« No.1106 【木村勝男ニュースVol292】  「放牧経営」 | HOME | No.1108 第956回 早朝元気セミナー 「自分にとってチャンスとは」 »

2012年08月01日

No.1107 大阪木村塾開催

7月27日、大阪産業創造館にて、大阪木村塾が開講された。

大阪木村塾は毎月開催であるが、
学生、経営者、起業を目指している人など、多彩な顔ぶれが揃って賑やかである。
みなさんの前向きな意気込みが大変嬉しい。

今回は先進事例として、大福コンサルタント株式会社 取締役 福田和志さんより、モンゴル進出についてスピーチをしていただいた。
彼は私がいつも言っている、「起業家とは明日の種を見つけることができる人。リスクを取って果敢にチャレンジし、変化に対応できる人」を地でいく薩摩隼人である。

%8E%CA%90%5E%20%2810%29.JPG

熱い思いに溢れたスピーチは、大変良い刺激になったと思う。
起業家精神と行動力で、新しいステージにチャレンジする福田さんにエールを送りたい。

%83I%83T%83J.gif

まずは、しっかりと稼ぐこと。
ヒト、モノ、カネ、情報、マーケット、
世の中の資源を使って仕事をさせていただいているのであるから
しっかり利益を出して、しっかり税金を納めることが重要である。

飯が食えていないということは、世の中の役に立っていないに等しい。
儲かっていない会社は、信頼されない。
茹でガエルになるな。変化をチャンスととらえよ。
言い訳をせずに、しっかりと稼ぐことである。

普通の人は仕事ををしているが、経営はしていない。
私は長年経営をしてきたが、仕事はしていない。

やる気のある人に任せることが大切である。

恒例の白熱問答では、活発な意見や質問が出て盛り上がった。

大阪木村塾、引き続き熱く燃えていきたい。

<いただいたアンケートより抜粋>

・木村会長は「経営をしたが、仕事はしなかった。」普通の人は「仕事はしているが、経営をしていない。」この言葉が今日最も響きました。ひるがえって私はいわゆる「仕事人間」で聞こえはいいが、社員に仕事を任せていないことを反省しました。人に任せることを学びたいです。
・あっという間に時間が過ぎました。経営者としての甘さを反省しました。大きなスタンスで自分を見る目を、木村会長との出会いで拡大していき成長していきます。
・いつもほんとうにありがとうございます。木村塾パワーアップセミナー楽しみにしております。年初に立てた目標達成に向けて頑張っていきます。感謝です。
・俄然、モンゴルに興味が湧いてきました。国内だけではなく海外に目を向けていきたいです。まだまだ出来る事があると気付きました。
・8760時間のうち760時間を自分を成長させることに使えということが心に響きました。1日にすると約2時間をどこで作るかを考えると、やはり朝だと思うので、会長のように毎朝やることを決めてやっていくことにチャレンジしようと思います。まずは7月中に何をやるかを決めたいと思います。
・BS経営とは何かと思ってきました。バランスシートなんですね。私は今まで自分の仕事(作業、開発、営業)を仕事と思っていましたが、これからは経営に力を入れようと感じました。本日はありがとうございました。
・数字の無い経営はダメだという、木村会長の言葉にいつも感動します。
・私のグループでも50年、100年と続く企業をということをビジョンとしております。同じ方向のお話がありましたので、自信がつきました。結果を出すためのヒントがたくさん詰まっているように感じました。
・目からうろこ、経営も仕事もしていない経営者でした。大きなビジョンを持てない自分でした。本物だと思いました。これからも時間を作って参加します。
・本日は勇気を振り絞って質問させていただきました。木村会長に真剣に助言頂き、本当に感動しました。そして明日からのやる気につながりました。本気で考えて頑張ります。ありがとうございました。
・木村会長とは起業家養成スクールからお世話になっています。今日、木村会長の隣で会長が、大阪のみなさんを前に一生懸命に話をされるお姿を見て、私も将来会長の歳になった時は、木村会長のようになっていたいと思いました。鹿児島の木村塾は任せてください。そしてこれからの鹿児島の塾生をよろしくお願いいたします。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web