« 2012年11月 | HOME | 2013年01月 »

2012年12月30日

No.1185 「12月度 目標進捗状況」

12月度 目標の進捗状況の報告をします。(12月30日現在)

運 動 241/回/200回
万歩計 585万/500万
体 重 66kg
禁 酒 98日/100日
読 書 217冊/150冊
英会話 116回/100回
写 経 2605枚/2500枚
ブログメルマガ 222回/150回
講 演 804/回/800回
海外視察 11回/10回

12月のトピックス
・ 六甲全山縦走、11時間3分!!

1230.jpg

2012年12月24日

No.1184【木村勝男ニュースVol306】 「今年1年を振り返って」

2012年 辰年、私は72歳の歳男でした。
歳男にふさわしく昇り龍のごとく飛翔の年にしますと、年頭の目標発表で宣言しました。


そのような気持ちでスタートしたのですが、今年1年を振り返ると、
心技体の数値目標(運動、写経、万歩計、読書、講演数)は、


かつてない新記録を更新し、極めつけは13年ぶりに六甲全山縦走を11時間3分で完走という、
大きなチャレンジを達成することができました。


「あなたの人生はあなたの心に思い描いたとおりになる」という、
ジョセフ・マーフィー博士の人生の黄金律の言葉にもありますが、


夢や目標を持ち決断したことをやり続けると、
まさにそのとおりに人生が展開していくことを実感できた1年であり、


今年は72歳の人生の中で、
最も成長することができた最高の年であったと、私自身が感動しています。


1年365日、12ヶ月、52週、8760時間を、いかに活用しいかに成長していくか。


そのためには、何事にも好奇心いっぱいに
貪欲にチャレンジしていくことにつきるといえるでしょう。


「どうすれば続けることができますか?」

「どうすれば変わることができますか?」


木村塾でもよくこのような質問をされますが、
答えはやはり、夢や目標を持ち、なりたい自分に向かってやっていくしかありません。


拙い経験ではありますが、私の生涯チャレンジャー人生が、やればできるんだよ
というプラスのオーラとなって、世の中のお役に立てたら嬉しく思います。


そうして来年の今頃には、人生の中で最も成長することができた1年であったと、
言えるような年にしたいと願っています。


みなさん、引き続き来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

1225%83%81%83%8B%83%7D%83KIMG_1687.jpg

2012年12月23日

No.1183 木村塾パワーアップセミナー 「今年1年を振り返って一番嬉しかったこと」

12月20日、第975回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「今年1年を振り返って一番嬉しかったこと」であった。

今年は飛躍の年、72年の人生で一番成長できたと如実に実感できた年であった。

本物は続く、続けると本物になる。
生活の中に数値目標を入れて継続していくと、生活の質が引き上げられる。

生涯チャレンジャー人生には、フィニッシュはない。
いつでも現在進行形(ing)の最中で、生きていく。

夢や目標に向かって成長を続けていく、生涯青春を貫きたい。

1220power.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

• 22年で「975回目」を数字でみたときに、この会の歴史と重みを感じました。浅田先生には、言葉の裏に隠れた見えない言葉を教えていただきました。数字や言葉から深くを読み取れる訓練したいと思いました。私もこの機会に目標を作って達成していきたいです。
• 会長の言葉で心に残った事。世間の下請けはするが、特定企業の下請けをしない。
• 「リスクのないところに喜びも達成感もない」リスクにもどんどんチャレンジしていく生き方をしていきます。今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
• おかげさまで、2012年9月からパワーアップセミナーに10回出席する事ができました。本当に目標に動かされた自分を感じた1年間でした。来年はさらにパワーアップを目指して目標を立ててがんばります。
• 今年のしめくくりに本当に幸せな時間が過ごせました。木村会長に教わった、数字を入れて目標にするよう努力します。
• 皆さんの嬉しいお話を聴いて、様々な感動がありました。そして自分のモチベーションもあがりました。更にがんばっていきたいです!!
• 三日坊主でもまたそこでやめずに継続すれば良いと教えられ、自分も目標が達成できると思って勇気づけられました。
• ingの最中で死んでいくということが青春であるという言葉を聞き、元気をもらって明日からまたがんばろうと思った。

