« 2011年09月 | HOME | 2011年11月 »

2011年10月28日

No.971 決意するのに頭はいらん。腹を決めよ〜第18回KKFCやってみよう会

10月28日(金)、大阪駅前第2ビル6階大阪市総合生涯学習センター 第2研修室で、午後6時から第18回「KKFCやってみよう会」を開催。

image003-No971.jpg

今月の英語の格言は、“You see, in life, lots of people know what to do, but few people actually do what they know. Knowing is not enough. You must take action. ”(わかるだろう? 多くの人は人生において何をすべきか知っている。 でも幾人かは知っているだけだ。  行動しなければ意味がないのに。)

今回の“我が人生を語る”は、ブラッシュアーティストの鎌田惺舟さん。鎌田さんはプレゼン前半を英語で行なわれた。

image001-No971.jpg

ブラッシュアートとは、書道を基本に置きつつも多彩な色使いや書体を用いて「文字をアートにする」というもので、和の伝統文化に独自のセンスを盛り込んだ芸術作品であるとのこと。

鎌田惺舟さんは大阪生まれ。両親が音楽やアートに造詣が深く、幼少のころは近くの寺で書道を習い、音楽は高校生の時にのめりこみ、シンガーソングライターとしてライブハウスで歌うまでに。

高校卒業後は銀行に勤め、6年間働いた後に寿退社。しかしその後離婚。しかし「離婚したおかげで今こうしてブラッシュアートを仕事にして生きられている」と語られた。 その後、起業に向けて着々と準備をされていたが、何の分野で事業を興すかは迷っていた。

ブラッシュアートをすると決めるきっかけは思わぬ形で訪れた。外国人のバンド仲間が故郷に帰ることとなり、別れを惜しんだ鎌田さんは得意の書道を生かし、仲間の名前を漢字で書いてあげたところ大喜び。他の仲間からも書いてくれと頼まれ、「自分の書道は人に感動を与えられるのだ」と気づいたとのこと。

image002-No971.jpg

それが転機となり、仏教大学の書の先生に師事。 そこで学んだことのひとつが「漢字は感示だ」という考え方。 「伝え方次第でおなじ漢字でも受け手の感じ方が変わる。ならば書き方はもちろん色や書体ももっと自由にあるべきだ」と鎌田さんは考え、それが今日のブラッシュアートに繋がっている。

将来はどんどんインカムを増やすことを目標とされるとのことで、達成したい具体的目標は6つ。 筆で行うアートについての本を出すこと。津軽三味線と書道パフォーマンスを軸としたイベントを企画し、ブラッシュアートを知る入り口にすること。有名企業のロゴ等の作成。クッションやベッドカバーに自分の作品を載せ、漢字の美しさを広める。セレモニーグッズのネット販売。JAPANテイストインテリアを広める。

その後私の話。要点の幾つかをあげると、
・目標があって初めて動ける。
何かをするにあたって目標は非常に大事である。
また、いくつも目標を定めると、それらが繋がり、やがてビジョンとなっていく。そしてそのビジョンに惹かれて、周りに素晴らしい仲間が現れる。

・決意するのに頭はいらん。腹を決めよ。
目標を定めても、実行しなければ意味がない。やらない人はまず頭で考えて怖がる。頭で考えるより腹を決めよ。

・インカムは複数持て。
ひとつの収入に頼るとその善し悪しに恐々としてしまう。 複数あればリスクヘッジとなり、安定となる。

・信者とは書いて儲けると読む。
経営者とは自身の夢を叶える人である。 しかし自分一人では大きな夢を叶えるのはなかなか難しい。 自分の志に共鳴してくれる人=ファン=信者が必要だ。そういう人がいれば夢はすぐに叶えられる。経営に当てはめるなら、「信者がいてこそ儲かる」ということだ。

