« 2011年06月 | HOME | 2011年08月 »

2011年07月28日

No.952「逆境にまさる師なし」〜やってみなわからん!やったことしかのこらん!〜

7月28日、財団法人北陸鉱山会主催の第一回経営セミナーが名古屋市KKRホテルで開催され講師としてお招きいただいた。

image007-No952.jpg

我が経営人生のDVD放映後に登壇。我が50年の試行錯誤の経営人生で辿りついた「BS経営」について、弊社の事例を解説しながらスピーチ。90分間、我が経営を熱く語った。真剣な眼差しで傾聴していただき、あっという間に時間が流れた。質疑応答もさせていただき、内容の濃い時間に満足。

image009-No952.jpg
image001-No952.jpg

↓我が経営人生のDVD放映
image005-No952.jpg

<いただいたアンケートからの抜粋>
・今までとは全く違った切り口の異なる講演会であり、目を見開らかされた。自分の経験に基づく確固たる信念を持った話ばかりであり非常に参考になった。経営に対する見方が今後確実に変わってくるように思う。
・各種セミナーに参加し勉強させてもらっています。今回のお話も私の人生の中で大変役に立つものと思っています。PL経営からBS経営に考え方を変えたい。
・決算書の見方でP/LからB/S経営の本質を知ることができました。早速書籍を購入したい。
・実際に体験された中から生まれた経営理念(BS経営)であって、実に説得力があり、また内容もわかりやすく勉強になった。
・全ての時間集中して聞くことができました。何が何でも生き残りたいと思います。
・起業家に向う若者が少ないということは、どこに問題があるのか。
・ROAの概念は知っていたが、非常にわかりやすく解説していただきありがたい。
・BS経営の勉強が出来ていないような気がします。積極的に理解を深めていきたいと思います。
・P/L・B/Sを見ているつもりであっただけで反省させられた。社員一人当たりの自己資本という着眼は解りやすく指標として捉えやすいと思います。
・生きるとは環境変化に対応すること。経営とは変化に対応(学ぶこと)
・エネルギッシュな講演で変化に対応していくエネルギーを貰った気がします。
・BS重視の考え方はたいへん参考になりました。
・会社=社会人学校という考えかたに強く共感できます。
・「税金川」これを超える勇気・・・・興味を持ちました。

2011年07月22日

No.951 KKFC7月例会

7月22日午後6時からKKFC7月例会を大阪駅前第2ビル生涯学習センターで開催。

まずは発声練習。次にそして2人一組での自己紹介、目標進捗状況の報告へと続く。今回は4名の新参加者も迎えた。

↓まずは発声練習から
image003-No951.jpg
image007-No951.jpg

今月の発表は、メルシーこと金城さんの「自分のビジョンを語る」。
彼女は看護師として病院で勤務し、救急外来、集中治療室、手術室、内科・外科病棟と急性期の臨床の場で働き、これまでに100人以上の方を看取ってきたとのこと。その経験から、寂しい死やいろいろな人間模様にも直面。孤独死(孤立死)が毎年3万人いることも知り、スタッフと入居者が介護だけではなく、家族のような暖かい関係を築ける『メルシーホーム』(介護付有料老人ホーム)を創るという夢を持っておられる。

↓メルシーのビジョン発表。数ヶ月かけて準備し立派にプレゼン!
image009-No951.jpg

↓質疑応答
image013-No951.jpg

↓纏めのレクチャー
image015-No951.jpg

「終わり良ければ全て良し」とも言うが、終わりよりも毎日が楽しくなるような生き方をせなあかん!!毎日一生懸命に生きる!!こっちの方が大切!と締め括った。

今回の例会後懇親会は、竹内社長の富士登山競争のゴールを祝う祝賀会に変更。午後8時半、真っ黒に日焼けした勇士が富士山頂から帰阪し、感動の拍手で迎えられた。

2011年07月21日

No.950「経営社員を育てる」〜第8期BS経営塾第4講

7月21日、梅田センタービルにて第8期BS経営塾第4講を開催。
テーマは「経営社員を育てよ」。

image003-No950.jpg

下記のレジュメに添って講義を進めた。
・私の人材育成の考え方
・人材育成の実例とポイント
・BS経営と人材育成
・社員は放牧せよ
・人を育てる「放牧経営」
・放牧の手法:オープンブックマネージメント
・「放牧経営」の五つの心得
・「放牧経営」の十の方法
・根本にあるものは信頼

