« 2011年07月 | HOME | 2011年09月 »

2011年08月26日

No.956 第16回KKFCやってみよう会〜木村勝男ファンクラブ

8月26日(金)、大阪駅前第2ビル5階 大阪市総合生涯学習センターにて午後6時より8時まで第16回KKFCやってみよう会を開催。

↓まずはいつもの発声練習から
image001-No956.jpg

今回の英語の格言は、“Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.”
(失敗をしたことのない者は、新しいことに挑戦したことのない者である)

10名足らずからスタートしたKKFCだが、月によっては30名くらいの入会者があり、どんどん成長している。今月は久々に全員の自己紹介も行った。

今月のビジョン発表は、 UNBIO LABO の東繁夫氏。

↓東繁夫氏のプレゼン
image005-No956.jpg

↓天然酵母由来の素肌活性成分「スーパーキチン」が肌を内側から美しくしてくれる
image004-No956.jpg

↓サンプルの美容液を手や顔に塗って 若返り?
image007-No956.jpg

東氏は、独自のバイオテクノロジーを用いた商品開発に取り組んでおられ、現在はスキンケア化粧品(石鹸と美容液)を中心に 試作品を開発されている段階とのことで、「バイオテクノロジーで創る次世代型スキンケア化粧品と医療材料、機能性食品」というテーマでプロジェクターも使ってのプレゼン。

独自の技術を生かした再生医療材料も開発しておられ、これは皮膚の再生に大きな力を発揮する材料とのこと。3年前の事故でご自身が顔に大やけどを負った時に試してその効果をデータとして記録。素晴らしい効果の程も実感されたとのこと。
事業目標、収益計画では、私のBS経営、BSビジョン、大ボラの話をとても参考にしたと話された。

ビジョン達成のために今不足しているのは資金と人材であり、代理店に振り回されることなくネットを通じてB to Cでビジネスを展開したい、など誠実なお人柄の伝わる真摯なプレゼンをいただいた。 サンプルとして石鹸も配っていただいた。

↓質問やアドバイスが飛び交う
image006-No956.jpg

その後、私から投資家の視点等について話をした。要点の幾つかは以下の通り。
・収入-経費=利益 ではだめ。  収入-利益=経費 にする。
・会社の規模を表すものには 売上規模と総資産規模がある。
総資産規模で1000億円、純資産で200億円をめざしてUBIは取り組みを行っていく。その一つがモンゴルでの投資事業。
・BS経営をやるほど、PL経営が重要になってくる。
・金融機関の金を使って成立するビジネスはない。他の調達方法を考えよ。
・信用とは儲かること。儲かるから信用される。
・出口戦略なき投資案件に投資家は乗らない。

image008-No956.jpg

その後の懇親会では、私の誕生日を同じ8月生まれのメンバーの方々3名と一緒に祝っていただき感謝。

2011年08月23日

No.955「逆境にまさる師なし」〜人生成功の法則〜

8月23日、東京都中央区にてエックスアイティー株式会社主催の逆境に勝る師なし〜人生の成功法則〜を開催。東京KKSA(仮称)として初めての東京での開催であったが予定定員を超える58名の参加をいただいた。

image001-No955.jpg

今回の参加者には学生や若い社会人が多く、「起業家」をメインテーマに取り上げて話を進めた。
真剣な眼差しから、参加者の心に響いているのが伝わってくる。大変化の只中にある今の日本、この国難には起業家精神を持った真の経営者の出現が待たれる。東京は始めてのステージであるが、打てば響くのは共通する。

後半は白熱問答で「起業家」とは何かを掘り下げた。熱いやり取りが会場を包み興奮が伝わってくる。

image003-No955.jpg

今後は毎月開催して彼らの起業家魂を引き出していきたい。
遣り甲斐もありワクワクしてくる。今後の展開が楽しみだ。

若い社会人や大学生からいただいた感想文に感動。彼らの素直な想いに元気が湧いてくる。
またぜひ再会したいと思う。

懇親会には、弊社UBIの味形 衛(みかたまもる)君も駆けつけてくれた。彼も社会人になりたてといえる25歳。
明日から新規事業の為モンゴルへ旅立つ彼に、心からのエールを送りたい。