今年もあと2ヶ月を残すばかり。まさに光陰矢のごとしである。

2011年10月22日

No.970 経営思想を変える〜第9期実践BS経営塾第1講

10月22日、10時から実践BS経営塾第1講を大阪中之島ビルで開催。
今回も多才な参加者が集まり、これから6ヵ月かけて各社のオーダーメイドのBSビジョンを策定していく。

image004-No970.jpg

第1講の今日は、「経営思想を変える」〜PL経営からBS経営へ〜昭和時代の経営とこれからの経営をテーマに講義。

実践経営塾の目的は、強くてよい会社づくりである。
財務基盤と人材育成威力を強化して、激しい環境変化の中でも生き延び、成長する会社を作る。

image002-No970.jpg

<第1講で得られた気づき/感想から>
<Mさん>
経営思想を変えるを受講させて頂き、木村塾長の生い立ちのビデオなど見させて頂き、目からウロコのような半生を見て凄まじい人生で感動致しました。
私も佐賀県の出身で貧乏な幼少からの、なにくその思いが今のエネルギーになっております。もっとBSを学び良い会社に絶対します。持たざる経営で継続して学びます。
<Yさん>
今回の気づきとしては、目標を立てる事が大切であり、目標を達成するためには行動を習慣化することが不可欠であるということです。これまでは、目標を何となく立ててしまっていて、具体的な行動に落とし込めていませんでした。BS経営塾を通して、目標をより明確にし、具体的にいつまでに何をすべきかなども、考えたいと思います。
<Tさん>
「メシが食えないのは変われというサインだ」という木村会長のお言葉が、かなり心に響きました。常に謙虚に現状と向き合って、柔軟に変化することが大切なのかなと感じました。
<Sさん>
とくに腹の底から響いたのは、木村会長の冒頭の言葉です。「その仕事でメシが食えるんか?」もっとも原初的であり、そして最終的な自問自答だと思いました。我が社の仕事は鋼板を加工して製造業各社に供給すること。日本の製造業全体の現状、業界の過当競争などから、毎日が熾烈な戦いです。ここで今後もどうやってメシを食うのか。ここで今後、どのようにお役に立って行くのか。日々、自問自答せねばならないと思いました。
<Oさん>
今回受講して、人とカネとモノを使って利益を生むというお話は非常に分かりやすいと思いました。今回は、BS経営のほんの入口に過ぎないかとは思いますが、まず決算書と向かい合いたいと思います。
<YAさん>
今回受講して、初めて耳にする言葉もあり、話についていくので必死であっという間に終わったような気がします。PL経営の考え方などわかりやすく、大変勉強になりました。次回も少しでも理解できるように勉強して行きたいと思います。
<OHさん>
第一講の気づき 沢山ありました! シンプルですが、ここで報告したい気づきは 自分がどうなりたいか決める!という事!
自分自身がゴールを決めれば必ず、そこに到着する!
人は、本気で決め 行動する事によりやれば出来る!
という事です。私は、この塾を通じて学び、成長し自分自身の夢を叶えます!

2011年10月21日

No.969 装いも新たに、第11回逆境セミナーin 大阪産創館

10月21日、第11回「逆境セミナー」を大阪産創館にて開催。
4月から開催した「逆境経営セミナー」10回シリーズはKKFCの皆さんや多くの大学生諸君の協力もいただき連続満席の中で成功裏に終えたが、継続の要望を頂き、10月度から装いも新たにルーミンリフォームの主催でスタートすることとなった。

image005-No969.jpg

今回も多くの方々にご参加いただいた。
定刻18時30分、司会者の案内でAさんBさんが二人一組の「ダイアード」になりAさんBさんが1分間スピーチ。会場の雰囲気は盛り上がり、その効果もあってか白熱問答は文字通り白熱。今後のセミナーのカタチになった。
次の開催は11月18日、次回が楽しみだ。