グループ討議などで更にテーマを深堀する。
あっという間に3時間が流れた。

image001-No950.jpg

「企業は人に始まり人に終わる」と言われるが、社員の成長なくしては変化にも対応できず企業の存続もない。

企業は「社会人学校である」とも言えるが、変化をチャンに活かす人材づくりが企業の生き残り条件である。

2011年07月12日

No.949「人生は思った通りになる、思った以上になる!」〜強くてよい会社を創れ!

7月12日広島県中小企業家同友会の広島中支部経営労働委員会&不動産関連部会合同例会に講師としてお招き頂いた。講演会のチラシには次のように紹介されていた。

image001-No949.jpg

「経営とは強いバランスシート(BS)にすることであり、決算書は事業経営の最強の武器です。そのためには10年後20年後の明確なBSビジョンを持つことが肝要です。しかし、決算書が最強の武器になることを理解できない中小企業経営者が多いのも現実です。私自身もバブル崩壊までは節税思考の典型で、いかにして税金を抑えるかに頭を悩ませていたのです。儲けて納税する。それが経営の王道です。正しい納税思考が強いBSをつくるのです」と語る木村会長。「やってみなわからん!やったことしかのこらん!」の信念で、バブル崩壊による巨額の債務から復活・再生。その経営哲学と貴重なご経験を学びます。

講師紹介として我が経営人生のDVDを放映してから登壇。参加者の熱い視線を感じながら我が経営を語った。今までにすでに数回も私の講演を聞いている方々がまた参加されておられる。ありがたいことである。

懇親会は高名な繁盛店「広島ボクデン」で開催され大変な盛り上がりであった。
翌日は午前中にブライダル、衣料品販売店、不動産、発電材料企業など4社を訪問してBSビジョンづくりの助言をさせていただいた。

<いただいたアンケートからの抜粋>
・久しぶりに迫力のある話に刺激を受けました。私も年齢にこだわらず再度、目標を持ってみます。ありがとうございました。
・大変、元気をもらえる話でした。体力・気力をつけて頑張りたいと思います。
・熱い起業論にワクワクしました。徹底した継続、感動を覚えました。
・迫力があり、夢を持ち、ビジョンが明確、有言実行。全てにおいて見本になる人でした。もっと長い時間、お話を聞けたら良かったと思います。
・初めて聞かせていただきましたが、力強い熱弁でたいへん力と勇気をもらいました。しっかり勉強したいと思います。
・税金もしっかり払いながら利益を出す、そのような経営を心がけたいと思いました。「数字の入った経営哲学」に感銘を受けました。隙があれば怠けてしまう心に「喝」が入りました。ありがとうございました。
・ひさびさに迫力のある講演を聞かせていただきました。自分を見つめ直す良い機会だと思いました。変わらないといけない時期に来ていると思います。明日からすぐにでも変わらないといけないと思いました。感謝です。
・迫力のある講義でした。企業のビジョン・理念の大切さを改めて考え直しました。
・木村会長の話を聞いて本当に気持ちが引き締まり、今後の経営に気合が入りました。このような機会を与えてくださった方に感謝です。

2011年07月11日

No.948「強くてよい会社をつくれ、PL経営からBS経営」〜金融審査委員会研修会

7月11日、滋賀県草津市クサツエストピアホテルで開催された滋賀県商工連合会の研修会に講師としてお招きいただいた。講師紹介を兼ねた我が経営人生のDVDを上映後に登壇。

image001-No948.jpg

テーマに沿って我が50年の経営を語った。
「経営とは変化対応業」である。
いかに与えられた環境条件を受け入れ乗り越えてきたか。その過程で気づいた「BS経営」について90分間熱く伝えた。