2012年12月20日

No.1182 講演会 NPO法人 Team ACE主催 せいじんかつどうさんかん

12月15日 NPO法人 Team ACE主催の勉強会にお招きいただいた。

テーマは、「若者よ起業家たれ!」

1215seijinIMG_1744.jpg

会社勤めや役所勤めがよくないと言っているのではない。

しかしながら、みながリスクを取りたがらない安定志向では困る。
飯を食う力をつけて、自立してほしい。

自分の人生のネタをつくれ。
できない言い訳をするな。
逃げるな。

若いから青春ではない。
常にチャレンジしていくことが青春。
若くても逃げていてばかりでは、青春とはいえない。

起業家は不屈の精神で困難に立ち向かっていく。
10人に1人か20人に1人は、起業家が出てこないといけない。

若者よ起業家たれ!
日本の活力を取り戻す、時代に期待される起業家になれ!

1215%8BN%8B%C6%89%C6%82%BD%82%EA.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 意思って大事。論理もデータもその下にありそう、自分自身の課題でもある。
・ 人生は1度きりということを改めて感じました。人生毎日毎秒楽しくやりきる事を目標にやります!!将来誰もが知っている起業家になり、自分の価値をこの世に残します。きっかけはいつ??と誰かに聞かれたら、今日の講演会と答えるでしょう。
・ すごく考えが深まる内容でした、自分は今何をしたいのか、どうしたらいいのかという疑問があり、とても良いタイミングでした。糧にします。
・ パワーアップセミナー参加します。木村塾も行きます!
・ すごく腹に落ちました。会長の1001人の起業家の一人になるよう、目指していきます。
・ すべてのお話に共感できました。リスクはリスクと捉えず、楽しみたいと思います。坂本龍馬に思いをはせ、私もあの時代を生きていたら、どんなことがあっても何かをしたいと思います。
・ 数字に強くなりたいと思っていたので、今日のお話を聴いて、難しく考えていたのだとわかりました。
・ 経営者になるための話ではなくて、人生をどのように生きていくかのような話であったなと思いました。生きていくためには安定した話より、リスクを背負った変化のあり生活をしていかなければならないのかなあと思った。自分の人生を語れるネタを作っていくことはとても重要だと、木村先生の話を聴いて思いました。
・ 起業家は妥協しない!時代から期待させる!まさに今の私です。経営者になる!という本気のスイッチ、決断、覚悟ができました。数字に強くなり、経営能力をつけていくのが課題です。

2012年12月18日

No.1181 大阪木村塾 12月度 開講

12月14日、大阪産業創造館にて、大阪木村塾が開講された。

セミナーの前には、2件の経営相談に応じさせていただいた。
遠く、高知から、岡山からである。
やはり変わりたい人は、行動力がある。

1214facebookIMG_1718.jpg

経営力と資産運用力はまったく別の能力、純資産を貯めるだけではいけない。
純資産に対してどれだけ利益を獲得しているかを測る(資本効率を見る)指標が、ROAであるが、この数値を意識しないといけない。
本業、副業ではなく、インカムの多様性を準備しておくことが大切である。