↓ダイアード
image003-No969.jpg

↓白熱問答!
image015-No969.jpg

<いただいたアンケートから(54枚回収)>
・今回初めて参加しました。自分の考えを再認識しなおすことができました。金を使うのが経営というのは心に残りました。また次回も参加したいと思います。
・稼ぎます!継続するために稼ぎます!
・エネルギー注入!リセット(リスタート)できました。ありがとうございます。
・体験、実験から生まれる教訓、コンセプトが研ぎ澄まされてスパスパ切れる感じがめちゃくちゃ気持ちいいです。年内中に一回り上のアクション起こします。ありがとうございました。
・少し疲れていたので元気をたくさんいただきました。感謝感謝です。法人の認証を頂き、登記を済ませ会社の設立をしました。これから自燃型でがんばります。
・本日セミナーに参加できてよかったです。改めて自分の感じた、もしくは気づいたことを素直に実行(行動)することが大切だと感じることができました。今後もシンプルに前進したいと思います。
・熱い気持ちが大切であるということが一番だというのは本当だと思います。 自分ももっと熱くなれるように頑張ります。
・4年ぶりに木村先生のセミナーに参加させて頂き、感謝しております。以前よりも熱さが 伝わってまいりました。これらか頭ではなく足で考えてもっと数字に強くなります。ご縁に感謝をこめて熱く燃える自分がなかったことに気づいた。もうそろそろ幕引きか、という考えを捨てます。
・毎回お話を聞くたびに元気を頂けます。自分はまだまだ若いのに、若さでも会長にはかなわないなと思いました。でも私も負けてばかりはいられません!周りを巻き込めるように自分が燃えたいと思います。
・(セミナーがきっかけで)今月とにかくということでバンコクに事務所を出しました。年内バンコクからの収益だけで飯が食えるようにします。次回も楽しみにしております。
・学生なので難しい話もあったのですが、こんな私でも分かるような話もありよかったです。お父さんがこういうお話を聞いているのだなと思いすごいと尊敬しました。貴重なお話ありがとうございました。(16歳高校生・お父様と参加下さいました)
 image011-No969.jpg

<主催者ルーミンリフォーム社長松岡さんからいただいたレポートから>
4月から始まった大阪KKSA(Kimura Katsuo Social Action)を弊社が引き継いで主催することになり、初めてのセミナーが無事終了致しました。
集客、運営にたくさんの方にご尽力いただき、またたくさんの方にご来場いただき開催できたことに心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
お手伝いの立場から主催者へ。右往左往戸惑うことばかりでしたがご参加いただくおひとりお一人の貴重なお時間をどう活かせるかという点だけはぶれることなく、より良いセミナーにしたいという思いで準備を進めてきました。
今回から参加者の方同士の交流を深め、また思いを口に出す大切さから「ダイアード」という試みを取り入れることにしました。みなさんが積極的に取り組んでいただけるのかという不安もありましたが、たくさんの笑顔のあふれる時間となりその後白熱問答でもたくさんの挙手につながったと思いました。取り入れてよかったと思いました。ご参加ありがとうございました。
今まで参加者として聞いていたセミナーの2時間を司会者として進行させていく。全体を見ながら、おひとりお一人の思いも受けながら、会長の言葉、思いもどう伝えていくのか。。。。まさに望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡を駆使しながらの2時間となりました。
また司会者の立場ではありましたが、直前成績の悪い経営者通信簿(決算書)を会長に見てもらった後の、いち経営者の立場としては参加者と同じ思いで会長の一言ひと言を今まで以上に受け止めて真摯な気持ちで聞くことになりました。3年やってだめならリセットしたらいい。自分がまず食べられないのに、分け与えることはできない。熱くなれ!熱くなって周りを巻き込め!
今後も大阪KKSA活動を通じて、たくさんの方に木村会長の思いを伝えていきたいと思っています。また私自身も経営者として成長し、小さくて強い会社を作っていこうと改めて決意しました。主催者として、いち経営者として両輪を上手に動かしながら邁進していきます。
来月以降も新しい試みを取り入れながら参加者が輝くセミナーになるよう知恵を絞っていきます。たくさんの方のご参加心よりお待ち申し上げます。

