« No.981「BS経営のススメ」〜滋賀県愛荘町商工会セミナー | HOME | No.983 「友達とは」〜第925回早朝元気セミナー »

2011年12月06日

No.982「腹をくくれ!」〜東京第2回逆境セミナー

12月6日、エックスアイティー株式会社主催の第2回逆境セミナーが東京・秋葉原で開催。
本間社長のセミナーへの熱い思いを語るスピーチをいただいてからセミナーが始まった。

image003-No982.jpg

「ゆでガエル」の人はやらない理由、出来ない理由を見事に並べる。
そんな「ゆでガエル」では閉塞感漂う今の日本を変えることはできない。出来る理由・やれる方法を肯定的に捉えて変化をチャンスとして行動することである。それでも現実は「やってみないとわからん!」のである。
試行錯誤を繰り返しながら会得するものが経営である。

順境の人は、数字入りの大きな目標を公言することで自らに逆境を作り出せ。
一度だけの人生である。
ホームドラマより大河ドラマのような生涯を送れ!と檄を飛ばした。

↓質疑応答
image005-No982.jpg

食い入るような眼差しを感じながら、気がつけばあっという間の二時間。
白熱問答タイムも前回以上に次々と手が上がり、一問一答の白熱の時間となった。
二回目にして大きな手応えを感じることが出来た。

<いただいたアンケート(38枚)からの抜粋 >
・震災後、全ての環境が変化し、弊社の売上は毎月3%〜5%下がっていきました。しかし、それを乗り越えたのは、環境の変化からの“やってみる・行動する”でした。
今の私の状況を再確認できる2時間でした。ありがとうございました。
・社員に数字を入れた目標をもたせ成長させるのが会社の役目と言われた事が自分の学びになりました。本日は本当にありがとうございました。
・日頃のあたり前は違っていた。自己満足は逃げ口上、猛省しています。
・逆境について質問させていただきました。自分で逆境を作る。僕に足りない部分でした。本当の意味での腹をくくるという事をしていきたいと思います。
・今日のお話しの中で、“腹をくくる”ということの大切さをお教えいただいたことが大きかったと思います。経営者として、欠けていた点だったと反省しました。
それと、木村会長のほとばしる“気迫”が何より、私に“パワー”を与えてくれたと思います。ありがとうございました。
機会がありましたら、社長の交替について、お話しをお伺いできたらと思います。

image001-No982.jpg
・木村会長は想像していた通り熱い方でした。あと、ご紹介されていた通り、目標達成力、有言実行力も素晴らしいと思いました。
正に命を懸けて数々の会社を経営してきたことが伝わってきました。木村会長の存在は今の日本には大変貴重だと思います。これからも応援しております。
・前回のセミナーの後、目標を決めました。2016年まで“本1000冊” “映画1000本” “セミナー講聴1000回”。ちなみに今年は映画200本以上観ています。当初の目標は150本でした。時間は作れるものですね。有難うございました。
60歳からの目標は映画評論家です。
・本日はとても貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。私どもも創業26年の経営を改めて考えさせられる思いでした。
私自身が会社に貢献する為に目標を公言して逆境をつくっていくよう腹をくくります。またお話を聞かせていただきたいと思います。感謝。
・色々と感じた事がありましたが、広い世界観のお話しを聞いてる時、どこか、日本と日本人の自分が別々に存在してる気がしました。
日本=自分になり、明確な目標の上、儲けて、家族の為と社会貢献をしていきます。ありがとうございました。
・今回貴重なお話ありがとうございました。最近の自分の為に話をしてもらえているようで参加出来て良かったです。
また機会がありましたら参加させていただきたいのでよろしくお願いします。そしていつまでもチャレンジしていく姿勢に賛同させていただきます。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web