経営における黒字の人生とは、飯が食えること、税金を払うこと。
個人の黒字の人生は、自分の能力を世の中のために活かすこと。

世の中のお役に立てることはありがたいことであると思う。

1214sansokan.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 今日も熱い話をありがとうございました。最近は仕事に疲れ精神的に弱り気味だったこともあり、喝を入れてもらえた感じです。起業家を目指して今後も参加します。よろしくお願いいたします。
・ 自分の仕事の展開、行き詰まりを打開したいと思います。起業家の話を聴いて、自分も生涯起業家でありたいと思いました。
・ 「逆境にまさる師なし」感動しました。自らの力で新しい飯のタネを探す。変化を恐れず、チャレンジしていきたいです。起業家になる思いがまた強くなりました。これからも木村塾で学び続けさせていただきます。
・ 私の父が60歳で他界したため、私自身も人生60年という意識がありました。100歳まで生きる前提で考えることで、価値観が変わりました。
・ 前回、木村会長の言葉に力をもらい、再度聞きたいと思って参加しました。「行き詰まったらカタチを変えてメシの種を探せ!」を実践します。今まさに行き詰まっています。日々迷いながら、次の1手を考えております。この機会をチャンスと思い前向きに進んでいきます。
・ 会社が苦しいことになっています。この危機を乗り越える心構えと、考え方、胆力を自分に植え付けたいと思ってまいりました。「100歳まで生きると決心する!」「100歳まで生きる前提でものを言う!」こう考えると先が明るく見えると教わりました。どのポジションに立つか、どのように考えるかで生き方が大きく変わると改めて気づかされました。人生の心の持ち方一つだと強く思いました。また「全力で生きるから、人生をやり直したいと後悔しない」の言葉が深く心にしみ込みました。
・ 以前より知人から木村会長のお話を聞いていて、一度直接聴きたいたいと思っていました。木村会長のお話は本当にポジティブでどんな悩みもちっぽけな事のように思いました。できない事はなにもない、自分の志次第という事が身にしみました。会長の笑顔は本当に優しくて素敵でした。
・ ものすごくエネルギーを頂きました。自分のビジョンを持ち進んでいく、そしてやった事が経験になるという気づきと、自分の中にある枠をみることができました。
・ 逆境にまさる師なしを拝読してまいりました。自分には行動力が不足していると感じており、どうしても行動力を一層強くしたいと決意してきました。経験に基づかれた内容でなるほどとうなづける説得力のある有意義な内容でした。また木村先生のパワーから、エネルギーをたくさん分けていただけたと実感できました。数字に強くなければ、目標を達成する事は難しいという事に改めて気づかされました。
・ 現状から一歩前に踏み出す力が欲しいです。数字をつけて日々過ごせるように、来年カタチを変えて動いている事ができるように、想いを持って公言して、人生を胸を張って生きていけるように、やったもん勝ちに思えるように、後押しされました。
・ 今年1年間、木村塾に参加させていただきました。ありがとうございました。12月はラストスパートと、今年の振り返りと来年の目標設定をじっくりつくっていきたいと思います。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
・ 何回参加しても新たな気づきがあります。しかも改めて決意します。自分の方向を確認するためにも、予定を空けて参加したいと思います。

2012年12月14日

No.1180 木村塾パワーアップセミナー 「感謝する能力」

12月13日、第974回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「感謝する能力」であった。

感謝する能力とは最近読んだ曽野綾子氏の著書「老年になる技術」のなかにあった言葉である。

感謝する能力を大きくすると、幸せになりやすい。
感謝さえあれば、私たちは満たされる。

人はみな、能力を与えられているが、目覚めていない能力がたくさんある。

このパワーアップセミナーは、まさにその眠れる能力にスイッチを入れてオンにするセミナーであり、
成長するということは、能力が開発されるということである。

そして人はみな、世の中の役に立ちたいという願いがある。
自らの中にある可能性を目覚めさせ、良い形で世の中に貢献できれば、これほど有難いことはないであろう。

1213%83p%83%8F%81%5B.jpg


☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 今まで感謝する「能力」があるとは思いませんでした。与えられた引き出しを開けて、スイッチを1つでも増やします。
・ 会長の「自分の能力を磨くことは、世の中に貢献すること」という言葉がとても印象に残りました。
感謝する能力を引き出して磨くことが大事であると気づきました。
・ 毎回木村会長にはパワーをいただきます。私も続けることが本物になるよう、何かを続けていきたいと感じました。
・ 大きな気づきがありました。感謝の反対はあたりまえ!なるほどストンと落ちました。
・ 本日の気づき ○感謝が大きくなると幸せが比例して大きくなるということ。○ありがとうは世の中に貢献できているということ。ありがとうございました。もっともっとこの能力をつけていこうと実感しました。