image003-No948.jpg

<いただいたアンケートから>
・分かりやすく力溢れるセミナーで元気になりました。
・分かりやすいセミナーでした。中小企業を支援する立場としてBS経営を進めるよう務めたいと思います。
・起業家精神を忘れていました。自分の時代で起こした会社、今安定のみを求めて満足している自分に元気をいただきました。ありがとうございました。
・BSとPLを比較しての講演は分かりやすかった。貧しい子ども時代から大阪へ出てきて苦労されている頃の話が最も印象的でした。
・説得力がありよいセミナーであった。
・起業家精神、確かに日本人にはないですね。
・BS自己資本(純資産)を経営目標にとの講演に新しい発見があった。
・老の元気をもらった。71歳は老人ではない。
・基本的には大変良い内容のお話であったが、自社の話中心で、他社の成功事例もお話していただきたかった。

2011年07月09日

No.947「今こそ起業家精神を発揮せよ」〜関西大学生の集い

7月9日、京都キャンパスクラブで大学生の集いに参加。産創館セミナーに参加してくれた大学生達に招かれて講師を務めた。
image001-No947.jpg
さすが自ら土曜日に企画して参加する学生達の意識の高さを感じた。司会からグループ討議質疑応答の時間管理までキビキビした行動にも大変好感が持てた。このような若者達がこれからの日本を背負うと思うと頼もしく感じる。

懇親会場でも好奇心一杯に次から次へと質問を投げかけてくれる彼らの成長を期待したい。

↓グループディスカッション
image005-No947.jpg
↓左:グループ発表 右:発表を総括
image007-No947.jpg
↓懇親会でも身を乗り出しての質問攻め。やはり若者は違う、意識の高い学生に未来の手ごたえを感じ嬉しい!
image011-No947.jpg

image003-No947.jpg
<いただいたアンケートからの抜粋>
・印象に残った言葉はネタのある人生を送れ、自分にとってのネタと財産という意味を改めて思考してみます。
・言い訳するな!という力強い言葉を頂いたことが心に残りました。今まで言い訳して逃げていました。変えるように努力します。
・夢を持ち実現に向けて努力していくことはとても大切だと思いました。
・刺激を受けました。このような場に参加できて良かったです。
・変化を避けてはいけない、この言葉にとてもぐっときました。
・自分における豊かさゆえ、甘い生活をしていることが気づけてよかった。
・目標とは夢に日付けを入れること。夢に数字を入れる事が計画。夢をカタチにする事が経営!!経営とは生きること。シビレました。
・夢を実現するための行動を怠けていたのか、改めて思い知らされた。
・「やった事しか残らない」を念頭に明日から自分を変えて行きたい。
・大変胸が熱くなった。私は言い訳が割りと得意なため、今までなかなか踏み出せずにいたことが多かったのですが、これからはやります。
・木村さんの喋り方は非常に特徴的で面白かったです。
・今後の日本を引っ張っていくのは自分たち世代と改めて感じさせられました。
・消極的でぬるま湯に浸かるような半生を送っていましたが、木村会長の期待に激励に応えるように明日からではなく今日からやりたいことを追い求めるハングリー精神で行きたいと思います。
・木村会長の熱さに圧倒されました。いい刺激をもらって自らの足で立って生きて生いけるよう努力。
・初めての講演会。講師は勿論のことですが、参加している学生の皆さんの声がイキイキハキハキしているのが印象に残りました。
・学生に対して熱い思いをもっていただいている社長がいることを知ってとても嬉しかった。

2011年07月08日

No.946「放牧経営」〜逆境セミナー第8回講座

7月8日、大阪産創館でXIT主催逆境セミナー第8回講座を開催。今回も108名のご参加をいただき熱気の中でセミナー開演。

image007-No946.jpg

「放牧経営」は、経営理念と経営ビジョンを浸透、共有しながらオープンブック経営(オープン会計経営)をすることが前提になる。現実の経営を通じて生きた経営を身につける過程で経営社員が育成される。