2011年10月20日

No.968 すぐそこのアジアに無数に広がる成長性の高いマーケットの実例〜第94回UBI早朝勉強会

10月19日、ほぼ一年ぶりに第94回UBI早朝勉強会で講師をした。
テーマは、「すぐそこのアジアに無数に広がる成長性の高いマーケットの実例」。場所は新宿マインズタワー15F。

image005-No968.jpg

富山や大阪、神戸からわざわざ駆けつけて下さった方々もおられ、会場には顔なじみの方々も多く見受けられた。会場は満席で開始前から熱気がむんむん。私のやる気も高まってきたところで講演が始まる。自己紹介を兼ねていつものように我が経営人生のDVDを上映。そのDVDを制作して下さったオウルワーズの小林社長も出席しておられ、感慨深いスタートとなった。

↓我が経営人生のDVD上映
image001-No968.jpg

DVD上映の後、我が経営人生について短く話し、その後に海外視察について話した。
ビジネスチャンスを今の日本で探すのは難しいが、アジアには飯の種が至る所に転がっている、「日本」という信頼のブランドや日本的経営の良さを海外で活かせと伝えた。

ユーモアーも交えながら、今後の経営のあり方や考え方などについても話した。
熱心な視線を感じながら、わずか60分弱、あっという間に講演を終えた。

image003-No968.jpg
<頂いた感想から>
・いつもながら心にしみる話でした。ありがとうございます。
・経営についてのモチベーションの上げ方、ビジョンを決めて経営戦略を練る、そして数字を作る。非常に良いお話、ありがとうございました。
・大変、勇気づけられました。いつもありがとうございます。
・いつも多大なエネルギーをいただけます。私もBS経営に取り組み、2015年で資本金1億円を目指します。
・頭で考えるより腹を大切にする、日本というブランド、現在の仕事と関連して大変に共感しました。
・毎回、元気いただけます。私も近々、自分で飯を食えるようにチャレンジします。私は「やります!」
・飯のタネを稼ぐことを考える重要性が分かりました。実例にもとづいてわかりやすかったです。
・少数精鋭、BS経営など大変勉強になります。大ボラをじっくり描きます。
・初めて参加させていただいたのですが非常に有意義な時間でした。「もっとせなあかん。できる!」と強く思いました。ありがとうございました。
・変化こそチャンス、会長の原点の言葉が非常に心に響きました。分かりやすく、色々とヒントをいただきました。
・いつも勇気をいただいています。特に日本人であるということがブランドであるという発言には大いに納得いたしました。
・未来に対するモチベーションをとても高揚させていただき、大変感謝しています。今、課題にしていることに今まで以上に熱を入れて頑張っていこうと思います。

2011年10月19日

No.967 目標が人生を変えていく〜木村塾(東京KKFC)10月度例会

10月18日、第4回東京KKFCを、今回ネーミングも新たに「木村塾」として新橋の会議室にて開催。
これは大阪でKKFCを立ち上げたXITの本間さんが、東京でも私を囲む会をつくってくれるということで7月から始めたものだが、今回ようやく名前も決まり、会場も満員となり、心機一転の好スタートとなった。

image005-No967.jpg

そして今回から大阪と同じく、参加メンバーのうちの1名が自らの人生を振り返り「我が人生を語る」というテーマで発表することとした。今回は、私が“ウズベキスタンの息子”と呼んでいる、ウズベキスタン人オビドー君が発表。日本人の奥さんが見守る中、流暢な日本語で「我が人生」を語った。

↓オビドー君の「我が人生を語る」
image003-No967.jpg

ソビエト時代からの人生の変遷を、パワーポイントを使って説明。
ソビエト連邦の崩壊から始まった劇的な人生の変遷、そして若くしてたくさんの困難を乗り越えてきた体験談、とても家族を大切にする家族思いなど、濃い内容が多く、参加者の多くが大きく頷きながら聞いていた。

