« No.1192 京都 隠れ家だいにんぐ絆 セミナー | HOME | No.1194 立命館アジア太平洋大学 講演 »

2013年01月21日

No.1193  木村塾パワーアップセミナー 「優しさとは」

1月17日、第977回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「優しさとは」であった。

優しさとは、言葉の優しさではなく、意思決定して行動すること。
そして優しさとは弱さの表現ではなく、しなやかな強さこそが優しさであると思う。

今日のテーマで、私は両親について思いを馳せた。
父親の優しさと母親の優しさは違っていた。

私は父が嫌いであった。
体が弱く、日本語も不自由で苦労を重ねた父は、37歳という若さで逝ってしまった。
長男の私は一家の大黒柱として家族を養わねばならず、中学も辞めてしまった。
無口で子どもに優しい言葉のひとつさえかけるような父ではなかったが、苦労と困難の生活のなか、妻と子どもを残して旅立つ無念はいかほどであったであろうと、ある年齢からは思えるようになった。

父親の優しさは、死なれてからわかるもの。

父がくれた、逆境というステージに感謝すると共に、
無骨で不器用な父の優しさをしみじみと感じている。

IMG_1824.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 優しくなるコツとして、「その人に会うのは最後と思って接する」実行したいなと思いました。
・ 会長の言葉「優しさとは、言葉より行動。意思決定して動くこと」に目が覚める思いでした。自分には行動が少ないように思いました。
・会長のお話しを聴いて「優しさとは」こんなに奥の深い言葉だと痛感しました。男性の優しさ、女性の優しさ、小さな優しさ、大きな優しさ等この機会によく考えたいと思います。
・ 初めて参加させていただき有難うございました。皆さんの発表を聞いて、話し方や内容がとても勉強になりました。自分の考えだけでなく。他の考え方を知ることで今後の自分を高めていきたいと思います。
・ 毎回出されるお題に対して、発表させていただくことが楽しみになってきました。今まで考えても見なかったことを発表したときは、内省をしているような気持ちになりました。深いです。
・ 人前でスピーチすることで自分に自信が持てるような気がします。何かひとつ継続することを決めて行動します。皆さんの考えを聞いて新しい学びがありました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web