弊社の経営社員第1号が竹内泰光社長である。
竹内は入社してからの26年を語りながら「放牧経営」された過程を30分間スピーチ。

image005-No946.jpg

その後90分間の白熱問答タイム。経営・人生問答が次々に出る。一問一答で白熱したやり取りを展開。回を重ねるごとに質問の内容も深化し大きな手ごたえを感じる。

↓白熱問答
image001-No946.jpg

<いただいたアンケートから>
・木村会長、竹内社長ともにすばらしい言葉ありがとうございました。これからの自分のビジョンにすごく刺激になり、迷いもなくなりました。また木村会長の講義を聞きに行きます。
・辛いときに聞くと元気になります。ありがとうございました。
・竹内社長の誠実なお人柄がにじみ出ていました。ありがとうございました。放牧経営→これから考えていきます。
・竹内社長の話は具体的でとても分かりやすかったです。今までの話でビジョン・理念とお聞きしていましたが、はっきり自分の中に入れることができました。私はできない言い訳を並べ立てて毎日ダラダラ過ごしてきたことを反省しました。今、介護事業所を起業するにあたり、走り回っていますが、理念をたて、ビジョンを持って取り組みたいと思います。ありがとうございました。
・本日はありがとうございました。最近、心が折れそうになっていましたが、やる気が出てきました!!迷っていましたが9月にラオスとタイに、今伸びている国の様子を見に行きたいと思います!!
・本日はありがとうございました。木村会長もすごい人と思いましたが、竹内社長の生き方もすごく魅力ありました。エベレスト登頂、心より応援しております。
・本日も迫真の内容で深い学びになりました。私は3代目で創業者ではないですが、起業家たろうと思いました!
・本日で2回目です。木村会長・竹内社長のお話を聞き、暑さも寒さもフッ飛びました!!サービス業の一会社員ですが、自分も経営社員としてビジョンを持って行動したいと考え直させられました。
・初めて聴きました。たいへん明快でありがたく思いました。これからの日本は?思いは尽きません。とにかく感謝感謝です。
・ちょうど今、経営者として大きな壁にぶつかっています。そんなときにお話を聞くことができ、光が見えた気がします。ありがとうございました。
・私に一番ないこと、できてないことをガツンと言っていただきました。数字を含んだビジョンの設定です。自信ないから大ボラふけませんでした。天が私に降らせてくださった木村会長だと、この機会を大切にしたいと思います。ありがとうございました。

2011年07月01日

No.945「逆境にまさる師なし」〜人生成功の法則〜逆境セミナー第7回講座

7月1日、大阪産創館でXIT主催逆境セミナー第7回講座を開催。今回も定員を超える101名の参加をいただいた。
image001-No945.jpg
我が経営人生のDVD放映後に登壇したが、参加者の熱い視線が身を引き締める。初めの一時間で我が人生から学んだことを話し、後半の一時間は白熱問答でテーマを掘り下げた。

白熱問答は即門即答形式で、リアリティがあり非常に遣り甲斐を感じる。この形を深耕させていきたい。
今回も60通を超えるアンケートを頂き、感謝。

↓白熱問答
image005-No945.jpg

<いただいたアンケートからの抜粋>
・今回初めての参加です。最初のDVDまず泣いたし、涙こらえるの必死でした。
ズルいわ、ほんで最後にギブ&ギブって・・・ 参りました。 来週も来ますし・・・上がりました。モチベーションもっと上げていきます。

・経営を始めた人に聞かせたい。木村会長のセミナーをDVDで販売していただきたい。遠くの人も信者になって欲しいと思いました。ありがとうございました。

・今日も活力をいただきありがとうございます。次回を首を長くして待っています。

・最高に力をもらいました。また参加させていただきます。

・実は私も50のときに谷底まで落ちまして・・・ とても参考になりました。
人と時と場所・・・本当にそうだと思います。

image007-No945.jpg

・初めて参加させていただきました。ありがとうございます。会長のお話を拝聴させていただき、大変元気が出ました。本当に今日は来て良かったと思います。

・会社経営に必要なのは志!! 志だけは負けない自信があるので、イケる!ヤレる!とより背中を押していただけました。ありがとうございます。
誠実・信用・信頼を大切に着実に歩んでいきます!

・参加は初めてですが、具体的な回答が聞ける白熱問答はいいですね。 また参加したいと思います。

・海外進出のハードルは高いと思っていましたが、やってみないとわからない、百聞は一見に如かずで一度アジアに行って来ようと決心できました。ありがとうございました。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web