« No.1146 木村塾パワーアップセミナー 「より以上を目指して生きる」 | HOME | No.1148 日創研 香川経営研究会 高知委員会 »

2012年10月22日

No.1147 我が人生を語る 第29回「木村塾やってみよう会」10月例会

10月19日、大阪駅前第2ビル4階 大学コンソーシアム大阪にて第29回「木村塾やってみよう会」開催された。

今回の「我が人生を語る」は、河村 浩幸さん。

1枚目のスライドのタイトル、【42歳 後厄 我が人生を語る 河村 浩幸】にみんな大爆笑。
和やかなムードで始まった。

河村さんは、小さい頃は活発なお姉ちゃんの後を付いてばかり。
小柄で内気な少年だったそうである。
中学生の時に塾に通うようになり、
「浩幸、一クラス上がったら、500円小遣いアップよ!」という母親の言葉につられて勉強し、成績がメキメキとアップ、小遣いもアップした。
さすが勉強好きな河村さんである。

kawamuraIMG_0595.jpg

大学時代は、勉強より遊びのウェイトが大きくなり、卒業旅行で行ったオーストラリアが大好きになったとのこと。
23歳就職、証券会社に勤めるも2年で退社し医療機メーカーに転職。
27歳で結婚、大好きなオーストラリアで挙式。
その後はなんとオーストラリアに住むことになり、回転寿司屋のアルバイトで生計を立てながらITの勉強に励んだそうである。

その後、色々あり日本に帰国。
ITの仕事を探すが年齢等で断られ、そんなとき母親の「資格でも取ってみたら」の一言で税理士を目指す。
専門学校に通い、その後は税理士事務所で働きながら勉強を続け、34歳の時、税理士資格取得!
そして40歳で独立し現在に至るとのことであった。

その後私のセミナーに参加し、やってみよう会にも入会。
「売り上げはナンボや?これからどうしていきたいんや?」
いつものごとく私が直球で質問するので相当に面食らったとのこと。

kawamurakkfc1210_1.jpg

彼の素晴らしいところは、いつでも自分で意思決定してきたところと行動力があるところである。
税務の仕事だけではなく、顧客の将来のBSビジョンを指導できるような税理士になって欲しいと思う。
そうして彼自身が真の経営者になって欲しい。
私はできると確信している。

「我が人生を語る」は今まで人生の棚卸しにもなり、将来の夢が開けてくる。
共に学ぶ仲間から応援・激励を送られることにより、自分自身がやってるで!と力がみなぎってくる。

このような会が続いていることに、本当に感謝したい。
そして、共に学び共に成長していきたいものである。




 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web