« No.916 母親の納骨法要〜「先祖の日」 | HOME | No.918 東日本大地震視察〜岩手県三陸海岸陸前高田市 »

2011年04月01日

No.917「どん底からでも生きていけることを伝えたい」〜8回シリーズ逆境経営セミナー

4月1日、エックスアイティー株式会社主催の逆境経営セミナーが産創館で開催され講師としてお招きいただいた。

image001-No917.jpg

定刻18時30分の主催者の本間社長の開会挨拶に続いて我が経営人生のDVDを放映。同社初主催のセミナーであったが定員を超える参加者で会場は熱気に包まれている。8回シリーズで開催されるが、初回の今日は「逆境にまさる師なし」を与えられた90分の時間をフルに活用して語った。

生きるとは、経営とは“変化対応”であると、父の死とバブル経済の崩壊をいかに生き延びたかを通して熱く熱く伝えた。食いつくような真剣な眼差しに大きな手ごたえを感じる。

我々は未曾有の国難にある。今日は4月1日。新しい年度が始まる。心新にして何としてもこの試練を乗り越え、30年後50年後に、あの時が日本の大きなターニングポイントであったと言われるような生き方をしようと強く訴えた。

凄い手ごたえを感じた。
今回は定員78名 参加者実数81名。満足度調査の結果(有効回答数56名)は 満足度100% 大満足度過半数以上(37名)であった。
このセミナーは8回続くが中身の濃いものにしたい。

↓質疑応答
image003-No917.jpg

image005-No917.jpg

<いただいたアンケートから>
・あまりにもパワーを頂き、涙してしまいました。逃げることばかり、言い訳ばかりしていた人生を終わりにしようと、今決心をしました。ありがとうございました。
・自分がどれ程甘い環境で育ってきたかを再認識した。また言い訳ばかりの自分にも気づかされました。ありがとうございます。
・すごく元気を頂きました。この現在の日本の中小企業の経営者が木村先生の話を聞き、そして行動すれば、本当に良い国になると思います。私も変化に対応します。ありがとうございました。
・とても参考になりました。KKFCが一番興味深いです。ぜひ参加させて頂きたいです。
・”一年間8760時間は皆平等”と言う言葉を聞いて、時間がないと言っていた自分が恥ずかしくなりました。もう言い訳しません!!。
・熱のこもった体験談、及び、経営のポイントをほんとうにありがとうございました。日頃、同じ考えの中を堂々巡りで、なかなか抜け出せずにいたのですが、パワーを頂き、この渦から抜け出す勇気が沸いてきました。本当にありがとうございました。
・これからは言い訳をしない生き方をしていきたいと思います。
・木村会長の話に心がふるえました。経営は覚悟だと思います。今日の話を聞かせて頂き、経営者として大変勉強になりました。

<Mさんからいただいたメールから>
素晴らしいセミナーでした。ありがとうございました。このような機会を設定、準備下さったXIT本間社長にも心よりお礼申し上げます。
会長のファンクラブであるKKFCに入会させて頂き、近しくお話をお伺いする機会が増えたので、本日は久しぶりに大きな会場の隅から傾聴しておりました。
逆境にまさる師なし、というテーマで何度かお話を伺っているにも関わらず、何度聞いても新しい気づきや感動があり、時間があっという間に過ぎました。隅の方におりましたのに、会長の迫力、パワーはドスンと胸に響きました。それは、会場にいらっしゃった方も同じ思いだったのではないでしょうか?
まさに逆境そして大きな変化の時代を前に、少し躊躇あるいは自粛という名の萎縮がまん延しているような私達の、進むべき道を示し、背中を押してくれたセミナーでした。私自身は本当に、新年度スタートの今日という日にお話を聞けて嬉しく、また力を頂きました。次回も必ず参加致します。またセミナーを機にKKFCで共に学び成長する仲間が増えますことも楽しみにしております。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web