« 2011年05月 | HOME | 2011年07月 »

2011年06月27日

No.944「経営とは変化対応業」今の大変化をチャンスとせよ!〜広島商工会議所女性経営塾

6月27日、広島商工会議所女性経営塾第1回の講師にお招きいただいた。自己紹介を兼ねて我が経営人生のDVDを放映後に登壇。熱い視線を感じながら、テーマ「経営とは変化対応」についてスピーチ。

image001-No944.jpg

広島で最初に講演させていただいたのは20年前であり、ご縁の深さを感じる。当時はバブル崩壊で奈落の底に突き落とされていた。そこから奇跡的な復活を遂げてきた経緯を伝えた。

いつの世も経営者には変化や障害といった壁が立ちはだかるが、それは今までのあり方を変えるチャンスにもなるのである。

受講者の中には何度も繰り返し私の話を聞いて下さっている方もおられる。話をさせていただきながら苦しかった時代が今の自分を創ったと断言できる。大きく頷きながら傾聴して下さっているのが伝わってくる。手応えを感じる90分間であった。
その後のコヒーブレイク、60分の交流タイムに質疑応答でテーマをさらに深耕した。濃い時間を共有できて嬉しい。

<いただいたアンケートから>
・いつも変化をする経営をしていこう。チャレンジ精神、起業家精神をもっていく決意を致しました。
・大きな変化の時代に女性の活躍が期待される。女性の時代が必ず来ると信じます。
・起業と事業は違うというお話も新しい気づきでした。変化に対応していく発想を大切にしていきます。
・木村先生にお会いした、7・8年前に決算書を見て頂きその後、利益の出せる起業になるよう、毎年頑張っております。
・今当社は走るしかない時期に来ています。手法が分からないため日々、悩んでいます。目先だけの手法でなく原点に戻る創業の精神、後継者の想いに重点をおいて。
・非常に勇気のある言葉を沢山いただき感謝です。
・B/S経営をする。大ボラビジョンを討ち立て社員一同の夢をのせて数字を理解できる会社創成の一歩をふみ出す。
・実行に落とし込むことが大きな課題とずっしりきています。後継者のお話もたいへん勉強になりました。
・『育てるものじゃなく、まかせてやり自らが育つもの』先生の会社に是非、訪問させて頂きたいです。
・会計事務所勤務なのですごくわかりやすく、思わず顧問先の方に聞かせてあげたいな、と思いました。我が息子を預けて、勉強させたいと本気で思いました。
・初めて参加しましたが『目からうろこ・・』です。この出会い、このお話で自分も会社も変えられる気がしています。
・違った見方で見る―次からはその見方をしてみようと思います。
・数字に対してとてもあいまいにしか把握できていないのでしっかり把握しようと思います。
・変化に対応して海外に出ろとのお話、大きすぎて私にはその勇気が現実として持てません。
・自分で飯の種をつくるには!を考えてみたいと思います。やれない条件を並べるのではなく、やれる条件を並べる。ニセ物の経営者はダメだ、そのためには勉強するしかない。
・起業する勇気を頂きました。歳は関係ないと改めて痛感致しました。背中を押された気がします。

2011年06月23日

No.943「強くてよい会社をつくる〜BS経営のススメ〜」〜うり信用組合第47期定期総代会

6月23日、うり信用組合主催の講演会が札幌プリンスホテルで開催され講師としてお招きいただいた。15時からの定期総代会後に記念講演会へと続いた。

image001-No943.jpg

我が経営人生のDVD放映後に登壇。「逆境にまさる師なし」を前半に、後半は「BS経営のススメ」について90分間スピーチ。広い会場は満席。熱心に傾聴して下さっているのが伝わってきた。

