« No373 保久良梅林 | HOME | No375 日本版サブプライム問題 »

2008年02月19日

No374中期経営計画作成のポイントは

2月19日、ユーザックシステム株式会社( http://www.usknet.com/company/)の中期経営計画立案セミナーの講師としてお招きいただきました。同社の本社会議室にて9時から12時までの3時間、同社の幹部及び同社のユーザー様と膝を交えながら弊社の事例を説明しました。

image003-No374.jpg中期経営計画作成では、会社の経営ビジョンが中核をなします。我が社では、オープンブックマネージメント(透明会計)で財務数値を全てオープンにして社員が成果を共有しながら、かつ経営ビジョンで会社の未来を明確にしています。目標として次の3つを掲げています。
1. 100年企業
2. 中小企業再生のトップ企業
3.「BS経営」のモデル企業
そして会社のミッションとして「すべては中小企業の活性化のために」を掲げています。その経営ビジョンやミッションを具現化していく過程が中期経営計画だと思います。

我が社は1991年に初めて中期経営計画を作成しましたが、うまく軌道にのりませんでした。いろいろ原因はありましたが、今振り返ってみると経営ビジョンが不明確であったのが一番大きな原因の一つであったように思います。会社の経営ビジョンやミッションが明確になってからは、会社が目覚しく成長してきました。財務を公開し経営理念、ビジョンを共有するなかで、社員一人一人がオーナーシップを持った“経営社員”に育ったことも会社の躍進につながりました。
セミナー終了後のランチタイムでも人財育成についてのディスカッションが続き、充実したセミナーとなりました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web