« No.1089 第952回 早朝元気セミナー「自分を愛していますか!」 | HOME | No.1091 第953回 早朝元気セミナー 「自分にとって自立とは  “私の一番の強み”」 »

2012年07月10日

No.1090 【木村勝男ニュースVol289】 「生涯青春」

最近は足繁く書店に通い、読書の冊数も週に3冊のペースで、
過去にないスピードで読破しています。

読むジャンルも広がってきました。

講演や国内外の視察などで出張することが多く、
移動時間を読書タイムに充てていますので、買った本は次々と読んでしまいます。


講演の前はスポーツクラブで汗を流し、心身ともに最高のコンディションで臨みます。

おかげさまで体重のコントロールも良好。
体調もいいです。


読書、運動、講演のサイクルが好循環を生み出し、私の活力となっています。


学んだことを、アウトプットする場があるということが、
どれだけ有難いことか。感謝の気持ちでいっぱいです。


拙い自分の体験や生きざまが参加者へ元気を与える。望外の喜びです。
私自身もみなさんから、多くの学びと勇気とエネルギーをもらっています。


夢や、やりたいことがあるということは本当に幸せです。

そして、学ぶということは人間として成長したいということであり、
成長しようという意欲を持っているあいだは青春だと思っています。


日々の弾んだ気持ちから、年初の目標を上方修正、
読書100冊、運動目標200回、般若心経写経2500枚としましたが、
読書は再々上方修正が必要になりそうです。


決して目標に管理されているのではありません。


「80歳の私からの手紙」や年初の目標など、
全てをオープンにして公言していることで
たくさんのエールをいただき、そのことが達成するためのパワーとなっています。


このようにして、前半の半年を過ぎたところですが、
今年は比類のない突き抜け感を感じています。
この突き抜け感は、爽快なものであり、我ながら誇らしい気持ちです。


60代はゴールド、70代はプラチナと答えてきましたが、
名実ともにプラチナになってきていることを実感しています。


私はいつでもチャレンジャー。


プラチナの輝きをさらに輝かせて、
前向きに「生涯青春」を楽しみたいと思っています。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web