2012年12月13日

No.1179 講演会「成功するための不動産経営の実際」

12月12日 公益社団法人京都府宅地建物取引業協会 第七支部の講演ににお招きいただいた。

講演のタイトルは「成功するための不動産経営の実際」であった。

成功するためには目標と強い目的意識がないと成功しない。
強くて良い会社の強いとは、「バランスシートがよいこと」
良いとは、優れた人財が育つことであるといえる。

BS経営の良いところは、経営感覚の優れた社員が育つということである。
人が育たない会社は残らない。

不動産業は資産運用業ができないといけない。
大変化の時代こそ、大変革するチャンスである。

参加された方は、若い方が多く、みなさん熱心で意欲的であった。
変化をチャンスととらえて、チャレンジを続けてほしいと締めくくった。

1212AYABE.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ BSについての新しい考え方を教えていただいてありがとうございました。参考にしつつ自分のビジョンを作成して自社の自己資本をためていきたいです。
・ 大変いいお話をありがとうございました。先生ともう20年〜30年前に出会えていたらと思いました。
・ DVDを拝見し涙が出ました。自分自身まだまだ努力が足りないと思いました。本日の研修を今後の経営に活かしたいと思います。ブログも拝見させていただきます。
・ お会いできてよかったです。リアルにすごい人生ですごい話でした。早速ホームページを見たいと思います。
・ ハングリー精神を見習い、理念を今一度見直し、BSを見直したいと思います。
・ 決算書の考え方をよく知れてよかった。PL経営とBS経営の間の税金川という表現が言いえて妙だと思った。経営は数字と言葉という説明に説得力があった。
・ BS経営には大変興味を持ちました。再度自社の見直しをしたいです。「変化はチャンス!」ととらえ、今の時勢を乗り越えていきたいです。
・ 事業経営におけるビジョンの大切さ、BSの大切さを教えていただきました。一段高い志が必要だと感じました。
・ 今から仕事をするうえで、とても役に立ちました。毎日が何となく仕事をしていて、自分のビジョンを忘れていました。自分も考え方は今までPLで考えていました。これからはBSで考え、ビジョン目標を持ち仕事をしていき、起業家を目指します。
・ 頭にないものは実現しないとの言葉に、自分のビジョンが不足していると感じました。ホームページなどを参考にさせていただきます。
・ 経営とは変化対応業であるという言葉を身にしみて感じる。変化を恐れてしまう自分では伸びないと思い知った。ビジョンを大きく持ち、今後の人生を変えていきたい。
・ 個人事業主ではありますが、日々の生活でしっかりとビジョンを持ち計画をして物事にトライすることが大切であると、改めて感じることができました。個人の価値を上げるようにしてまいりたいと思います。

2012年12月11日

No.1178 名古屋木村塾 開講

12月8日、名古屋国際センターにて、名古屋木村塾が開講された。

今回はBS経営について、徹底してお話させていただいた。

どんな会社を目指すのか。
どんな会社にしたいのか。

未来起点に立ったBSビジョンが必要となる

まずは社員一人当たり1000万の自己資本を貯めるという目標がわかりやすい。
強いバランスシートは経営者が意図してつくるもの。
積極的に納税しなくては自己資本は貯まらない。

そして、厚くなった自己資本と信用力で資金調達をして、
さらに何倍もの自己資本に拡大させていく。
自らの力でステージを上げていくことになる。

中小企業経営者は、小さな超一流企業を目指してほしいと願う。

1208NAGOYA.jpg


☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 凄い生きざまに感動しました。私の課題はビジョンをどのように掲げるかという問題です。そこが定まれば私自身もっとすっきり経営ができると思います。
・ 頭でわかっているつもりがまだまだPL志向があります。今後はもっともっとBS志向に頭をチェンジしたいと思います。なにか焦りがPL経営になってしまっているように思えます。本日もやる気を頂いてありがとうございました。
・ 木村会長いつも感動感謝ありがとうございます。会長のDVDは何回拝見しても、素晴らしい発見と涙がでます。会長の著書「BS経営のススメ」を読み、BS経営の講演を2回聴き、UBIビジョンを説明していただき、はじめてBS経営の一端を理解できました。本当に自分の腹に落としてからPLからBS経営に切り替えます。
・ 私は仕事上中小企業の社長と付き合いがありますが、彼らがなぜ中小企業のままなのかがわかりました。今日のお話を顧客に伝え、1社でも多くの企業が強い企業になりたいと思ってもらえたら、嬉しいです。次回木村塾には顧客と参加したいです。
・ 木村会長の話を聴いていると、不可能なことはないように感じました。自分を振り返ると「言い訳」ばかり言っていたように思います。途中であきらめたことも多々あります。再度チャレンジしようと思いました。
・ ありがとうございました。最低50回講演を聴きます。60歳からの再チャレンジの勇気が湧いてきました。明日から木村さんにように、ギブ&ギブに10年後なるようにします。
・ 理念とビジョンが戦略を産み出し、結果PLを押し上げるという流れが非常に心に響きました。
・ これまで完全にPL経営でした。売り上げ重視の計画、売上に合わせた資金繰りと、今日伺ったお話とは全く逆の経営をしていました。変化はチャンス!今日この話を伺ったのもチャンスだと思いました。大きな変化になるのかもしれません。チャレンジしてみます。また次回も参加します。
・ 2年ほど前に木村先生のお話を聴きました。DVDはまた泣けました。ただ前回とは違う涙になりました。この2年で会社を縮小するなどいろいろとあって、改めて仕事・商売の大変さがわかってきて、それにくじけそうな自分でした。今日のDVDは厚かましくも自分に置き換えて観させていただき、大いに励みにさせていただきました。本当にありがとうございました。次回も参加させてください。どうか先生もお体お気をつけてお元気でいてください。

