« 2011年10月 | HOME | 2011年12月 »

2011年11月26日

No.979 負債230億円からの生還〜逆境にまさる師なし〜

11月25日、戸田建設株式会社大阪支店災害防止協力会の事業主研修会が建設交流会館で開催され講師としてお招き頂いた。

image005-No979.jpg

明治維新、戦後の廃墟に続き、今の日本に求められているのは起業家魂をもった経済維新の志士である。

image001-No979.jpg

是非とも変化をチャンスとして欲しい!!

90分間があっという間に流れたが、130名の受講者に伝わっている手応えを感じた。

<いただいたアンケート(58枚)からの抜粋>
・変らなあかん!心に残りました。
・会社経営に対して改めて会社存続の厳しさとまた別の力をいただきました。経営理念から考えて行きたいと思います
・当社も変化に対応する難しさを痛感しております。本日の講演ぜひとも実践していきます。
・大変力強い言葉で明日からの気力が湧いてきました。頑張る決意を新にしました。
・変化と言う言葉を久しぶりにお聴きし感銘しました。今後の自分に対し変化対応戦略の勉強になりました。
・変化とは、かなり勇気を要することですが他に道なしと改めて確認しました。
・力強い言葉で勇気をもらいました。
・一人の男の人生を見た様な気がします。ありがとうございました。
・言葉の一つひとつに魂が入っているように感じました。大変重みのある講演で感動しました。明日から仕事への考え方を改めていきたいと思います。

image007-No979.jpg

・迫力ある体験に基づいた話に大変刺激をうけました。
・大変エネルギーを感じました。
・人生はチャレンジである。強いアドバイスありがとうございます。
・ありがとうございます。創業147年です。へこたれずに頑張っていきます。
・私は経営者ではありませんが、今日の講演において社員ひとり一人が経営者の考え方を持つことにおいて会社の成長、存続が出来ると感じた。
・何事もチャレンジする勇気と言うのは凄いと感じ、今後に生かしたいと考えました。
・言い訳をするな!が非常に印象的でした。まさに言い訳の日々に反省。
・現状打破に為になりました。
・色々な経験を活かし世界の変化に対応する考え方、海外に目を向ける発想が非常に印象的であった。

2011年11月25日

No.978 竹のようにしなやかに折れずに生きてきた野間さん〜第19回KKFCやってみよう会

11月25日、大阪駅前第2ビル6階大阪市総合生涯学習センター第2研修室で、午後6時30分から第19回「KKFCやってみよう会」を開催。スタート時間を今までよりも30分ずらしたことで、より参加しやすくなったと思う。

No978-1.jpg

ウズベキスタン出身のミロ君の流暢な英語と日本語の司会で会は進行。彼は「やってみなわからん!やった事しか残らん!」を“I do、I understand! I only get what I done!”と英訳してくれた。

↓ミロ君の司会で会は進行
No978-2.jpg

恒例の「我が人生を語る」は、今回は株式会社ルーミンリフォームの野間桂さん。
彼女は幼い頃に両親と死別。ただ一人の弟は障がいを持つ。両親亡き後養育者となり、愛情いっぱいに育ててくれた祖母とも中学のときに死別する。阪神大震災で家を失い、その後結婚して子育てしながら続けられる仕事を選んで在宅ワークを始めるが、取引先が倒産し多額の負債を背負う。

彼女の人生は、まさに逆境の連続といえる。
竹のようにしなやかに折れずに生きてきたと本人が自負しているとおり、運命を享受し、へこたれずに変化に対応しながら生きてこられた人生に感動した。

↓野間さんの発表「我が人生を語る」
No978-3.jpg

誰もが様々な人生ストーリーをもっており、自己を開示することは周りの人間に勇気と感動を与える。
今回も非常に有意義な時間となった。

2011年11月24日

No.977 ミャンマー視察

11月20日より、KKFC のメンバーでミャンマー視察へ。出発便はなんとブータン国王と同じフライトという幸運。

今回の視察は今年の夏にお会いしたミャンマーで手広くビジネスを展開するイエットさんと、彼と志をともにし日本とミャンマーの架け橋をめざしている藤田さんとのご縁がきっかけで、半年を経てついに実現。

