« No.1157 「逆境にまさる師なし」〜ゼロからの出発、そして負債230億からの生還〜 講演会 | HOME | No.1159  東京木村塾 開講 »

2012年11月10日

No.1158  木村塾パワーアップセミナー 「真面目に生きるとは」

11月8日、第969回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「真面目に生きるとは」であった。

先日視察したカンボジアの話から始めさせていただいた。
カンボジアはアジアの中で、これから最も成長の可能性を感じさせる国であると感じた。

母はいつも「やったらできる」と言っていた。
私は努力家とは言えないが、いつでも本気で一生懸命生きてきた。

自分の可能性を信じて行動し、与えられた命を活かしきることが、真面目な生き方であると思う。

言葉はプラスの言葉、可能性を広げてくれる言葉を使うこと。
迷惑をかけたという言葉は使わず、世間には世話になったと、考える。
私は世の中に大変お世話になり、本当に良くしていただいたので、
そのお返しがしたいと思って毎日動いている。

1108%83p%83%8F%81%5B.jpg

「Kさんからいただいた感想」

 この回のテーマは「真面目に生きるとは」でした。
抽象的なテーマですが、皆さん様々な視点でお話しされ、そういう見方もあったのかと目からうろこが落ちることも多々あります。その視点というのは、その方が生きてこられた人生、歴史によるところが大きいと思います。自分とあまり接点のない職業の方の人生について深く聞くことはありませんから、こういうところもこのセミナーの魅力であると感じます。
 木村会長のお話で、一つに心に残った言葉があります。人は誰しも他人に迷惑をかけずに生きることはできません。しかし、木村会長はそれを迷惑をかけたと考えるのではなく、「世間には世話になった」と考えているのだそうです。迷惑をかけたと考えると、どうしても生き方が制限的になってしまします。そして、可能性を制限する生き方は「真面目」とは言わない、とおっしゃっていました。他方、世話になったと考えると、それを世間にお返ししようと考えますから、結果的には他人のためになりますし、より自由に生きられるような気がします。実際、このセミナーも儲け度外視で、社会貢献の一つとして運営されています。
 自分にとって、このセミナーに参加できることは、一つのチャンスだと考えていますので、これからも可能な限り参加していきたいと思います。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web