image005-No955.jpg

<いただいたアンケート(40枚)からの抜粋>
・昨年独立し、右も左も分からず、がむしゃらにやっている中、会長のお話を聞き、今後の方向性が見えました。また参加します。ありがとうございます!
・魂に炎がつきました。ありがとうございました。木村会長のお話は、自分たちのような世代にまさに必要な話だと感じました。
・燃えました。実行あるのみですね。友達を無理矢理でも引き連れて燃えてもらいたいと思います。
・71歳の経験から来る素晴らしいお話ありがとうございました。僕もこんな歳の取り方をしたいです。今後、継続して勉強させていただきたいと思うので宜しくお願いします。
・大変、勇気の出るお話でした。大きな夢やビジョンを持って生きることの大切さを改めて実感することができました。強く心から念じれば叶わないことはない!ということを本当に感じたので、今日からまた本気で生きていきたいと思いました。
・目標を持つことの大切さを思い出しました。目標を忘れていました。(忘れかけていました)しかし、目標を思い出しました。ありがとうございます。目標はフルマラソン4時間切り、若年層ビジネス日本1位 3年以内。
・「何もなくても行動を起こす」この言葉が心に残りました。まだ知識も経験も足りないから、と言い訳をしてしまいがちなので、常に忘れずに挑戦していきたいと思います。
・今日もいっぱいパワーをいただきました。ありがとうございます。あれこれ準備するより、とにかく信念持ってやってみることの大切さを今日も心にしみこませられました。
・とてもエネルギッシュなお話で、若いのに負けているな、と恥ずかしながら思いました。がんばります!
・大変、感動致しました。力強い生き方、経験、実行力は素晴らしい以外、表現ができません。ありがとうございました。

2011年08月19日

No.954 50年の経営者人生での気づきと発見〜逆境経営セミナー

8月19日、エックスアイティー株式会社主催の逆境経営セミナーを大阪産業創造館で開催。

image003-No954.jpg

今回も多くの方々にご参加いただき開演前から満席(120余名)。
9回連続の大入りで会場も盛り上がった。

我が経営人生のDVDを放映後に登壇。参加された皆さんの熱い視線を受けながら与えられたテーマに沿って60分間スピーチ。

image001-No954.jpg

その後に白熱問答でテーマを深耕。まず前回いただいたアンケートの質問にお答えしてから、本日の参加者からの質問をお受けした。

↓活発な白熱問答
image019-No954.jpg

文字通り白熱した問答に会場も熱くなる。一問一答真剣にやりとりを重ねる。
私自身の学びの時間にもなり嬉しい。

image015-No954.jpg
image017-No954.jpg

<いただいたアンケート(62通)からの抜粋>
・いつも勇気を頂けるお話を有難うございます。明日からの仕事にワクワクします。
・私自身、会社の経営をしていますが、今日のお話を聞いて、自分の覚悟のなさを痛感しました。腹がすわっていない!!
・いつ聞いても起業家として実践されてきたので、納得できる事ばかりです。元気をいただきありがとうございます。
・ありがとうございました。経営は人生通じる。そして子ども育てにも通じると実感しています。
・今日は素晴らしいお話をありがとうございました。「経営はお金」という当たり前のことから目をそらしていた様な気がします。今後はもっと数字=お金を意識して取り組んで参ります。また、経営理念ビジョンは柵の役割というお話は、数日後に新たなスタッフを迎えるに当たって最重要だと思いました。木村会長、熱いお話を本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
・ビジョンを描くこと、目標を社員と共有すること、常に話しをして理解していくことの大切さを学びました。自分に不安を感じながらの経営ではなく、誇りを持って経営し、ワクワクしていきたいと思います。ありがとうございました。
・好奇心、行動力、どちらも僕自身弱い部分だと感じてます。言い訳を考える、出来ない理由を並べるではなく、まずやってみる!を心がけていきたいです。
・学校の授業とは違って、生きたお金や企業の経営の仕方を学べた。
・魂がふるえました。今の自分が甘いと感じました。そして独立することに決めました。信用、信頼、基本は家族というところも本当にそうだと思います。経験されたコトバには重みがあり学べました。ありがとうございました。
・素晴らしいご講演ありがとうございました。非常にパワフルなお話ぶりに、私も元気を与えて頂きました。”ビジョン”と”理念”を共有する、ということを語っておられましたが、まさにおっしゃる通りだなあと心に染みました。会社員なのですが、自分の「ファン」を増やし「信用」してもらえる人物にならないといけないと思いました。熱い気持ちを大切に、誠実にいきたいと思います!

2011年08月18日

No.953 BS経営=キャッシュフロー経営〜第8期実践BS経営塾

8月18日、第8期「実践BS経営塾」第5講“しくみを進化させる”を梅田センタービルで開講。
image003-No953.jpg
image001-No953.jpg
レジュメは以下の通り。
・マーケティングの定義
・ビジネスモデルをシンプルに考える
・次のビジネスモデルを考える
・問答、「明日のメシの種」

2008年のリーマン・ショック以降、企業経営の価値観は「キャッシュ・イズ・キング」に大きく変化してきた。

お金を生み出す事業を育てるには現状を常に改革し、ビジネスモデルを効果あるものに変革していく必要がる。その戦略の根本にあるのが、貸借対照表(BS)を軸にした経営である。経営革新は損益計算書(PL)からは生まれてこない。PLから生まれるのは改善にすぎず、抜本的に企業体質を変化させるには、トップが主導しBSの構造を変えていくことが不可欠である。(日経新聞より)

image005-No953.jpg

掲載記事を解説しながらBS経営=キャッシュフロー経営をテーマに白熱問答。
“しくみを進化させる”ことが変化対応力に繋がると締め括った。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web