image003-No943.jpg
今の大きな経済構造変化を活かす。その為にも起業家精神を発揮して欲しいと締め括った。

↓大懇親会
image005-No943.jpg

<いただいたアンケートから>
・目からウロコが落ちました。今日の出会いがチャンスと思いましたので、志を探して勉強してみたいです。力がもらえました。
・かなりの元気を頂きました。テーマをもって経営に取り組んでいきます。長い目で会社の目標を立てて行きたいです。
・決算書の専門用語、仕組みを分かりやすく説明していて、決算書の分からない人でも理解できたと思う。講義に迫力があり説得力があった。何事にも目標が重要であると感じた。
・紆余曲折を経験しそれを乗り越えて、何にでも積極的に取り組む姿勢に、それを実行に移す行動力に感銘を受けました。
・自己紹介ビデオが大変良かった。企業のゴーイングコンサーンにBS重視の経営観が大事だと感じた。
・夢を与えてくれたいい話でした。
・ビジョンを明確にすることを再認識しました。言葉の強さに感動しました。
・BS経営の重要性を知ることができました。自分の会社の自己資本を見直し以後の経営に役立てたい。
・BS経営の重要性を認識させられた。価値観・人生観においても感じることが多かった。

2011年06月22日

No.942 逆境にまさる師なし〜企業成功の法則〜鹿児島中小企業団体中央会・商工中金協力会共済セミナー

6月22日、鹿児島サンロイヤルホテルにて中小企業団体中央会・商工中金協力会共済のセミナーが開催され講師としてお招きいただいた。

149名の参加者名簿には鹿児島経済界重鎮の方々のお名前がずらりと並び緊張。我が経営人生のDVDを放映後に登壇。参加者の温かい視線を感じながらスピーチさせていただき嬉しく思う。

image003-No942.jpg

父の死とバブル崩壊の二つが我が人生のターニングポイントになり、そこから掴んだ「BS経営」で強くてよい会社を目指した経緯と、結果を通じて学んだことを年代を追いながら話した。

image005-No942.jpg

大きなステージであったが、90分間の持ち時間にせかされる様に終えた。
最後は変化をチャンスに活躍して欲しいと締め括った。元気は与えることが出来たように思う。

↓懇親会
image007-No942.jpg

↓学びの友と活躍の地での出会いを喜ぶ
image009-No942.jpg

<いただいた感想から>
・リクルートの元社員です。なつかしい言葉を聞きました。私も以前の会社でBS経営の真似事にチャレンジしました。
 親の介護で帰鹿しました。今の会社でまたBS経営にチャレンジしたいと思います。まずはトップに理解してもらう事から始めます。
・B/S経営による信用力の増は今後重要になると思いました。
・B/Sをまず実行していきたい。1つ1つずつしっかりやっていきたい。
・改めて起業家マインドを思い起こす良い講演でした。チャレンジを続けたいと思います。
・たいへん参考になりました。今後の経営に役立ててまいりたいと存じます。本日はありがとうございます。
・講演の内容が具体的でたいへん勉強になりました。私の思い、考え方と共通点が多々あり楽しく聞くことが出来ました。本も読みたいと思います。

2011年06月21日

No.941 逆境にまさる師なし〜秀光ナラ会主催経営者セミナー

6月21日、株式会社秀光ビルドと協力会社の会である秀光ナラ会主催の経営者セミナーが奈良ロイヤルホテルにて開催。講演前に我が経営人生のDVDを放映してから登壇。

image005-No941.jpg

我が70年の人生から「経営とは変化対応」であると教えられた。走馬灯のように過ぎていった時代を追いながら我が経営を語った。90分の時間があっという間に流れていく。手ごたえのある時間を共有できて嬉しい。