バンコク経由で、かつてはミャンマーの首都であったヤンゴンへ到着。

↓ヤンゴンの街
myannma_09-No977.jpg

ヤンゴン到着翌日には、早朝のフライトで、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつとも言われる、パガン王朝の都であったバガンの仏教遺跡へ。仏塔の数は、全盛期(11世紀〜13世紀)には数万、数十万以上のパゴダがあったとも言われているが、現在残っているものは、およそ3,000。
大小3000を超えるパゴダ(仏塔)が ミャンマーの草原地帯に点在する姿は圧巻であった。

myannma_04-No977.jpg

ミャンマーの人々にとって、パゴダは釈迦がいなくなって以来、釈迦に代わるものであり、「釈迦の住む家」であるとされる。「釈迦の住む家」であるパゴダに入るときは履物を脱ぐことが求められ、靴や靴下を履いて入ることは許されない。

myannma_01-No977.jpg
myannma_05-No977.jpg

バガンからヤンゴンに戻り、市場や漁港、工業団地、イエットさんのオフィスなどを訪問。
ヤンゴン川を渡ってヤンゴン市内から少し離れた居住区も訪問。
ここでは、未だ井戸水、昔ながらの住居での生活だ。壁や屋根は編んだ木の皮でできている。 牛を使った農耕で暮らしているようだ。

↓左:昔ながらの住居 右:電飾による後光の仏陀
myannma_03-No977.jpg
myannma_07-No977.jpg

ミャンマー料理は、薬味でとうがらし、ニンニクがあり適度に辛くおいしい。

ビジネスに取り組むイエットさんから、最近まで軍事政権であったことや、発展途上国ならではの裏事情もお伺いすることができた。

ミャンマーは今年3月に軍事政権から民政へ移管し、テイン・セイン大統領はスー・チーさんとの対話や一部政治犯の釈放などの改革を進めているとも言われている。クリントン米国務長官も今月30日から訪問し、玄葉外相も12月下旬に訪問予定。これからの発展が楽しみな国である。
myannma_10-No977.jpg

2011年11月18日

No.976 BSビジョンを作ろう!〜第12回逆境セミナー

11月18日、大阪産業創造館で第12回逆境セミナーが開催された。
株式会社ルーミンリフォームが主催を引き継いで2回目となる今回のセミナーは、立ち見もでる満席となり盛況のうちに終了した。

image001-No976.jpg

今回のテーマは“BSビジョンを作ろう”で、ダイアード(2人1組の対話)のテーマも夢、ビジョン。

受講者達は生き生きとした表情でお互いの夢やビジョンを語っていた。ワークの時間も設け、夢やビジョンを実際に文字で書くことにしたのだが 真面目に自らの夢やビジョンに取り組む姿に胸が熱くなった。

image003-No976.jpg

ビジョンの書き方のコツは、
・ビジョンには必ず数字を入れること
・達成できそうな目標よりも10倍くらい大きい目標を描くこと
・ワクワク、楽しくなるような「大ボラ」を吹くこと
である。

逆境セミナーでは恒例となった白熱問答では、たくさんの挙手や熱い質問をいただき、こちらがパワーをいただいているようであった。

image005-No976.jpg

若い方も多く、また女性が多いことも会場の雰囲気を良いものにしていると感じる。
まさに老若男女が共に学ぶ場所がここにはある。

<いただいたアンケート(61枚)から(抜粋 )>
・本日はご講演ありがとうございました。そしてパワー注入していただきありがとうございました。今回二回目の参加ですが、前回と同じく自分の将来のビジョンを明確に、目標作成し近づくことができたと思います。現状と夢見る未来。逆算します。(31歳男性)
・楽しかったです!自分でビジョンを描いて毎日がワクワクするような人生を送りたいです。ありがとうございました。(28歳女性)
・「BS経営のすすめ」を読ませていただきました。まさに探し求めていた宝物が見つかった思いです。私自身も自分のビジネス人生をリセットするとともにクライアントさまにもお伝えしたところ皆さん喜んで「なるほど!」とうなっております。ありがとうございます。(44歳男性)
・やるかやらないか、やらない人間は山ほど言い訳する。耳が痛かったです。ビジョンと理念をもう一度定めてやります。(51歳女性)