2012年12月10日

No.1177 東京木村塾 開講

12月7日、東京都産業労働局秋葉原庁舎第4会議室にて、東京木村塾が開催された。

東京木村塾も企業の未来を左右するBSビジョンを取り上げた。

弊社の歴史を振りかえり、
バブル崩壊後の壮絶な経営体験から売上を追究する「PL経営」を、
キャッシュフローなどの財務体質を重視する「BS経営」に切り替え、
その結果、弊社は大きな変貌を遂げさせることに成功。

今はその強いBSが新しい事業を開発し、変化をチャンスへと変えていき、
起業家を育てることにつなげている事例を語った。

誰もが可能性を持っている。
やれない理由を並べるのではなく、出来る理由を探す大切さを感じて頂ければと切に思う。

東京木村塾は、リピーターの方も多く、
みなさん熱心に聴いてくださって有難いことである。

ご縁に感謝いたします。

1207tokio.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 木村先生の「BSのススメ」を購入して読んでいますが、今日のお話で更に理解が深まりました。そして熟読していくことの大切さにも気がつきました。現在ペルーに工場を設けていますが、このBS経営で理想的な企業を創っていきたいと思います。そして日本の会社を立て直すのに四苦八苦しながらもチャレンジしていきます。
・ BSとPLの関係が良くわかりました。人生は一度しかない。いい人生にするかどうかは自分で決めて進むしかないということがわかりました。
・ 私は経営について学ぶことはほとんどありませんでしたが、BSビジョンのお話はとても新鮮でとても参考になりました。変化がチャンス!この言葉が大変心に響きました。今まで迷って止めてしまったことが多々ありましたが、やってみないとわからない!これからは失敗をおそれず、どんどんトライしていこうと思いました。元気が出るお話をありがとうございました。
・ XIT主催の木村塾の区切りとして、BS経営とBSビジョンの必要性と価値を改めて理解させていただきました。BSは意図して作り出すもの。BSは武器になるということ。BSが飯の種を引き寄せるということなど、改めて納得でした。
・ 木村会長のお言葉で一番感銘を受けたのは、「日本人は言葉が多いけれど数字が少ない」です。今までブラジルやアメリカに住んだ経験を経て、何でこの国の人はすぐに金銭のことを話すのだろうと、下品に感じていた自分がいましたが、それはまさに典型的な日本人の考え方なのだということに目を覚まされました。大きな収穫が得られたことを実感します。
・ 数字と経験と理論が合致して非常に体系化されており、勉強になりました。現在新規に試みている事業で100%やっていかなければならないので、良い時期にお話しが聴けて大変良かったです。
・ 変化を恐れず、進んで行こうという勇気をいただきました。自分の器を大きく持ち、飯の種をつくり、稼げる人間になりたいと思います。
・ 友人の勧めで参加させていただきました。仕事や生き方に対する熱意は大変迫力があり、たくさんのメッセージを受け取りました。BS経営という思考は会社員としても有効な視点であり、大変勉強になりました。ありがとうございました。
・ 苦しい時こそ、新しいチャレンジのチャンス。改めて松下幸之助さん等がいかにして夢に向かって行ったか、再確認ができたことが嬉しかったです。やってみなわからん!やったことしかのこらん!ですね。

2012年12月09日

No.1176 木村塾パワーアップセミナー 「12月に入って思うこと」

12月 6日、第973回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「12月に入って思うこと」であった。

