« 2010年10月 | HOME | 2010年12月 »

2010年11月20日

No865 京都紅葉散策 

11月20日の土曜日、敬子と久しぶりの京都散策を楽しんだ。
好天に恵まれた京都は晩秋の紅葉を求める大勢の観光客で賑っていた。阪急河原町から祇園を抜けて知恩院。そこから更に南禅寺、そして哲学者の西田幾多郎が思策に耽りながら歩いたという哲学の道を歩いて、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する銀閣寺へ。
境内は大勢の観光客でカメラのシャッターチャンスも難しい。

南禅寺は1291年、亀山法皇が無関普門禅師を開山に迎えて開創した。
↓南禅寺
image001-No865.jpg
image007-No865.jpg
image009-No865.jpg
↓哲学の道  
image013-No865.jpg

↓銀閣寺 
image019-No865.jpg
image021-No865.jpg

image015-No865.jpg

時間の許す限り京都の神社仏閣を訪ねているが、何度来ても新しい発見がある。
四季それぞれの美しさがある。歴史がある。
磨きぬかれた品性がある。

京都は世界遺産に相応しい日本の宝、世界の宝だと思う。
いつでも手軽に観光できる幸せを感謝。

2010年11月16日

No864 平成の坂本龍馬になれ!〜きんさん経営者セミナー

11月16日、神戸ポートピアホテルで開催された近産神戸支店「経営者セミナー&懇親会」の第1回講師としてお招きいただいた。このセミナーは神戸支店お取引先の次世代を担う若手経営者の方々の情報交換やビジネスマッチングなどの交流の機会として企画されたものである。

image003-No864.jpg

冒頭に我が経営人生のDVDを放映。昭和時代の経営から平成でのBS経営への変化を、我が経営人生を解説しながら伝えた。

この勉強会には次世代を担う若手経営者の方々が多数参加されていた。
元より「経営とは変化対応業」である。
100年に一度の大変化を大きなチャンスとして活躍して欲しい。
特にバブル崩壊後の日本経済は閉塞感に包まれている。
時代は“平成の坂本龍馬”のような経済維新を興す若者を求めていると檄を飛ばした。

90分間の講演であったが、参加者の熱い思いが伝わってくる。拙い体験談であるがご清聴いただき感謝。

image001-No864.jpg

懇親会でも多くの質問をいただき、一人ひとり対応しご回答させていただいた。

image005-No864.jpg
<Mさんからいただいたメールから>
先日はきんさんセミナーで大変勉強になるお話しをありがとうございました。
久しぶりにぐーっと引き込まれるセミナーでした。
私どもホテル運営をはじめウィークリー・マンスリーマンション事業をしておりますがホテルを含め全て固定資産を持たずにやっています。
リスクを負うことなくやってきたのですが 一時は銀行などに固定資産がないから・・・と言われておりましたが、会長のお話を聞きやっぱり持たずにやってきてよかったと改めて思いました。
今後は会長がおっしゃっていたようにバランスシートを意識した目標とビジョンを明確にしがんばっていきたいと思います。

2010年11月13日

No862「放牧経営」〜日創研筑後広域経営研究会11月例会 

11月13日、筑後広域経営研究会の11月例会が久留米市の泉屋酒販3Fホールで開催され講師としてお招きいただいた。2005年12月に同経営研究会の創立総会にお招きいただいて以来5年ぶりになる。
今回は「放牧経営」をテーマにいただいたので弊社UBI社長竹内泰光と参加した。

image005-No863.jpg

講演に先立ち我が経営人生を収録したDVDを放映。バブル経済の崩壊から本格的に経営を学び「BS経営」に発展していった。「BS経営」が「BS社員=経営社員」を育て現在へと繋がった。今日の講演案内にも“「放牧経営」(自立した生産性の高い社員「経営社員」の育て方) ”とある。

image001-No863.jpg

竹内は2003年の事業承継後、僅か4年で資本金10億円へと成長させてくれたが、その過程の経営について財務数値を交えながら説明。更に徹底的な少数精鋭主義が変化対応力のある企業になると確信したこと、そのためにはコラボレーションの必要性があると静かな口調で語った。参加者の真剣な表情に手ごたえを感じた。

