのに出会いました。敬子はその猪の横で何事もないかのようにしばし輪投げに興じていました。

image001-No356.jpg

いつも時間の有効活用を考えてバタバタしている私と違って、敬子は悠長に構えて一つ一つを楽しみながらやるスタイルで、私とは根本的に価値観が違います。
敬子の今年の登山目標は120回。意欲的な目標を掲げました。昨年は72回で累計710回を達成しています。このピッチでいけば私の千回登山と一緒にゴールも可能になってきました。2年前の足の骨折による1年間のブランクを取り戻すのですから凄いことだと思います。私は最近の登山ではイヤホーンで英会話を聞きながら登ります。今日の登山で私のイヤーホーンを貸したら満更でもなさそうでした。イヤーホーンで英会話を聴きながら歩くと、英会話のレッスンにもなり一石二鳥だと勧めてみました。さて、私と価値観の違う彼女はどのように活用することか。

image003-No356.jpg

2008年01月04日

No355 勝尾寺のダルマと目標祈願

元旦に石切の白光神社と勝尾寺(http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/ )を参詣しました。



今年も白光神社をお参りした後、箕面から山道を歩いて勝尾寺を詣でました。バブル崩壊後から毎年続けている我が家の年中行事です。あの苦しかったバブルの窮地から救ってくれました。勝尾と勝男も縁起がいいように思います。毎年、その年の目標成就を祈願していますが、勝尾寺のご利益は確かにあると思います。昨年のダルマに両目を入れてお礼と共に返納しました。

ダルマに片目を入れて棚に飾りました。今年も1年間ずーっと私を睨んでいます。「1年の計は元旦にあり」「一日の計は早朝にあり」「1週間の計は月曜にあり」と考え、日々実践して達成していくのです。そして週、月、四半期、半年毎のチェックが肝心です。目標を掲げて公言すればプレッシャーになる。プレッシャーを人為的に作り出し挑戦する。それが日々新たな生き方につながるように思います。目標の無い人生は考えられません。
 
目標を掲げてチャレンジすることが若さの秘訣だと思います。目標があるから学ぶ。学ぶことは青春の証だと勝手に解釈しています。
今年も熱く燃えていきたい。

2008年01月03日

No354 母と迎えたお正月

一時帰宅の許可をいただいて母とお正月を共にしました。
母にとっては今年引っ越した豊崎のマンションは初めてです。子供や孫達も顔を見せて母の帰りを歓迎してくれました。いつもは敬子と二人だけのマンション暮らしですが、久しぶりに家族の賑わいで豊かな時間になりました。

僅か2日間の滞在でしたが24時間の介護が必要です。看護士でもある娘の明淑が全てを引き受けてくれて助かりました。母も時折笑顔を見せてくれていました。家の空気が本人に伝わっているのでしょうか。

母が施設にお世話になって4年の歳月が流れました。いつも親切丁寧に介護していただき感謝の思いで頭が下がります。
2度と無い人生。母には少しでも長生きして欲しいと願う。


No353 2008年の目標

今年も10大目標を掲げました。
目標追求型の私は毎年目標を明確にします。

1. 登山(健康第一)50回
2. 精進料理(健康の増進)自宅では毎日
3. 坐禅(静の開発、熟慮、泰然)毎日30分以上
4. 習字(精神統一、筆字の練習)般若心経写経500枚
5. 英会話(英語で話したい)200回レッスン
6. メルマガ(広報活動)毎週発信
7. ブログ(広報活動)隔日150回発信
8. 出版(広報活動)「BS経営のすすめ」「木村勝男の失敗のすすめ」
9. 講演(広報活動)全国各地70回
10. 海外視察(新ビジネスの開発)7回以上

会社も今年から第3次3ヵ年計画がスタートしました。壮大なビジョンを達成する重要な期間となりますが、私も広報活動でサポートします。

2008年01月01日

No352 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は弊社の第2次3ヵ年数値目標を達成することができました。昨年掲げた個人目標も東奔西走しながらもクリアできました。これもひとえに皆様方のご支援の賜物だと感謝し御礼を申し上げます。

昨年11月、嶋野栄道老師のもとニューヨーク大菩薩禅堂金剛寺で受戒接心をさせていただきました。法名「鳳雲」をいただき、我が人生第3のターニングポイントになりました。

今年からは弊社の第3次3ヵ年計画に入ります。100年企業の体制作りです。個人的にも「10年後の私からの手紙」には壮大なビジョンを描きました。健康に充分に留意しながらビジョンの実現に向かって取り組んでいきます。

生涯チャレンジャー、生涯勉強、生涯現役、生涯青春をモットーにして、熱く熱く燃える1年にする決意でいます。

今年も昨年同様にご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


2007年 元旦  アーバンベネフィット株式会社 取締役会長 木村勝男


〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目4-12梅田センタービル9階
TEL 06−6373−8051 FAX 06−6373−8052

nigaoe-2008Newyear-No352.jpg

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web