光陰矢のごとし、といわれるが、師走を迎えるとますますその感を強くする。

12月は来年の目標の準備をする大切な月である。
来年の365日、12ヶ月、52週、8760時間をどのように活用し成長するか。

来年1年の計は12月にあり。
成長目標をしっかり立てて、より以上を目指したいものである。

1206%83p%83%8F%81%5B.jpg


☆参加されたKさんの感想より☆

テーマは「12月に入って思うこと」でした。
私は毎年毎年、12月に来年こそは「これとこれをするぞ!」と心に決めるのですが、
ほとんどの事は出来ずに、一年が終わってしまっています。
今年の12月は、木村会長がおっしゃっている
「目標は数字で!そして人に公言すること!」を実践していこうと話していました。
  
昨夜、セミナーに参加したことで、そのことを発表する機会が得られ、
早速実践できたと感じました。
やはり、何かと出かけて学んでいくということは、何かを得られる
チャンスでもあると思いました。
今後もどんどん参加して、自分を高めていこうと思った12月の一日でした。

昨夜、参加の皆さん、
私の稚拙な話に付き合っていただいて、ありがとうございました。

               まだまだ枯れずに頑張るKです

2012年12月08日

No.1175 鹿児島木村塾 開講

12月4日、鹿児島県市町村自治会館にて、鹿児島木村塾が開講された。

鹿児島では2回目の開催である。

今回はBS経営についてお話させていただいた。

バブル崩壊までは、私自身もPL経営だったので、
経営者がPL志向になる気持ちが良く分かる。

ガンガン売上げを上げたい。
自社ビルを持ちたい。
会社を大きくしたい。

経営者であれば誰もがそう思う。

しかしながら、BSビジョンを持って、
厚い自己資本をつくっていくBS志向に経営を変えると、
根本的に強い会社に生まれ変わる。

結果、BSがPLを押し上げていくことになる。

翌日は参加された方から要請があり、
講演の翌日に、朝早くから企業訪問をして決算書を見ながら経営のアドバイスをさせていただいた。

決めたら即実行。
若い経営者の行動力が、頼もしい。

鹿児島は歴史からも、起業家が出やすい維新の地である。
BSビジョンで、小さな超一流企業をつくって欲しいと願う。

1204%8E%AD%8E%99%93%87.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 今2歳の子どもがいます。私自身、商売が大好きで実家も商売をしています。子育てと仕事の両立で悩んでいました。会社と社員と経営者のかかわりについても悩んでいました。今回少しだけ、前に進めた気がします。社長と話をしてBSビジョンを考えたいと思います。
・ 自分は会社員ですが、社内で「経営者感覚を持て」と言われてもピンとこなかった。今回の講義で木村会長からのBSビジョンでまさしく目からウロコです。元気と希望をいただきました。
・ 今回2回目の参加になります。前回と同様、パワーをいただきました。やる気、やり場、やり方!絶えずチャレンジして生涯チャレンジャーで頑張りたいと思います。
・ 今がチャンス!元気が出ました。次回は友人を誘いたいと思います。
・ PL 、BSについての考えを聴き、目が覚めました。今回の話は今までの自分の考え方を見直す、大変よい機会となりました。
・ 自分のドラマをつくるという木村先生の強い言葉にドキッとさせられました。BS経営を教わって、考え方が変わりました。自分の理念、ビジョン、戦略をきちんとつくっていきます。
・ 数字と言葉が大事なことだとわかりました。社員がわくわくして働ける会社だと自分もやっていて楽しい。そんな会社にしたいです。
・ 自分の生きざま、考えをBSというカタチで10年後20年後に反映していけるよう努力しようと思いました。今の現状を見すぎて、目先のPLだけに気がいっていることにハッとしました。具体的にどうするか、そして行動を起こしていこうと思います。
・ 自分で壁をつくったり、できない言い訳をして、小さくまとまっていたことに気づかされた時間でした。大変有意義な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
・ 元気をいただきました。自分の甘さを改めて痛感しました。素晴らしい出会いに感謝です。これでさらに前進することができます。
・ 目標を持つこと、自分で公言し実現していくことが大切であること。今日から気合を入れ直して日々取り組みたいと思います。元気が出ました!!
・ 出会うべき時に出会うべき人に会えるのだなと実感して驚きました。ちょうど本日今後の会社の進むべき道を考え悩みながら来ました。ビジョンを持ってやっていきます。
・ わかっているつもりでわかっていなかったビジョンであったが、先生のお話で、理念ビジョン戦略の関係が理解できました。大きな目標を持ってやっていきます。

