« 2011年11月 | HOME | 2012年01月 »

2011年12月25日

No.991 六甲山全山縦走 56キロ

img1-No991.jpg

12月25日、弊社恒例の六甲山全山縦走を開催。

弊社社員のほか、取引先の方やKKFCメンバー有志も参加して賑やかな会となった。

須磨浦公園から宝塚までの公称56キロをひたすら歩く、過酷な道のりである。

全山縦走初完走は14名。

昨年途中で下山し無念のリタイアをしたメンバーも、今回は全員完走することができた。

本当に嬉しい。

ホテル若水での忘年会では、互いの健闘をたたえあい感動を分かち合った。

↓一軒茶屋にて
img2-No991.jpg

私が六甲山をこよなく愛するには理由がある。
愛、勇気、強さ、時には歩きながら仕事のヒントが浮かんだり、解決方法が見つかったりと、六甲山からはいろいろなものを貰ったからである。

決めたら出来る!やればできる!
六甲山は自信を与えてくれる。

来年の目標にも、ぜひ六甲山全山縦走完走を掲げて欲しい、と締めくくった。

↓懇親会
img3-No991.jpg

2011年のブログは今回で最終となります。
皆様良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

2011年12月22日

No.990 一年を振り返って〜第927回早朝元気セミナー

image001-No990.jpg
12月22日、第927回早朝元気セミナーを開催。
本日のテーマは「一年を振り返って」。

目標を立て公言し、それに向かって実践することで得る自信は、達成できた者しかつかむことができない「力」となる。

「それを教えてくれたのがKKFC(木村勝男ファンクラブ)・KKSA(木村勝男ソーシャルアクション)であった」とみんなの意見が一致していた。
面映いが嬉しい。

皆が発する、「来年もがんばります!」に、より以上を目指すひとりひとりが輝いて見えた今日の会であった。

2011年12月21日

No.989 第6回木村塾〜東京KKFC

香港から帰国した12月21日(水)、成田空港から直接木村塾会場である中央区立産業会館へ直行。
今回の木村塾も、新しい方が来られたり、ユニークな自己紹介もあったりで、とても楽しい雰囲気であった。

↓自己紹介の様子
image001-No989.jpg

今回の「我が人生を語る」は、株式会社ENPRO27(エンプロニーナナ)代表取締役の小川ゆかり社長。

明るい挨拶と共にスピーチが始まった。
幼少の頃から学生、そして社会人になるまで、また、父親の会社の倒産から失恋の話まで、波瀾万丈の人生について語られた。常に前向きな生き方をされていることに感銘を受けた。

image011-No989.jpg

その後、塾長である私の講話。起業家について熱く語った。
真剣な眼差しにこちらも引き込まれ、気がつけばあっという間の1時間であった。

来年からは、木村塾が木村起業家塾(仮称)へと更にバージョンアップを図ると聞き、これからどうなってゆくのかとても楽しみだ。

image009-No989.jpg

<木村塾のレポートより(抜粋)>
・すべての始まり
5年前に起業した彼女が今事業としてやっているのが、照明の色や配置を決めるライティングデザインという仕事。配色、配置だけでなく、光をうまく活かした全体のコーディネートまで請け負っているそう。「光はすべての始まり」という彼女の言葉は、太陽の隕石激突から始まった地球の誕生、生命の誕生の瞬間を想像させてくれた。

・夢
2020年、NASAの宇宙船に飛行士の緊張を和らげたりできる「光のメロディー」を搭載する。これが彼女の現在の夢だ。音楽を聞いて感情をコントロールする様に、7色の光を浴びて一日をスタートすることが当たり前の世の中にしたいと語る。
もう一つの夢が、自分が死ぬときに自分に書いた手紙を読みきって、次の言葉を言って死ぬことだ。「もう疲れたから寝るわ」起き上がってこない彼女の顔は、幸せにあふれた顔だという。
最後に、質疑応答の中からでた「あなたと光の関係は?」という質問に対する彼女の答えを。
「照らされるのではなく、自分自身がどう輝くか」
笑顔と一緒にあふれる彼女のパワーに表情に元気をもらった。
(Yさんのレポートから)