オビドー君は、私の英会話教師のスティーブがウズベキスタン旅行をした時に知り合ったガイドで、スティーブの紹介で知り会ったが、初めて聞く話も多く、特に彼の家族への深い思いには感銘を受けた。

その後、アジア視察で感じたことや目標設定の重要性について私から話しをした。
目標が人生を変えてゆく、目標のある人生と無い人生では、天と地の差がある。目標の大切さを語り、年末にかけてみんなで目標を立てて「共に学び、共に成長する」理念を実践してゆきましょう、と締め括った。

image001-No967.jpg

その後、同じビルの地下のイタリアンで懇親会。
こうしてたくさんの人と出会え、楽しく素晴らしい時間を過ごせる機会があることに感謝。

<頂いた感想から>
・私は現在、卒業後の就職について悩んでいますが、本日のお話で数字入りのビジョン(10,20年後の未来)をたてるお話を聞いて目先のことだけではなく、10年,20年後にどうありたいのか、その為にどのような戦略を立てるのかを詳しく考えていきたいと思いました。ありがとうございます。
・ビジョンと戦略を明確にし、もっと公言していく必要があると感じました。腹をくくり、勝負します。海外にも「飯のタネ」を探しに行きます。
・私も結婚する前は将来のビジョンをもっと具体的にもっていましたが、最近は家庭との両立でビジョンを少し失っていた気がします。本日のお話を聞いて、自分のビジョン、そして2人のビジョンをもう一度、考えたいと思います。
・私たちの世代には「明るいビジョンを持つ」という能力があまりないような気がしました。「明るいビジョン」を持ちたいと強く思いました。そして、公言しようと思います。
・4年前、会長にアドバイスしていただいたことを胸に刻んでやってまいりました。次のステージに向かう時期なのだと感じておりました。ゆっくり急いでいこうと思います。
・自分自身も昨年、カンボジアに飯のタネを探しに行きました。が、何から始めていいのか?又、日本での経営もおぼつかないのに海外進出はいかなるものか?と悩み中です。日本での目標設定と確実に成功させる根拠のない自信だけはあるので、本日のお話を聞いて、海外も視野に入れる目標をたてられるよう、頑張っていきたいです。
・マンネリ化した毎日に、今後、何をすべきかのヒントをいただいたような気がしました。ありがとうございました。
・オビドー氏人生の30分間の講演、大変参考になりました。本当に価値ある時間を過ごすことができました。数字目標の達成の原動力になりました。
・「ビジョンを数字にする」「飯のタネは1日1つ見つかる」「商売は肚でやれ」このキーワードが僕の中に響きました。必ずやりぬきたいと思います。価値ある時間をありがとうございました。
・海外にはチャンスがある!日本の狭い分野で悩むより海外に視野を広げたいと思いました。

2011年10月18日

No.966 BSビジョン策定セミナー〜富山BS経営塾

10月17・18日、BSビジョン策定セミナーを富山で一泊2日で開催。人数こそ10人そこそこと少なめだったが、受講者は大変熱心で、私の方も随分と気合いが入った。

image005-No966.jpg

BSビジョンは、強くてよい会社を作る最初の第一歩。
参加企業の決算書を参考にして各社の10年後20年後のBSビジョンを策定していく。

経営を数字と言葉で表わしていく。達成時の状況をイメージするだけでワクワクドキドキ高揚してくる。

ビジョン無くして戦略は出てこない。
皆さんが素晴らしいビジョンを実現されることを心から願う。

image003-No966.jpg

<Mさんからいただいたメールから>
今回受講してBSからみる将来の展望(=ビジョン)を描けたことは、何よりの宝物になりました。まず、経営者として自社の現状把握から始め、30年(人生ビジョン)後の夢を描いたところから現状を見た時に何をすべきか、どういう方向へ向かうべきかを真剣に考えることができました。夢に向かって取り組むということがどういうことかが、少しづつ見えてきたような感じがします。これからも学び続けていきたいと思います。