2012年12月07日

No.1174 広島木村塾 開講

12月3日、広島 袋町交流プラザにて、広島木村塾が開講された。

広島木村塾は、年4回をワンクールで開催、今回から第2期となる。

司会は株式会社アイグラン重道泰造社長。
重道氏は公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会(略称JNB)では、第7回ニッポン新事業創出大賞の「企業部門」で、最優秀賞に選ばれた実力の持ち主である。

1203hiroshima.jpg

強くて良い会社をつくるには、BSビジョンを持つこと。
10年後、20年後、どのような会社でありたいか。
ワクワクドキドキするようなビジョンが、社内の風土を変え、新しいことにチャレンジする力となる。

できない理由を並べない。
会社の規模は関係ない。

広島木村塾第2期も力強くスタートできたことに感謝したい。

1203hirosimafacebookIMG_1652.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 目からウロコの話しばかりでした。木村先生の話し方も喝が入りました。意識のないものは実現しない。ドキドキワクワクするようなビジョン、忘れずやります。
・ マネオの会社の詳細説明のお時間を取っていただきたいです。
・ 残る会社を作らなければならない。起業家とはカタチを変える人、新しい飯の種をつくる人、変化はチャンス、経営は数字と言葉、お話しを聴いて私自身がワクワクドキドキしました。強い会社へ一歩ずつ、行動していきたいとおもいます。
・ いつも木村さんの話しを聴き、自分のエネルギーにしています。今期も4回出席していきながら、自社の財務をよくしていきますので、ご指導ください。
・ 常に前向き、プラス発想の木村先生の生き様そのものが刺激になります。
・ 理念、ビジョンについて、思い直す機会になりました。もっと夢のあるビジョンを作りたいと思います。
・ BS経営、やってみなわからん!やったことしかのこらん!、ビジョンの大切さ、このことを肝に銘じて負けずに頑張ります。
・ 今回も更にパワフルな木村先生に元気と大きなやる気をいただきました。自分自身まだまだ「起業家」には程遠いですが、変化をチャンスに、飯の種をつくりだせる人材を目指して勉強してまいります。
・ BS経営の大切さがより深くわかりました。そして何より木村さんのお話を聴いていると、とても熱くなってやる気がみなぎりました。少し気持が弱っているときだったので、大変助かりました。ありがとうございました。また次回も楽しみにしています。
・ はじめてお話を聴かせていただきました。大変勉強になりました。そして感動しました。自分の考え方とうまくマッチングさせたいなと思いました。今度もぜひ参加させてください。よろしくお願いいたします。

2012年12月06日

No.1173 セカンドマネーを創りなさい! :勝負しないで勝率99%! 利回り8%のインカムゲイン投資法

弊社瀧本憲治が、

【セカンドマネーを創りなさい!
 勝負しないで勝率99%! 利回り8%のインカムゲイン投資法】
(ぱる出版)

という本を出版します。

デフレ時代に最良といえる、インカムゲイン投資法をわかりやすく書いた内容となっています。

現在amazonで予約できます。私も予約しました。

セカンドマネーに興味のある方、投資を学びたい方は、ぜひご予約ください。

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4827207666/

この本の中では、
「住宅ローン」に対する概念として、「資産ローン」という発想を紹介しています。

原稿を少し読みましたが、中々よい発想だと思います。

51MHU7bZgkL._SL500_AA300_.jpg

2012年12月05日

No.1172【木村勝男ニュースVol305】「13年ぶり 六甲全山縦走完走! 11時間3分!」

今日は嬉しい報告をさせてください。
2012年12月2日 六甲全山縦走11時間3分で完走しました!