image007-No976.jpg

2011年11月10日

No.975 第5回木村塾〜東京KKFC

11月10日(木)、京橋区民館第一会議室にて、午後6半時から第5回東京KKFCあらため「木村塾」を開催。
女性の参加者も増えてきた。増えて来た人数に対応すべく、今回より会場の規模をすこし広い場所に移しての開催となった。

image003-No975.jpg

元気よく発声練習をした後に二人一組になってのダイアログを取り入れて二回目。全体的にまだ不慣れな印象を受けるが、お互いを知ることでメンバー同士の交流も深まるのではないかと期待してる。

↓成瀬さんの「我が人生を語る」
image005-No975.jpg

初参加者の自己紹介の後、成瀬さんの「我が人生を語る」がスタート。

箱根駅伝を目指し、全力を尽くして創意工夫を重ねてきた彼の背景には深い感動を覚えた。彼は6月に会社を退社して新しい会社を立ち上げている。素晴らしい理念を持ち、新しい出発をした彼にエールを送りたい。

今回も非常に密度の濃い時間を共有出来た。

image007-No975.jpg

2011年11月09日

No.974 「永続する中小企業経営〜逆境にまさる師なし」〜東京商工会議所太田支部主催セミナー

11月9日、東京商工会議所大田支部主催のセミナーにお招きいただいた。会場は大田区産業プラザ。先端が14度の三角形型の個性的な形をした建物である。講演会場の室内も絨毯が敷き詰められ、椅子もゆったりした布張りで素晴らしい。

image001-No974.jpg

冒頭に我が経営人生のDVDを放映。
多くの決算書を分析して学ぶ中で、「BS経営」こそが強くてよい会社をつくる道だと悟った。
B/SとP/Lの間にある「税金川」を渡った純利益のみが強い決算書を創る。
その決算書が経営の最強の武器になる。
その為には10年後20年後のBSビジョンを明確にして取り組むことだと、我が社の事例を伝えた。

image005-No974.jpg

私は“新しい飯の種”を作り出せる人を起業家と定義している。
閉塞感に包まれた現在の日本には起業家が必要だ、と檄を飛ばした。
2時間の持ち時間があっという間に流れた。

image003-No974.jpg
いただいたアンケートでは、「大変参考になった」に丸印を付けておられる方が最も多く、手ごたえを感じた。

「BS経営」の普及を通じて中小企業の活性化のお役に立てれば嬉しい。

<いただいたアンケートから>
・これまでの経歴による話は説得力がある。
・ささる言葉がいくつか見つかってハッとした。
・非常に良い話が聴けた。
・現状を憂いている自分が情けなく感じました。
・今回のPL社員、BS社員、大変参考になりました。
・BS経営というものに興味を持った。
・講師の迫力がすごい!!

2011年11月08日

No.973 逆境を乗り越える発想と勇気がわくセミナー in 東京

11月8日、エックスアイティー株式会社主催の「逆境を乗り越える発想と勇気がわくセミナー」を東京都中小企業振興公社・秋葉原公社で開催。

image003-No973.jpg

同社主催のセミナーは大阪では開催されていたが東京では初めて。同じ会場で年内に2回、来年は6回の開催が既に決まっているという。
主催者の本間社長の開会挨拶では、久しぶりにセミナー開催への想いを聞かせて頂いた。その熱い志には是非応えてゆきたい。

我が経営人生のDVDを放映していただいてから登壇。
初回の今日は「逆境時代の経営法」を前半の60分間で語り、後半の60分間は白熱問答で更にテーマを掘り下げた。最後の10分間は弊社社長竹内泰光と共に応じた。

