« No404 芦屋川の桜 | HOME | No406 ユーザックシステム経営者セミナー »

2008年04月09日

No405 今日の飯の種と明日の飯の種

4月8・9日、出雲市から米子市そして鳥取市へ出張。岡山のM社から依頼の新規B事業案件を調査しました。今回のB事業は、過疎対策としての地域振興にも繋がるだけに事業としても大変魅力があります。

image001-No405.jpg
↑出雲空港

すでに数年前にオープンして稼動している出雲市郊外にある施設を午後8時頃視察。娯楽の少ない過疎地でこのような施設を地元自治体も歓迎しているのを実感しました。
翌日早朝に鳥取市郊外にある予定地を調査。地元自治会連合会の同意書、地元商工会の用地提供の協力と誠意を持って全面的に協力するという書面、地元町長・商工会会長の歓迎書面等も見せていただきました。

「百聞は一見に如かず」です。現地を実際に訪問し、さらに関係者にお会いして直接話しを聞かせていただきます。事業概要ならびに新設事業計画書(案)、商圏人口・来場予測、投資計画などの説明も聞かせていただきました。

image003-No405.jpg

事業は絶えず変化していきます。変化に対応するには、今日の飯の種である事業が健在である間に明日の飯の種を準備するのは当然であると言えるでしょう。しかしながら数ある新規案件の中で実現するのは数パーセントに過ぎないのが事実です。ですから絶えず変化に備えて開発をしなければなりません。

image005-No405.jpg
↑鳥取駅

新規事業案件調査は白地に絵を描くようなもので、イメージを膨らませるとワクワクしてエキサイティングです。
鳥取市は今回初めて訪ねましたが美しい街です。帰途は鳥取駅からJRで帰阪しました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web