« No600 小さな結婚式〜大きな幸せを祈る | HOME | No602 私塾「実践BS経営塾」開塾〜“21世紀に生き残れる本物の会社”づくり »

2009年04月21日

No601 人が宝、小さくても強くて良い会社をつくれ!〜同友会オンリーワン研究会

4月21日、大阪阪急ターミナルスクエアーでオンリーワン研究会オープン総会が開催され、記念講演講師としてお招きいただきました。
オンリーワン研究会は、大阪府中小企業家同友会の会員で作られる学びの会です。

image001-No601.jpg
image003-No601.jpg
「人が宝、小さくても強くてよい会社をつくれ!」をテーマに、
1、経営とは環境変化対応業であり、
2、その為には「BS経営」で強くて良い企業にし、
3、放牧経営で人材(経営社員)を育成
の3項目でスピーチ。

バブル崩壊後の苦い経験からBS経営に切り替え、一人当たりのものさしを持ち、小さくても強い会社として経営を大きく改善した我が経営人生から話しました。

熱心に聴き入る参加者に手ごたえを感じました。
懇親会も盛り上がり、熱い時間を共有できました。

<頂いたメールから>
Hさんからいただいたメールから
こんばんは、H(オンリーワン研究会アドバイザー。同友会とのお付き合い27年目)です。夕べの当会総会では、素晴らしいご講演を拝聴させていただき、ありがとうございました。日本経済の歴史をコンパクトに解説くださったうえ、決算書の見方まで伝授くださいまして、非常に勉強になりました。ところで、14歳でお父様が他界されたこと、社会人大学院を修了された点、当方と近似しております。私も、13歳の冬に父が急死しましたし、50歳のときに大阪市大の社会人大学院を修了いたしました。
母が女手1つで、兄弟3人(私は真ん中)を大学まで出してくれましたことは、本当にありがたく感謝しております。昨秋、4つ年上で、同じく大阪市に奉職していた兄が急死し、時々母の様子を伺いに実家に戻っております。今夜も、実家に顔を出して、先ほど帰宅したところです。そのため、お礼が遅くなり、心苦しく存じます。さて、オンリーワン研究会は、活動がマンネリ化し、再生期に入っております。それゆえ、夕べのお話はメンバー企業にとって非常にいい刺激になったことと思います。微力ながら、私自身、会員企業さんとともに学びながら、大阪、関西、日本、さらに世界に貢献できるよう尽力したいと存じております。

Kさんからいただいたメールから
昨日の「オンリーワン研究会」では素晴らしいご講演を拝聴させて頂き、本当にラッキーな日でした。又、その後の懇親会ではあまり時間が無く充分にお話ができずに残念でしたが、次の機会を楽しみにしております。私も基本的には常に前向きに生きているつもりですが、状況によっては、いつの間にか後ろ向きになっているときがあります。そこで、会長がおっしゃられていた「心の倉庫」に保管するべきものを常に監視し、「SSS」をモットーにこれから邁進することにしました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web