↓左:代表取締役会長 檜山 国行氏の挨拶
image003-No941.jpg

↓懇親会にて
image007-No941.jpg
<いただいたアンケートから>
・今の私自身に新しい風が吹いてきたようなセミナーに参加させて頂きありがとうございました。
・ビジョン、志を持つことについて、当たり前のことのはずであるのに、実際にBSと組み合わせていただき新鮮に感じました。経営に非常に参考になるセミナーでした。
・非常に熱意のあるお話をしていただき目が覚めるようでした。先生よりもまだ若い私ですが、熱意、考え方それとやり続ける大切さが分かった気がしました。
・経営をしたことがない立場の社員ですがとても参考になりました。
・目からウロコの感じがしました。前向きな姿勢で仕事に取り組めそうです。
・本日2回目のセミナーでしたが前回と同様大変感動しました。
・自分の考え方に自信がもてました。これからは遠慮なく実行しようと思います。
・意識を変えて経営に取り組みます。
・「BS経営のススメ」も読ませていただき考えかたが180度変りました。これからも勉強を続けます。
・B/SとP/Lについて新たな見識を広めていただけたことに感謝します。
・変化対応力が必要であると強く感じました。
・BS経営の大切さを改めて認識しました。大きな元気と勇気を頂きました。
・2度目ですが改めて“目からウロコ”でした。やり方を変えてトライします。

2011年06月17日

No.940「事業を創造する視点、行動方法、儲かる事業の見極め方」〜XIT主催逆境セミナー

6月17日、産創館にてXIT主催の逆境セミナー開催。定刻18時に熱気に包まれ満席でスタート。まず東日本大地震の被災者へ全員で黙祷。

image001-No940.jpg

我が50年の経営人生で挑戦した数多くの事業をひとつひとつ解説しながら30分間スピーチ。前回のアンケートの質問に答えた後、白熱問答にたっぷり一時間。今回も次々に挙手をいただき、文字通り白熱した質疑応答で会場も盛り上がった。いただいた沢山のアンケートから大変な手ごたえを感じる。

↓司会者とのテーマへの突っ込んだやりとり
image003-No940.jpg

↓アンケートの質問に答える
image005-No940.jpg

起業、経営、人生など様々な幅広い問題や課題の質疑応答が活発に繰り広げられた。
白熱問答がいいカタチになってきた。

<いただいたアンケートから>
・今日、初めて参加させて頂きました。木村会長は、すごく厳しいことを言われているようでしたが、すごく優しい方なんだろうなと感じました。BS経営について、もっと知りたくなりました。本日はありがとうございました。

・「小さい企業がいい」との言葉に感動しました。私も13人の企業を経営しています。私で3代目、今期60期、40年後に百年企業にすることが目標です。「変化に対応すること」を恐れずにやってゆこうと思います。

・本日、初めて参加しましたが、本物の経営者のお話を聞いたと思います。日々の生活で経営者の立場になって考えていきたいと思います。

・木村会長、本日も全力のエネルギーありがとうございました。本当にエネルギーをたくさん頂いています。そして口だけではなく、動こうと思います。動きます。次回、また質問させて頂きます。

・今日のセミナーを受けて、絶対経営者になることを決めました。ピンチはチャンスだと気づくことができました。ありがとうございます。

・若い方たちからの白熱問答、スピードが速く、非常におもしろかったです。ありがとうございました。

・初めて参加させて頂きましたが、すごく勉強になりました。メンタルの面など、すごくお話し頂いたので、本当にその通りだと思いました。

・3回目をお聞きし、二回目の起業への腹が固まってきました。ありがとうございました。

image009-No940.jpg

2011年06月16日

No.939「永続する中小企業経営〜逆境にまさる師なし〜」〜JPBM経営者応援セミナー

6月16日、東京都千代田区ベルサール神保町でJPBM東京支部設立記念セミナーが開催され基調講演の講師としてお招きいただいた。東京支部JPBM副理事長志田康雄弁護士の挨拶に続き、経済産業省、関東経済産業局長、照井恵光局長の来賓の方々からご挨拶をいただいた。

image007-No939.jpg

我が経営人生のDVDを放映後に登壇。我が70年の人生から、生きることも、企業経営も共に「変化に対応」であると教えられた。父の死とバブル崩壊が我が人生の大きなターニングポイントとなった。

