« No378 言葉の威力、口ぐせ理論実践塾 | HOME | No380 社会への利益還元は再生企業の使命 »

2008年02月27日

No379 小さな超一流企業づくり

オービック・コミニケーションプラザ(京都会場)で株式会社オービック情報システムセミナー(http://www.obic.co.jp/fair/kyoto.html)が26日・27日両日に開催され、2日目の特別講演の講師としてお招きいただきました。

image001-No379.jpg

13時から「強くて良い会社づくり P/L経営からB/S経営へ!」をテーマに90分スピーチさせていただきました。昭和の高度成長時代の旺盛な需要を背景にした売り上げ重視のP/L経営は、バブル経済の崩壊と共に行き詰りました。バブル崩壊から「失われた10年」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F10%E5%B9%B4)を経て迎えた21世紀の経済では、供給過多の熾烈なグローバル競争とIT革命の中で変化対応力とスピード経営が要求されています。

かつての我が社の経営は、売り上げ重視の完全なP/L経営でした。P/L経営の結果、バブルの崩壊で巨額の負債を背負うことになり、それがターニングポイントになって近代経営に目覚めました。勉強会で多くの企業をベンチマークし決算書を見せていただきながら掴んだコツはB/S重視の経営でした。15年間我が社が「BS経営」に取り組んだ結果は、B/Sの財務基盤に驚くほど表れてきました。と同時に決算書の読める経営社員が育ったのが最大の収穫でしょう。

現在弊社は2015年ビジョンを掲げていますが、正直これはかなり大法螺だと思うのです。しかしながら、その大法螺が更に予想した以上の飛躍の舞台へと前進させていくのです。それを具体化し数値目標を入れた「10年後の私からの手紙」を朗読してセミナーを締め括りました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web