↓株式会社ENPRO27代表取締役小川ゆかり社長の「我が人生を語る」
image005-No989.jpg

2011年12月17日

No.988 理想のBSをつくる〜実践BS経営塾第3講

12月17日、実践BS経営塾を大阪中之島ビルで開催。
image001-No988.jpg

「我が社の決算書の改善ポイント」についてテーブル討論の後、塾長講話として「BSビジョンをつくれ」を60分スピーチした。

続いて目指すべきBSのカタチを、グループで討議をしながら深めていった。

今回は特別ゲストにMK株式会社(MKタクシー)青木社長を招いて講話をお願いした。
同社は伝説のサービスとして広く知られている。

↓右:青木社長の講話
image2-No988.jpg

今日に至るまでの道のりは決して平坦ではなく、凄まじいばかりの厳しい闘争の歴史であったそうだが、それを支えたのはお客様の絶対的な支持であったとのこと。
また、同社はBS経営のシンボル的企業であることにも共感を覚えた。

image003-No988.jpg

2011年12月16日

No.987 ミャンマーのイエットさん講演及び来年の目標設定〜第13回逆境セミナー

12月16日、大阪産業創造館で第13回逆境セミナーを開催。
今回は、ミャンマーで手広くビジネスを展開しておられるイエットさんをゲストに招いて講演していただいた。

image003-No987.jpg

ミャンマーは仏教の国であり、人々は礼儀正しく親日的。天然ガスや鉱物など資源も豊富で、まさにポテンシャルが高い国である。イエットさんは熱意を持って話して下さった。

↓イエットさんの講演
image005-No987.jpg

アジアは飯のタネの宝庫であるといつも言っているが、今回は現地の有能なビジネスマンから直接話を聴ける良い機会となった。

何でも商売になる、どんな事業をやっても成長することができる、ということが伝わったと思う。

出来ない理由を並べず、リスクを取り果敢にチャレンジして欲しいと、私も情熱を込めて話した。

来年の目標設定では、まず私が自分の目標を発表。
目標は必ず数字入りで立てることだと強調した。

↓ダイアード
image001-No987.jpg

<いただいたアンケートからの抜粋>
・本日も違うテイストでミャンマーの話が聴けて刺激的でした。
どんどんと自分のカラが脱げてきているのを実感でき、毎回参加することが楽しみです。
40代(男性)
・来年の目標びっちり決めていきます!
成功したくば、成功者のまねをしよ!!
大学生(女性)
・“今からでも遅くはない!思ったらすぐ始めよ!”この言葉が心の中に入りました!
目標に数値を入れて公言する!自己信頼が自信になる!
来年はベトナムに行きます!モンゴルにも行きたいです!
リスクを恐れずに挑戦することにします!
50代(男性)
・「ホームドラマのような人生ではなく、大河ドラマのような人生を送れ!」
今日の名言です。いつもありがとうございます。
(女性)
・1/10しか出来なかったら失敗と思うんじゃなく、1/10でもできたら大成功だという考えは就活でも同じ事だと思いました。
ありがとうございました。
大学生(男性)
・木村節で大変面白く聞かせて頂きました。
一言、一言に共感し、またそれを自分が今以上に実践していこうと思い、良い刺激になりました。
きっちりと目標をまず立てます。
30代(男性)
・普段から目標を持って行動しておりますが、更に大きな目標を立てようと誓いました。
六甲も近いので一つの目標にします。
30代(男性)
・体→心→技の順番がすごく印象が良かった。
そして、3000万円の借入を残して逃げた社長の後、会社を潰さずに腹を括ってやると決めたことが「良い」と思えた。
20代(男性)
・初めて、参加させて頂きましたが、考え方を根本から変えないといけないと自覚致しました。
ありがとうございました。
30代(男性)
・非常にパワフルで今までにないセミナーでした。
「学者になるな行動せよ」という言葉を数日前に尊敬する知人から言われたのですが、まさにそのものというべき会でした。
先生の2勝8敗、どんな大勝をしたか興味があります。
20代(男性)
・エネルギーの塊のような方で。こちらもパワーとエネルギーをいただきました。
リスクを避けながら人生を歩もうと考えてきましたが、1勝9敗でも最後に勝てばいいので。リスクをとって前に進みます。
ありがとうございました。
30代(男性)

image007-No987.jpg

2011年12月15日

No.986「最近、涙が出るほどお腹を抱えて笑ったこと」〜第926回早朝元気セミナー

12月15日、第926回早朝元気セミナーを開催。

今日のテーマは、「最近、涙が出るほどお腹を抱えて笑ったこと」。

img1-No986.jpg

img2-No986.jpg

以前、御堂筋パレードに出場した時、ちんどん屋に扮装した事がある。3か月間毎晩練習を重ね、100人以上も集結する大パレードになった。その打ち上げは大変盛り上がり、腸が捻じれるほど笑ったという体験を思い出した。

