« No.1199 木村塾パワーアップセミナー「自分をどう磨くか」 | HOME | No.1201 京都木村塾 開講 »

2013年02月05日

No.1200 大阪木村塾 BS経営相談所 開講

冒頭のダイアードでは「10年後の私」をテーマに各自3分間で話してもらった。
10年後どうなりたいか。どんな自分になっていたいか。
それを言葉だけでなく「数字」を入れて公言することで、必ず実現する。

私は十数年前から年頭に「10年後の私への手紙」を発表しているが
結論から言うと、すべてその通りになった。
どうせなら大ボラがいい。
家族に、友人に、会社の人に「100回」話すこと。
そうして腹に落とし込むことで、行動が変わってくる。

年に10回以上海外視察に行き、起業家目線で毎回実感するのは、
目の前に広がる大きなマーケットと、「日本」という国のブランド力だ。
たとえば、カンボジアでは日本人というだけで契約が成立する。
先人たちが作り上げた日本人に寄せる人々の信頼は、
皆さんが思っている以上に高いものだ。
日本の技術力、サービス、信用力は世界のどこでも通用するし
何より日本の円は、ドルやユーロと並んで世界中に通用する国際通貨なのだ。
その強い通貨が、いま1500兆円も眠っている!

チャンスは世界中にゴロゴロ転がっている。
やったらええねん!
誰でもできる!  誰でも起業家になれる!
変化することを恐れず、チャンスをつかんで欲しい。

535495_419668331453140_1344304516_n.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・目標を実現するためには、具体的な数字が必要であること。理念だけでは行動力がつかない。数字で表されたビジョンが必要であると同時に数字に強くなりたいと思いました。
・今年初めに設定した目標の一つが達成できました。目標設定の重大さを実感します。
・願いを実現させるためには100回言うこと! 自分のつくりたい会社のビジョンを毎日毎日、朝礼でもどこでも社員に繰り返して話しかけようと思いました。
・「なによりも先に数値目標を立てて挑戦する」「うまくいけばお金が儲かる。うまくいかなくても経験が儲かる」「数字でものを考えるクセをつける」「得を与えて徳が入る」この
4つの言葉がズシンときた!
・日本人の海外での信用は先人の残してくれた大きな遺産だと思っています。しかし、今の私たちはどうでしょうか? 反省しきりです。この信用、ブランド力が減っていかないよう努力していきたいと思います。
・チャンスは待っているものではなく、自分でつくっていくもの。理念とビジョンを掲げて共有していくために、どれだけワクワクドキドキできるビジョンを周りに投げかけることができるか。自分一人だけワクワクしていたのではいけないと思いました。
・「お金を使える人」かどうかが、人材の判断基準という話に強烈な刺激を受けました。「今がチャンス」「頭の中=マインドにあるものが人を創る」という言葉をいつも頭に入れて、常にやれる方法だけ考え、大きく進んでいきたいと思います。
・いい従業員のいる店には、いいお客様が来て下さり、正しいお金を生むと、従業員に話してきました。「体力のある会社にしたい」と明確に思います。
・気持ちが晴れて勇気が湧いてきました。なんて自分は小さくまとまっていたのかと反省します。今後は視野を広く持ち可能性を最大限に生かせるよう努力します。
・「言い訳やできない理由ばかり並べるな」忘れないためにも継続して木村塾に参加させてもらいます。




 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web