« No.1093 栃木県那須野ケ原中央倫理法人会 モーニングセミナー | HOME | No.1095  【木村勝男ニュースVol290】 「捨てる勇気」 »

2012年07月15日

No.1094  東京木村塾 開催

7月13日、東京都産業労働局秋葉原庁舎第4会議室にて、東京木村塾が開催された。
今回の東京木村塾は、わがUBIの竹内社長と瀧本副社長も駆けつけてくれた。

エックスアイティー株式会社本間社長からの挨拶のあと、プロフィールDVDが上映され、登壇。

今回は、ビジョン達成のために邁進している主人公たちである社長と副社長を迎えての木村塾であるため、いつもと一味違う展開となった。

はじめに弊社の2030年ビジョンからお話しをさせていただいた。
次に、社長と副社長から2030年ビジョンについての経緯や、今後の展開を語ってもらった。

jyuku%8E%CA%90%5E.JPG

maneoの話やモンゴルの事業展開など、やはり当事者の話は具体的で、みなさん真剣な表情で二人の話に聴き入ってくださっていた。

そして私と社長、副社長が前に立ち、白熱問答。
今回は間髪入れず手が挙がり、事業展開に悩むお話しや、人財育成に悩む経営者からの質問など、多岐にわたる質問に3人で答えていった。

jyuku%8E%CA%90%5E%20%282%29.JPG

私も社長や副社長の考え方をあらためて知ることが出来て、とても充実した時間を共有することができた。

私達の経験や経営理念がなにかのお役に立てれば幸いである。
非常に充実した時を過ごせたことに感謝したい。

〈いただいたアンケートより抜粋〉

・ 本日は竹内社長と瀧本副社長のお話を聴くことができて、木村会長の哲学やビジョンを改めて確認することができました。同時に、木村会長の事業体験の深さと哲学と信念の本物度を実感しました。
・ いつも木村会長のお話を伺って、起業家マインドを奮い立たせています。今日のお話は、特に魂に刺さりました。「儲からない会社は信頼されない」この言葉を聴いて、信頼を積み重ねることの大切さに改めて気づきました。これからもBSビジョン達成に向けて、行動していきます。
・ 人生は一度しかない。後悔することのない人生を送らねばと思いました。ありがとうございました。
・ 経営のコツがつかめるように、失敗を恐れずチャレンジしていけるようにがんばっていきたいと思いました。経営者はどのような生きざまをしなければならないのか、木村会長から教わりました。
・ 理念とビジョンがいかに大切か、勉強させていただきました。自分自身でもう一度考えて、公言していく必要があると感じました。あらためて「やり場」を与えることが大事であるか、認識することができたので、具体的に行動に落とし込めるようにやっていこうと思います。本日は大阪からの参加でとてもよい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
・ いつもレベルの高い話で勉強になります。社員も連れてきて、新しい視点から仕事ができるように教えたいと思います。ありがとうございました。
・ 本日はいつもと違う試みで、竹内社長と瀧本副社長の実声を聴くことができ、木村会長の人間としての魅力にみなさんがついて行っているのだということがよくわかりました。人間愛って 素晴らしい。事業に関しても、具体的な話が伺えて面白かったです。
・ 究極のリーダーシップの在り方を学ぶことができました。ありがとうございました。現場でビジョンの共有、誠実さ放牧経営を意識してやっていきます。
・ 私利私欲のない誠実な人に、人はついてくるのだということに気づかされました。お山の大将で長くいると見えなくなってしまうことが恐ろしいですね。事業は人が要(かなめ)であることを痛感しました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web