2011年10月13日

No.965 飯の種を探すツアーinインドネシア

10月7日から「飯の種を探すツアーinインドネシア」を開催。
image001-No965.jpg

首都ジャカルタは人口1000万人で、中心部には高層ビルが林立する予想以上の近代都市である。国土面積は日本の約5倍。平野が70%で、石油、天然ガス、石炭などの地下資源も豊富。人口は2,3億人(実際は3億人らしい)と、中国、インド、アメリカに次ぐ4番目の大国である。しかも平均年齢は20歳代後半で、豊かさに目覚めた若者の活気で満ちていた。

日系企業数社を訪問。彼らの進出15年以上の実体験から、インドネシアにはチャンスは幾らでもあり、日本では考えられないビジネスアイデアがここでは毎日のように出てくると言うから凄い。一年間辛抱すれば誰でもチャンスはつかめると言う。インフラも未成熟なため、まだまだ成長の余地が十二分に残されており、チャンスがいたるところにあることを感じた。

↓日系企業訪問
image007-No965.jpg

↓行列ができるアイスクリーム店
image003-No965.jpg
韓国から5万人弱、日本からは一万人が、起業チャンスを求めてジャカルタに在住している。

ただ、インドネシアでは日本からのODA(政府開発援助)が全体の50%とダントツを占めており、対日感情も非常に良く、諸手を上げて日本人を待っている感がある。

このチャンスをもっと活かして、日本からもどんどん人が行かないものかと、もどかしく感じた。

2011年10月04日

No.964「実践BS経営塾」と「飯の種を探すツアー」inベトナム

先日、一年間音信不通になっていたBS経営塾卒業生のTさんから連絡があり、急遽国内での日程を調整して、竹内君・瀧本君を同行し、10月1日から4日まで、ベトナム、ホーチミンを訪問。

↓「逆境にまさる師なし」で90分間スピーチ
image007-No964.jpg

ホーチミンでの「逆境にまさる師なし」の講演会場には、現地で活躍する日本人が20名以上も参加しておられた。

↓セミナー後の懇親会
image005-No964.jpg

翌日、彼らの会社も訪問。いろいろ説明を聞きながら、彼らにはきちんと腹が座った逞しさがあることを感じた。そして日本の若者達が、海外でリスクに果敢に挑戦する姿に大変感動した。彼らに心からのエールを送りたい。

Tさんは20代で起業し、大阪を中心に飲食店10店舗従業員パート500名を雇用していた会社社長だったが、リーマンショック後に行き詰まってしまい、日本で広げすぎた事業を一旦リセットして、ホーチミンで事業を立ち上げて頑張っておられた。一時期は上海にも進出してみたが、少し違和感を覚えたのでベトナムに進出。現在、ベトナムの地で根を張りつつある。ベトナムに来て僅か半年で、なんと3箇所で事業を展開。事業を通じて現地の人脈も作っておられ、その実行力・行動力には大変驚かされた。

彼はBSビジョンを念頭に、再起を図って今ベトナムで頑張っている。

↓ホーチミンのラッシュアワー
image003-No964.jpg

日本の1960年代を思わせるベトナムには、メシの種がたくさんある。ホテル、飲食店、情報誌、リフォーム、建設、設計、医療、物販、イベント、不動産、旅行者、など等、数え切れない程の事業のネタが転がっているのを私は肌で感じた。

そしてここでも日本円は10倍に活き、100万円は1000万円の価値があるように思った。さらに親日家も多く、日本人が進出するには最適な土地ではないかと感じた。

来年にはぜひ「メシの種を探すツアーinベトナム」をモンゴルに続いて開催したい。

↓日系企業を訪問し会社の全体会議に参加
image001-No964.jpg

海外に行って思うことは、誰でもリセット可能だということ。日本というブランドは、海外では大変認められている。

アジアには日本の昭和30年代もしくはそれ以前で、ビジネスチャンスが一杯ある国がある。是非ともたくさんの方々に燃えているアジアを知って頂き、大きなビジネスチャンスを活かして頂きたい。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web