それをきっかけに、高知、富山などのまちおこしのイベントに招かれ、地域の振興にも役に立った。

セミナー参加者が、より以上の「元気な力」を生み出せるような素晴らしい内容の発表がいただけた。

2011年12月09日

No.985「強くてよい会社をつくる 経営の王道とは」〜日創研愛媛経営研究会

12月09日、日創研愛媛経営研究会に講師としてお招きいただいた。
テーマ は、「強くてよい会社をつくる 経営の王道とは」。

image003-No985.jpg

以下のレジメに添って話しをすすめた。
1・やってみなわからん・やったことしか残らん
2・経営は数字と言葉
3・SSS経営の進め
サイエンス・シンプル・スピードで経営する
4・経営とは変化対応
5・BS経営のすすめ
バランスシートを強化していく経営

強い経営とは優れたバランスシートによる経営であり、よい会社とは優れた人財のいる会社である。

また、ビジョンは数字と言葉で経営者が指し示してより明確にすることである。

↓DVD放映“逆境にまさる師なし”
image001-No985.jpg

112名の参加をいただいた。今回は講演にあたりオブザーバーの方々がはっきり分かるようにしていただいたので、オブザーバーの方々に、日創研経営研究会を通して学ぶ事の必要性をしっかり伝える事が出来た。

講演後の懇談会では、ゲストの方全員に感想を述べていただき、又、会員の方にも感想を発表していただいて大変盛り上がった。また、オブザーバーの方々を全員私の周りに集めていただき、一人ひとりにしっかりと経営研究会の意義を伝える事が出来た。その結果2名の入会をいただくことができて嬉しく思う。

↓懇親会でも一問一答
image007-No985.jpg

懇親会でも質問をたくさんいただき、私の話を熱心に聴いていただいたということを感じて大変嬉しく思った。

日創研愛媛経営研究会は6年ぶりであったが、会場設営・準備も良く、会の成長が感じられた。運営・歴代会長のサポートがしっかりしており、学ぶ姿勢、会風が良いと感じた。2年連続(24か月連続)入会の会風づくりもできていて良かった。

<いただいたアンケートからの抜粋>
・自己資本、利益剰余金を高める経営に夢やロマンが詰まっていること。考え方がすごく楽になりました。
・ピンチはチャンスの本質にせまりました。前向きに考える。行動する。そして、可能思考から生まれるものを大切にしていきたい。
・儲かっていないことがチャンス.B/S経営の大切さ
・とてもおもしろかったです。パワーをもらいました。B/S経営のススメを買いたいと思いました。
・人生を変えるほどにインパクトのあるお話でした。参加して本当に良かったです。
・今までP/L,B/Sを全くはきちがえていた。B/Sをもっと見て理解してB/S経営を目指したい。
・明確適切なお話を聞く事ができ、本当にありがとうございました。本気で学ぶ事を体験させていただきました。
・今後参考になるお話でした。経営知識は今全くありませんがBS経営、勉強してみます。

image005-No985.jpg

2011年12月08日

No.984「志の力で日本を変える」〜京都三縁の会

12月8日、京都の三縁の会に講師としてお招きいただいた。
三縁の会は、「志の力で日本を変える!」という理念を掲げている若手世代の経営者の会である。

DSCN0569-No984.jpg

三縁は、志縁、尊縁、結縁を意味し、
志を持つ人が集い、互いに志を尊び、結びつくことで日本を変えようと結束した会である。

34名、満席の出席者であった。
冒頭に我が経営人生のDVDを放映。
DVDが始まった瞬間から画面に食い入るように観ている様子に、私の気持ちも熱くなる。

DSCN0577-No984.jpg

京都には、100年、200年と続いている優秀な会社がたくさんある。
会社の強さに於いては、大小ではなく、継続し続ける会社が重要であること、さらにBS経営の必要性を語った。
会場の熱い眼差しに、私も更に熱弁をふるった。