それらの逆境を乗り越える過程で掴んだのが「BS経営」である。
弊社UBIでは、「BS経営」と「オープンブックマネージメント」が経営社員を育み、その結果、事業承継に於いても、100年企業づくりへの経営の襷を血縁承継によらず社員へとバトンタッチした。財務数値を交えながら弊社の実例を話した。中小企業事業承継の1つのモデルと自賛できると思う。

image001-No939.jpg

引き続いてトークセッション。テーマは「今こそ成長体質〜人を活かす経営と新・事業承継」。JPBM成長支援委員会委員長、黒崎 宏氏のコーディネートによって弊社社長竹内泰光も参加して楽しいセッションとなった。

image005-No939.jpg

<いただいたアンケートから>
・感情論になりがちな承継を様々な視点で判断する事の大切さ。
・『経営に言い訳はない。経営は変化に対応すること、変化がなければチャンスはない』という講演後でのお言葉に感銘を受けました。ありがとうございました。
・会社は世の中のものという視点で、魅力ある会社を世に継承していく考えが良く分かりました。
・FPの観点からも、中小企業の事業承継については課題が多いと思います。税金等の問題もありますが、それ以上に社長が変わるとビジネスに大きな変化が表れますので、その為にも適切な事業承継のあり方が求められると思います。
・『一人当たりの資本金』という発想は目からウロコでした。
・ひとくくりでなくて一人一人に光を当てる!!→自己表現できると思える会社
・売れる会社―それくらい魅力のある会社にすること→B/S経営(思想の共有化)
・自分より優秀な人を採用する社風が大切。事業承継に限らずためになりました。ありがとうございます。
・会社は社会の公器であるという考え方で、人材を育成し、次にバトンタッチしていく環境づくりに共鳴した。

2011年06月03日

No.938「逆境にまさる師なし+白熱問答30分」〜壮絶な負債230億円の舞台裏 - 誠実経営×BS経営の強さとは

6月3日、XITセミナーが産創館で開催。
4月1日から始めた逆境セミナーも今回で5回目となった。初回から連続大入り満員で感謝感謝であるが信じられない。今の経済環境がセミナーに表れているのかもしれない。

image001-No938.jpg

白熱問答も今回で3回目だが、だんだんとカタチになってきたように思う。
6割以上がリピーターだが、私の原点として我が経営人生のDVDは毎回放映している。
今回は、メインテーマとしてバブル崩壊からいかに生還したかを焦点に取り上げた。

↓白熱問答
image007-No938.jpg

image005-No938.jpg
<参加者からいただいた感想から>
・今回3回目の出席です。毎回、元気をいただいています。昨日6/2私も起業しました。人のために何ができるかどのように進んで行けば良いか少し見えてきたように思います。これからも、もっとお話が聞きたいと思います。ありがとうございました。
・初めて参加しましたが、笑いの絶えない講演会で楽しかったです。経営についての勉強になりました。
・白熱問答の時間は大変面白く、勉強になりました。正直、白熱問答だけのセミナーがあるといいと思いました。
・貴重なお時間ありがとうございました。私は頭ばかりで考えていて行動をしていないなと今回参加させていただいて気づきました。これからは行動力を高め挑戦し続ける生き方をしていきます。

↓白熱問答の熱気の余韻が残る懇親会
image009-No938.jpg
・今日、初めて参加させていただきました。とても愛ある白熱問答、サクセスストーリーに大変熱意を感じました。今までやってきたことに自信を持てました。
ありがとうございました。また明日からもがんばります!!
・すごく白熱した講義、問答で私も燃えました。会長のおっしゃった自立の最終チャンス「遅くとも33歳」33歳になりました。私も自分でチャレンジ考えています。腹を決めて志事していきます。次回も楽しみにしています。
・現在就職活動中で、私は今面接に18回連続で落ちているのですがお話を聞いて「この位大したことない!」という気合でがんばっていこうというやる気が出ました。ありがとうございます。
・大胆かつピンポイントを突くお話をありがとうございます。一番感動したのはいっさい自慢話がなかったこと。自分の運命を受け入れたことが生きる力になったという告白・体験談に感動しました。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web