↓UBI社長竹内泰光のスピーチ
image003-No863.jpg

↓例会会場 泉屋酒販3Fホール
image007-No863.jpg
<HSさんからいただいたメールから>
お二人のお話の中から勇気と希望、そして沢山の夢をいただきました。人として経営者としてまだまだ未熟者ですので、今後も木村会長を人生の師として精進してまいります。当面の目標も10年後、一人当たり自己資本額1千万を目指します。

<OYさんからいただいたメールから>
先日は、大変ありがとうございました。
私共の会社も大きな目標ができて、とても嬉しく思います!

2010年11月12日

No861「学びだおれ 笑いだおれ 食いだおれ」〜夢現社セミナー大阪大会

11月12日、新大阪丸ビル研修室で日創研12TT修了生による勉強会が開催され講師としてお招きいただいた。テーマの「学びだおれ 笑いだおれ 食いだおれ」に相応しく盛りだくさんの内容になっている。
午前中は落語家乱坊氏の「今日から使える笑の力」の講談があった。

↓びわこホームの上田裕康社長の講演
image001-No862.jpg
↓株式会社フォスターワンの坂上仁志社長の講演
image003-No862.jpg
午後からは「地域市場90%のカリスマが語る理念とは」をテーマに株式会社びわこホームの上田裕康社長の講演。

20年前の500万円という小資本での開業が現在の彼を創ったのだ。ハングリーはチャンスなのだ。創業時の思いを熱く語る姿に起業家魂を感じた。

その後「ランチェスター戦略」について株式会社フォスターワンの坂上仁志社長から解り易くお話をいただいた。さすが人気の高い講義だと感じた。

最後に私が「BS経営のススメ」をスピーチさせていただいた。
長時間の研修で参加者も疲れていたようだが、閉塞感に包まれた今の状況を如何に脱皮するか、それがBS経営であると数社の事例をあげながらスピーチ。

image005-No862.jpg

<主催者からいただいたメールから>
先日11月12日は、新大阪でご講演いただき、まことにありがとうございました。
木村さんの壮絶な人生を聞き、またBS経営がいかに大事か、会社を強くすることの大切さなど、本当に勉強させていただきました。
参加者からも「本当に参加してよかった!」という嬉しい声をたくさん聞くことができました。本当にありがとうございます。

2010年11月10日

No860 ペット&リゾート視察〜企業訪問

11月10日、ペット&リゾート予定物件を視察。
箱根の宮ノ下温泉に位置する抜群の好立地。開業後をイメージするだけでもワクワクする。
お正月の箱根駅伝の際には大変な賑わいで、ホテルを予約するだけでも困難だという。ここであれば“ペット&リゾート”の名に相応しい館になるであろう。

image003-No860.jpg

現地をご案内下さった不動産業者の説明を受けて、アットエフの鈴木社長もこの立地ならと意気込みを語っていた。

image001-No860.jpg

ペット&リゾートも軽井沢、伊豆、千葉など数物件を視察させていただいた。ペットビジネス業界について更に理解でき嬉しい。

2010年11月05日

No858 カスタマーリレーションテレマーケティング社訪問〜企業視察

11月5日、株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング社を訪問。
西本社長はUBIの若手勉強会である「新規事業研究会」のメンバーでもある。

image001-No858.jpg
↑西本社長は右から二人目

事業を立ち上げて僅か3年間で資本金10万円から9000万円に急成長。事業内容はCRM事業、受付代行業、人材派遣業。10月末での社員数は1200名とお聞きした。

(CRM:Customer Relationship Management とは情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。)

雇用に関しては、まずアルバイトで採用してから優秀な人材を社員として残しているので、非常に優秀な人材が揃っているとのこと。
「顧客生涯価値の最大化」を目指した企業のニーズを吸収して急成長している。

彼の経営手腕には驚かされる。
起業家精神旺盛な青年実業家である。
同社の壮大な将来ビジョンをお聴きしたが、彼は正に平成維新を成し遂げることの出来る器の持ち主だと感じた。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web