六甲全山縦走とは、須磨浦公園から宝塚まで公称56キロの山道を、
登ったり降りたりしながら尾根をたどるコースで、
アップダウンが激しく、全ての登る高さを合わせると約3000mとも言われています。


70歳古希を「体力増強元年」と定め、
トレーナーに指導を仰ぎながらトレーニングに励んできましたが、
実は大の運動オンチで走ることも苦手。
千回登山を達成した頃は、阪急芦屋川駅から山頂一軒茶屋まで約7.5キロのコースさえ、
3時間半かけてやっと登れたといった具合で、
年齢による体力の衰えは否めないなと思っていたのです。


そして今回、実に13年ぶりのチャレンジです。
きっかけは、80歳でエベレスト登頂を目指す、三浦雄一郎氏のDVDでした。


年齢を言い訳にしない。
夢をあきらめない。


勇気をもらった私は、六甲全山縦走12時間以内完走を目標に掲げて本格的にトレーニングを始めました。


このような経緯で、この2年半の肉体改造の集大成のような気持ちで挑んだ今回のチャレンジだったので、
完走できた時はめちゃめちゃ嬉しかったです。


やればできる!
まさかのチャレンジであっても、やったらできるんだ!


六甲山は、私に新たなエネルギーと自信を与えてくれました。


共にチャレンジした仲間、ボランティアスタッフ、そして声援を送ってくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
心から感謝を申し上げます。


これからも生涯チャレンジャー人生を、夢や目標を持って走り続けたいと思います。
みなさん、引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

1202%8Fc%91%96.jpg

2012年12月03日

No.1171  木村塾パワーアップセミナー 「信用・信頼を得る方法」

11月29日、第972回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「信用・信頼を得る方法」であった。

言ったことは必ずやる。
決めたことを継続してやる。
約束を守る。

全て行動で示すことが、信用・信頼を得ることにつながると思う。
そうして自分ブランドが築かれていく。

ビジネスは信用・信頼がないと難しい。

事業内容をオープンにする。
会計をオープンにする。
資本金をオープンにする。
全てをオープンにして信用・信頼を勝ち取っていく。

そしてサポーターを増やすことが、大きな力となっていくであろう。

1129power%8E%CA%90%5E%20%285%29.jpg

☆Kさんからいただいた感想☆

本日のテーマは「信用・信頼を得る方法」でした。私を含めほとんどの出席者は信用と信頼を同じ意味にとらえスピーチをしていきましたが、出席者の内の一人は信用と信頼の意味の違いを考え、その違いを自身の人生より導き出しスピーチをしておられました、普段考えない言葉の意味の違いに大きな発見がありました。

 参加型のパワーアップセミナーのいい面が感じられた一日でした。テーマに沿って自身が真剣に考えそこに発見があり、他の参加者の意見を聞きそこにも新たな発見をし、浅田先生のフィードバックを聞き再認識をする。

 木村会長は「信用は言葉、信頼はカタチ」であるとおっしゃいます。本当の信頼関係は一方的なものではなく双方が信頼し合ってこそ生まれるものであると。
続けると本物になる、続けることは自己信頼に繋がる、自分に自信が持てない自分には励みになる言葉でした。

2012年12月02日

No.1170 木村塾やってみよう会 六甲全山縦走 13年ぶりに完走!

本日は木村塾やってみよう会 年末最大のイベント、の六甲全山縦走であった。

早朝に須磨浦公園を出発、ゴールは宝塚の塩尾寺。
公称56キロ、山を登ったり降りたりアップダウンを繰り返しながら、尾根をたどる長い長いトレイルランである。
今年からは制限時間を12時間と決めたので、さらにハードルが上がり、
参加メンバーは秋から必死でトレーニングに励んだ。

私にとっては実に13年ぶりのチャレンジである。
70歳古希を体力増強元年と決めて、日々トレーニングしてきたので、
この2年半の取り組みの集大成の様な気持ちで挑んだ。

結果は、11時間3分で完走!!
やったー!!

1202zenzan.jpg

やればできる、できない人はいないといつも言っているが、
自分自身が行動で示せたことがとても嬉しい!!

制限時間効果か、今年は好記録が続出。
打ち上げパーティーは、涙、涙であった。
走らない人は、ボランティアとして参加し、温かい飲み物を用意してくれたり、
各チェックポイントでランナーのフォローを担ってくれた。

みんなで一体となって創りあげた、本当に素晴らしい今年を締めくくるイベントとなった。

みなさんに心から感謝いたします。

534139_470649406319774_1082678090_n.jpg

 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web