↓我が経営人生のDVD放映
image001-No973.jpg

食い入るような熱い眼差しに、大きな手ごたえを感じる。今後が楽しみだ。

今回、参加者50名、いただいたアンケートは42枚。このセミナーは、今後いろいろな工夫を凝らしてゆくという。私も「BS経営」を中身の濃いものにしてゆきたい。

↓弊社社長竹内泰光と共に白熱問答で答える。
image005-No973.jpg

<いただいたアンケートから>
・気合が入った。やる事が決まっていて志もある。市場性も将来性もある。あとは粛々とやるのみ。FAXで本日のことを知り、何か必ず得られるものがあると感じた。その通りであった。来て良かった。
・以前にもお話を聞かせて頂きましたが、今回の講演でまた自分自身、考え方・感じ方が違って聞かせてもらいました。起業家になろうと心に誓いました。素晴らしい講演、ありがとうございました。
・非常に勉強になりました。(人口の話と各国アジアの観光人口の話は面白かった)
アジアで勝負します。お金にきれいにビジネスをするというのは、非常に重要であることを痛感しました。
・大変勉強になりました。生涯現役で頑張りたいと思いました!
・大きな経営ビジョンを掲げる大事さ、B/S経営をすることの大事さ等、大変勉強になり、感動致しました。
・ヤル気が出てくる大変パワーのあるセミナーでした。得たものもたくさんありました。ありがとうございます。
・まだまだ自分は逆境の域にいない。甘い環境であり、腹をくくって生きようと思った。本当にありがとうございました。
・自分の元気のなさに気づかされました。30代で起業し失敗してから自分を殺しているような気がします。もう一度、やってみようという気持ちになりました。ありがとうございます。
・「岩の上にも3年」ダメならやめる覚悟を持って、とりあえず3年、今の仕事をやっていきたいと思いました。私には少し難しいお話もありましたが、仕事だけでなく、これからの人生のパートナーの見つけ方も学べ、勉強になりました。

2011年11月07日

No.972 第一回広島BS会 K.Kセミナー

11月7日、広島BS会主催のセミナーが広島市まちづくり市民交流プラザで開催され講師としてお招きいただいた。
勉強会の名前は「広島BS会 K.Kセミナー」と決まった。
4回シリーズで開催し、毎回2社を企業訪問させていただく。決算書のバランスシートには経営思想や会社の歴史が刻まれいて大変勉強になる。

image007-No972.jpg

主催者の川野様よりご挨拶をいただき開催。冒頭に講師の紹介を兼ねた我が経営人生のDVDを放映していただいてから登壇。今回は71名が参加されたが、強いバランスシートづくりのヒントになればありがたい。

受講者の中には何度も繰り返し私の話を聞いて下さっている方もおられる。
活発なBS問答で会場が白熱。

image005-No972.jpg

第一回BS会広島は成功裡に終えた。アンケート53枚の感想には手ごたえを感じる。内容の濃い時間を共有できて嬉しい。

ご準備下さった川野さん、水野さん、そして関係者の方々に心から感謝。

image009-No972.jpg
<いただいたアンケートの感想から> 参加者72名、アンケート回答枚数52枚
・「日本に起業家を多く作らないといけない」という主張にはとても共感しました。私がその一人になります。
・今、置かれている立場に行き詰まっていました。チャンスと捉える、決めたらやる!!やり方は自分で考える。今一度、経営理念に戻り、しっかりした経営をしていきたいと思います。勇気をもらいました。ありがとうございます。
・あらためて「本気でやる!」ということの大切さを実感させていただきました。具体的に数字に落とし込みながら、「どうなりたいか」「何がしたいか」をしっかり考え、頑張ります。ありがとうございました。
・情熱をいただきました!ありがとうございました。
・非常にいろいろ考えました。本当に1度、我が社のBSを見て今後のビジョンを考えたいと思いました。もっと見直して、次の講習を楽しみにします。
・非常に燃える話をありがとうございました。私は今から起業しますので、今日のことを肝に銘じて頑張ります。
・具体的にBSを見ながら木村様の考え方・視点を学んでみたいです。
・一問一答型のセミナーはとても良かった。本当に勉強になります。
・BS経営の考え方を大変素晴らしいと思い、自分でも身に付けたいと思いました。今日のアンサー形式のやり方も、色々な考えがあり、大変良かったです。

↓企業訪問
image003-No972.jpg

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web