経営は数字と言葉で表現するものであり、言葉を補強するのが数字である。
経営は“結果”を作らねばならない。
その“結果”が分かるのが決算書、バランスシートである。

DSCN0571-No984.jpg

経営は頭では無く、肚でするものだ!と檄を飛ばした。
その後の白熱問答は、時間が足りないほどの正に白熱した質疑応答となった。

<いただいたアンケートから>
・経営とは変化目標設定力、企業と事業の違い等、なんとなく知っている気になっていた事が非常に多いと感じました。今日頂いた一言、一言を大切にしていきます。
自分を変える、日本を変える、チャレンジする気持ちを、志を、大切に日々行動したいと強く思いました。
・今日で2回目の木村会長のセミナーです。前回に増してパワフルで実になる内容でした。
特にB/SとP/Lのお話しはすごく良くわかりました。私はP/L型でした。
もっと数字に強くならなければいけないなあと強く感じました。

DSCN0581-No984.jpg

・熱いお話誠にありがとうございました。
今年の4月に事務所を開業し「経営」者になりました。しかし、「経営」というものを考えたことはなく、やれる、やり抜くという思いだけで始めたので、本日のお話しで、また勇気を頂けました。また、司法書士にとどまらず、事業を始めようとしております。
10年後成功して、ご連絡させていただきます。
・何を言う前にやる! 人や世間のせいにしない!
この力強いメッセージは自分が日常頃思っている事なので、成功している方と共通した考え方である事が分かり、自信につながりました。
・木村さんの影響を受けて、個人経営者でもアジアに進出する術を模索している最中です。来年2月に出産を控えていますが、出産後にはベトナムに視察旅行に行きたいと企んでおります!わくわくする人生にしたいです!
木村さんのおかげでいつも背中を押されています。ありがとうございます。

DSCN0592-No984.jpg

・力強い講話をありがとうございました。
変化に対応はしていると自分では思っていますが、更に変化に飛び込むこと、変化を起こすくらいの勢いをもって進化していきたいと思いました。勇気を頂きました。
・「ゆでがえる」のお話しが胸に刺さりました。
明日からの自分の行為を見直すことができました。
・大ボラ吹いて、日々成長できるように、何でもとにかくやってみようと思います。是非UBIの社員さまにもお会いしたいです。
・ありがとうございました。燃えてきました。会社を初めて18年。これまでもBS経営だったと思いますが、何か悩んでいました。
方向性はこれで良かったと確信できました。今後は変化に挑んでいきます。
・これから起業をする私自身にとって不安が和らいだ気が致します。また早く起業を行いたいと前向きな気持になれました。またお話を聞かせていただきたいと思います。

No.983 「友達とは」〜第925回早朝元気セミナー

12月8日、第925回早朝元気セミナーを開催。
本日のテーマは、「友達とは」。

image002-No983.jpg

友達とは、友人、知人、仲間、グループなどを意味するとあるが、
相談できる人、利害関係無しに付き合える人や家族も友達関係と素晴らしい意見が出た。

image003-No983.jpg

人と人の繋がりは信頼関係で確立されてゆく。
セミナーの理念である「共に学び、共に成長する」ことが重要であると再認識したテーマであった。

2011年12月06日

No.982「腹をくくれ!」〜東京第2回逆境セミナー

12月6日、エックスアイティー株式会社主催の第2回逆境セミナーが東京・秋葉原で開催。
本間社長のセミナーへの熱い思いを語るスピーチをいただいてからセミナーが始まった。

image003-No982.jpg

「ゆでガエル」の人はやらない理由、出来ない理由を見事に並べる。
そんな「ゆでガエル」では閉塞感漂う今の日本を変えることはできない。出来る理由・やれる方法を肯定的に捉えて変化をチャンスとして行動することである。それでも現実は「やってみないとわからん!」のである。
試行錯誤を繰り返しながら会得するものが経営である。

順境の人は、数字入りの大きな目標を公言することで自らに逆境を作り出せ。
一度だけの人生である。
ホームドラマより大河ドラマのような生涯を送れ!と檄を飛ばした。

↓質疑応答
image005-No982.jpg

食い入るような眼差しを感じながら、気がつけばあっという間の二時間。
白熱問答タイムも前回以上に次々と手が上がり、一問一答の白熱の時間となった。
二回目にして大きな手応えを感じることが出来た。

<いただいたアンケート(38枚)からの抜粋 >
・震災後、全ての環境が変化し、弊社の売上は毎月3%〜5%下がっていきました。しかし、それを乗り越えたのは、環境の変化からの“やってみる・行動する”でした。
今の私の状況を再確認できる2時間でした。ありがとうございました。
・社員に数字を入れた目標をもたせ成長させるのが会社の役目と言われた事が自分の学びになりました。本日は本当にありがとうございました。
・日頃のあたり前は違っていた。自己満足は逃げ口上、猛省しています。
・逆境について質問させていただきました。自分で逆境を作る。僕に足りない部分でした。本当の意味での腹をくくるという事をしていきたいと思います。
・今日のお話しの中で、“腹をくくる”ということの大切さをお教えいただいたことが大きかったと思います。経営者として、欠けていた点だったと反省しました。
それと、木村会長のほとばしる“気迫”が何より、私に“パワー”を与えてくれたと思います。ありがとうございました。
機会がありましたら、社長の交替について、お話しをお伺いできたらと思います。

image001-No982.jpg
・木村会長は想像していた通り熱い方でした。あと、ご紹介されていた通り、目標達成力、有言実行力も素晴らしいと思いました。
正に命を懸けて数々の会社を経営してきたことが伝わってきました。木村会長の存在は今の日本には大変貴重だと思います。これからも応援しております。
・前回のセミナーの後、目標を決めました。2016年まで“本1000冊” “映画1000本” “セミナー講聴1000回”。ちなみに今年は映画200本以上観ています。当初の目標は150本でした。時間は作れるものですね。有難うございました。
60歳からの目標は映画評論家です。
・本日はとても貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。私どもも創業26年の経営を改めて考えさせられる思いでした。
私自身が会社に貢献する為に目標を公言して逆境をつくっていくよう腹をくくります。またお話を聞かせていただきたいと思います。感謝。
・色々と感じた事がありましたが、広い世界観のお話しを聞いてる時、どこか、日本と日本人の自分が別々に存在してる気がしました。
日本=自分になり、明確な目標の上、儲けて、家族の為と社会貢献をしていきます。ありがとうございました。
・今回貴重なお話ありがとうございました。最近の自分の為に話をしてもらえているようで参加出来て良かったです。
また機会がありましたら参加させていただきたいのでよろしくお願いします。そしていつまでもチャレンジしていく姿勢に賛同させていただきます。

2011年12月05日

No.981「BS経営のススメ」〜滋賀県愛荘町商工会セミナー

12月5日、滋賀県愛荘町商工会のセミナーにお招きいただいた。テーマは「BS経営のススメ」。
愛荘町は、秦荘町と愛知川町が平成18年に合併して誕生した人口約2万人の町である。

image005-No981.jpg

我が経営人生のDVDを放映後、強くてよい会社をつくる「BS経営のススメ」について話をさせていただいた。

↓我が経営人生のDVD放映
image001-No981.jpg

売上志向のPL経営より、自己資本を増やすBSを意識した経営が重要である。

そして、経営とは変化対応業である。

今、時代は起業家を求めている。
この閉塞した時代にこそ、変化をチャンスと捉えて欲しい。
海外のマーケット、特にアジアは飯のタネの宝庫である、と熱く話した。

あっという間の90分であった。
参加者の手応えもよく、聴講者の皆さんに新しい視点をお伝えすることができたと思う。

image003-No981.jpg

<いただいたアンケートから>
・BS経営のススメの勉強ありがとうございます。今までPL経営でしたが、BS経営に重点を置いていきます。
・弊社もようやくBS重視の経営方針になって参りました。大変参考になりました。今後の糧にします。
・迫力の講演でした。本やホームページを見て勉強したいと思っています。息子にも先生の話を聴かせたいと思いました。
・PL経営からBS経営は興味ある実践的な話でした。大変勉強になりました。
・経営に対する考え方、数字で語る大切さを教えられました。頑張ります。
・非常に元気をいただきました。ありがとうございました。
・決算書を見るには売上高が重要と思っていました。資本をベースにした話が意外に楽しかったです。
・約1年ぶりに木村節を拝聴させていただき、我が心に腹に喝を入れていただきました。歳を重ねるごとにパワーアップされ、飯のタネを探す行動力、ますます見習いたいと再認識させていただきました。末永く人生の師として学ばせていただきたく宜しくお願い致します。

2011年12月01日

No.980 12月に入って考えること〜第924回早朝元気セミナー

12月1日、第924回早朝元気セミナー(早朝経営セミナー改め)が、装いも新たに堂島ホテル6階会場にて開催。新しいメンバーも二人加わった。

Photo-No980.jpg

テーマは「12月に入って考えること」。
2分間という短い時間で、参加者は自分の考えをまとめて発表する。その後、浅田先生からの的確なフィードバックをいただく。

体の五感を使って全ての対象物を洞察し、体験し、反省することが大事であるとのお話もいただいた。
今後の早朝元気セミナーが楽しみである。

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web